MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

87時間のビッグセール!Amazonタイムセール祭り9/24(土)9:00~9/27(火)23:59開催▶check

【おすすめポイントはこれ!】初心者から挑戦できる独学可能なパソコンの資格5選

ちあき

初心者でも挑戦でしやすい一般的なパソコンの資格といえばワードやエクセルなどのOffice系の資格です。

オフィス系の資格は、パソコンを使えるようになる入り口のようなもの。

もしもパソコンの資格を取得したいと考えているなら、まずは一般的なパソコン操作ができるという証明になるワードやエクセルの資格取得を目指すことがおすすめです。

そこで今回は、「初心者から挑戦できる独学可能なパソコンの資格5選」と「おすすめポイント」を独自の見解で紹介します。

目次

初心者から挑戦できる独学可能なパソコンの資格5選

ちあき

初心者から挑戦できる一般的なパソコンの資格として、5つの資格試験をおすすめします。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)マイクロソフトオフィスのスキルを証明できる
日商PC検定マイクロソフトオフィスのスキルを証明できる
サーティファイ認定試験マイクロソフトオフィスのスキルを証明できる
P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)ICTを活用した問題解決力が証明できる
ITパスポート試験(国家資格)ITに関する基礎的な知識(情報技術の基礎知識)が証明できる

どの資格試験もパソコンスキルを証明することができる資格試験ではありますが、それぞれに特徴があるのでおすすめポイントも異なります。

そこで、以下よりおすすめポイントを紹介していきます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)のおすすめポイント

実はパソコン初心者にMOS検定はちょっと難しいかもしれませんが、知名度の高さを考えるとMOSが一番であることは間違いありません。

試験の内容は将来仕事として実務で活用できるものが用意してあり、試験は実技のみ行います。

資格取得ではワード・エクセル両方の取得がおすすめですが、もしもどちらか一方だけを取得したいと考えるならエクセルを優先することをおすすめします。

知名度の高いMOSはパソコンスキルの証明としては強みになること間違えなしです。

試験は各会場で頻繁に行っているので、近くの会場を検索して自分で申し込むことができます。

おすすめポイントまとめ
  • 知名度の高さを考えるとMOSが一番であることは間違いない
  • 知名度が高いので、パソコンスキルの証明としては強みになる
  • 将来仕事として実務で活用できる
  • 事務系を希望する人ならMOS検定のワードとエクセルは取得しておくべき資格
  • どちらか一方ならエクセルを優先することがおすすめ
ちあき

 ちなみに、Microsoft Office Specialist を独学で学習するならFOM出版のテキストがおすすめです!

\独学で勉強するときの参考にしてね!/

日商PC検定のおすすめポイント

日本商工会議所が実施する公的資格なので、MOSに次いで知名度が高い資格試験

難易度的には、初心者だとやや難しく感じると思います。

やはり知名度が高いので、パソコンができるという証明としては強みになります。

難点としては、試験日がちょっと面倒なことでしょうか。

検定試験は、試験日が全国各地で同一日に施行する統一試験と、各ネット試験会場が独自に試験日を設定できるものがあります。

そのため、試験日については公式HPで要確認となります。

個人的には、日商PCの資格試験は経理事務を目指したいという人にはおすすめかと思います。

おすすめポイントまとめ
  • 日本商工会議所が実施する公的資格なのでMOSに次いで知名度が高い
  • 将来仕事として実務で活用することができる内容である
  • ワード・エクセル・パワーポイントの取得がおすすめ
  • 知名度の高い日商PCはパソコンスキルの証明としては強みになる
ちあき

独学で学習するならFOM出版のテキストをおすすめします。

\独学で勉強するときの参考にしてね!/

サーティファイ認定試験のおすすめポイント

サーティファイ認定試験は、ビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験。

30年以上の長い歴史ある資格試験です。

MOS検定や日商PCと比べると、得に3級の場合は難易度的にはかなり易しいと思います。

といっても試験の内容は、将来仕事として実務で活用することができる内容でもあります。

ワード・エクセルの取得がおすすめだが、どちらか一方ならエクセルを優先することをおすすめします。

比較的取得しやすいので、学生さんにもおすすめできます。

おすすめポイントまとめ
  • MOS検定や日商PCと比べると、得に3級の場合は難易度的にはかなり易しい
  • MOSのレベルよりは弱くなるが、将来仕事として実務で活用することができる内容である
  • ワード・エクセルの取得がおすすめだが、どちらか一方ならエクセルを優先
  • オフィス操作ができる証明になる
ちあき

サーティファイのテキストは公式サイトでの購入がおすすめです。

P検のおすすめポイント

ICTを活用した問題解決力が証明できる資格試験。3級以上の取得で履歴書に記載できるといわれています。

試験内容には「タイピング」「IT知識」「ワード・エクセル実技」を全て行います。

というと、とても難しく感じてしまう人もいるのですが、実際は難易度的には難しくありません。

タイピングは意外にスピードが必要になるのですが、練習をすればできるようになります。

IT知識問題も選択式なので、勉強さえしていればクリアできます。

ワード・エクセルの実技も簡単で初心者向きです。そのため、実務で活用するにはかなり弱いレベルでもあります。

また、大学・短大入試優遇校が多いので、大学が優遇校である場合は資格取得をしておくことで、入試で有利になります。

高校生までなら、学割適用で検定料金もかなり安くなります。

おすすめポイントまとめ
  • 履歴書に記載するためには3級以上の取得が必要
  • パソコンの資格を取得するならP検は難易度がいちばん易しい
  • タイピング速度も重要になるため、試験対策をしているだけでタイピングもできるようになる
  • 実務で活用できるレベルではないが、ワード・エクセルの実技も含まれているので習得可能
  • 大学・短大入試優遇校が多い
  • パソコンができる証明になる
ちあき

一般のパソコン教室で試験が受けられる場合が多いので、比較的いつでも受験することができます。

\独学で勉強するときの参考にしてね!/

ITパスポート試験のおすすめポイント

ITパスポート試験はなんといっても国家資格であることが最大のおすすめポイント。

もちろん知名度も高いので、パソコンスキルの証明としては強みになります。

大学・短大入試優遇校が多いので、大学が優遇校である場合は資格取得をしておくことで、入試で有利になります。

また、試験内容にワード・エクセルは関係ないので、Office操作が苦手な人でも挑戦することができます。

システム系の職業を目指したい人にはおすすめの資格試験です。

おすすめポイントまとめ
  • 国家資格なので就職に有利
  • 大学・短大入試優遇校が多い
  • ワード・エクセルなどができなくても挑戦できる
  • 知名度の高いITパスポートはパソコンスキルの証明としては強みになる
ちあき

独学でも取得することは可能です!

\独学で勉強するときの参考にしてね!/

おわりに

「初心者から挑戦できる独学可能なパソコンの資格5選」と「おすすめポイント」を独自の見解で紹介してきました。

実力があれば本当はパソコンの資格なんてなくてもOKだと思っています。

ですが、「できる」を証明するためには資格取得が一番簡単な方法でもあるなと思います。

まずは独学で挑戦してみてはいかがでしょうか。

\みんなが参考にしている独学本をチェック! /

目次