MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【無駄にならない】事務職に役立つエクセルの資格3選|スキルの証明にぜひ!

おかっぱちゃん

事務職に就きたいのでエクセルの資格を取ろうかと思います。何がいいですか?

エクセルは仕事でよく使いますよね。

特に事務職では必須と言っていいくらいなので、「パソコンができる」という証明にもなりますし、資格をとることはおすすめです。

とはいえ、何の資格を取ったらいいのか分かりませんよね。

そこで今回は、事務職に役立つエクセルの資格を3つ紹介していきます。

目次

事務職に役立つエクセルの資格3選

パソコンの資格には様々なものがありますが、ここではエクセルにスポットを当て、実務で使えるエクセルの資格を3つ紹介します。

  1. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  2. Excel表計算処理技能認定試験
  3. 日商PC(データ活用)

いずれの資格もExcelができるという証明になる資格です。

受験級が上がるほど難易度が難しくなります。まずは一番難易度の低い受験級から受けることがおすすめです。

1|マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)

公式URL⇒MOS公式ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)は世界シェアNo1のマイクロソフト社が認定する最も認知度が高い世界に通用する国際資格です。

MOSの資格を持っているということは、Word・ExcelなどOffice製品を基本的に使えるということの証明になるため、就職や転職に有利になる資格といえます。

Excelの資格に限らず、パソコンの資格の中で一番おすすめの資格です。

試験には「スペシャリスト(一般レベル)」と「エキスパート(上級レベル)」の2種類用意されています。

スペシャリスト(一般レベル) ビジネスで普段よく使うような基本的な機能が中心。
初心者でも勉強さえすれば合格を目指せます。
エキスパート(上級レベル) 組織としての文書管理やデータ集計、グループワークなどを意識した管理を目的とした、ワンランク上の機能が中心。
スペシャリストに比べて難易度かなり高め。

「スペシャリスト(一般レベル)」といっても、パソコン初心者では簡単とはいえないレベル。

確実な資格取得を目指して、まずは「マイクロソフトオフィススペシャリスト(一般レベル)」の取得を推奨します。

試験名マイクロソフトオフィススペシャリスト
知名度
(5 / 5.0)
試験料一般価格 10,780円
学割価格 8,580円
合格率スペシャリスト(一般レベル)80%
エキスパート(上級レベル)60%
※合格率は大体と思ってください。
試験会場随時実施のパソコンスクールなどがおすすめ
履歴書記載・マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 365&2019 合格
・MOS(エクセル 365&2019) 合格

MOSのおすすめテキスト

MOS通信講座テキスト例【ユーキャン】

大手通信講座サイトの通信講座では、用意されたテキストや動画で、ピンポイントで効率よく学習することができます。

サポートも充実しているので、スクールに通う時間のない初心者の人にもおすすめです。

\ ますは無料で資料請求 /

2|Excel表計算処理技能認定試験

公式URL⇒Excel表計算処理技能認定試験公式ページ

サーティファイ Excel(エクセル)表計算処理技能認定試験は、試験を通して実務に沿ったエクセルを習得できる検定試験で、1級~3級まで取得が可能。

1級(上級レベル) 知識+実技・ビジネスで使う高度な表計算処理を行うことができる。
・表計算、ビジネス図表、ビジネス帳票、データベースに関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができる。
2級(実務レベル) 知識+実技・ビジネスで使う通常のワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。
・表計算やグラフなど、ビジネス図表に関する基礎的な操作ができる。
3級(基礎レベル) 実技のみ・ビジネスで使う簡単なワークシートの作成とデータの入力を行うことができる。
・表計算やグラフなど、ビジネス図表に関する基礎的な操作ができる。

知名度的にはあまり高くないかもしれませんが、2級や3級になると内容が難しくなります。

とはいえ、MOSや日商PCに比べると何度的には易しいと感じています。

特に3級は初心者の人でも合格点がとりやすいと思います。

試験名サーティファイ Excel表計算処理技能認定試験
知名度
(3 / 5.0)
試験料1級 8,100円
2級 7,000円
3級 5,900円
合格率全体的に大体約85%前後
試験会場随時実施のパソコンスクールなどがおすすめ
履歴書記載Excel表計算処理技能認定試験○級 合格
ちあき

サーティファイの試験対策問題集はショップで購入が難しいので、公式ページでの購入がおすすめです。

3|日商PC(データ活用)

公式URL⇒日商PC(データ活用)

日商PC検定は日本商工会議所が実施する公的資格で、MOSに次いで知名度の高いPC検定の一つといえます。

検定の種類は3種類。

日商PC(文書作成) ・ワードの資格試験
・ワードを活用し、正しいビジネス文書の作成や取り扱いができるかを問う試験
日商PC(データ活用) ・エクセルの資格試験
・エクセルを活用し、表やグラフの作成・業務データの処理を行い、的確なデータ分析や効果的な資料の作成ができるかを問う試験
日商PC(データ活用) ・パワーポイントの資格試験
・パワーポイントを活用し、目的に応じた適切でわかりやすいプレゼン資料を作成できるかを問う試験

エクセルの資格を取得する場合は、日商PC(データ活用)試験を受験します。

1級~3級に加え、Basicという試験が用意されています。

1級・自ら課題やテーマを設定し、業務データベースを各種の手法を駆使して分析する
・適切で説得力のある業務報告やレポート資料等を作成する
2級・エクセルを使い、当該業務に関する最適なデータベースを作成する
・分析や表・グラフを駆使して業務報告やレポート等を作成する
3級・エクセルを使い、指示に従って正確かつ迅速に業務データベースを作成する
・集計、分類、並べ替え、計算、グラフ作成等を行う
Basicエクセルの基本的なスキルがあり、実務に対応することができる

日商PCの試験はどの級から受験しても大丈夫ですが、低い級から試験対策をすると安心なので、3級からの受験がおすすめです。

難易度的には、3級がMOSスペシャリストと同じくらいのレベルという感じです。

試験名日商PC検定試験
知名度
(4.5 / 5.0)
試験料1級 10,480円
2級 7,330円
3級 5,240円
Basic 4,200円
合格率1級 35%前後
2級 70%前後
3級 80%前後
Basic 80%前後
試験会場試験日が決まっているため公式ページで要確認
履歴書記載・日商PC検定試験(データ活用〇級)合格
・日商PC検定試験 データ活用〇級 合格

日商PCのおすすめテキスト

日商PC通信講座テキスト例【ユーキャン】

大手通信講座サイトの通信講座では、用意されたテキストや動画で、ピンポイントで効率よく学習することができます。

サポートも充実しているので、スクールに通う時間のない初心者の人にもおすすめです。

\ ますは無料で資料請求 /

3つのうちから選ぶなら「MOS資格」が一番おすすめ

おかっぱちゃん

それで?事務職に就くためには結局どれが一番有利なんですか?

ここまでエクセルの資格が取れる3つの検定を紹介してきました。

結局どれが一番おすすめかといいうと、やっぱりMOSスペシャリスト

理由としては大体こんな感じ。

  • 理由1⇒知名度が高い
  • 理由2⇒実技試験だけので実力がつきやすい
  • 理由3⇒マイクロソフトの試験なので実務で役に立つ
  • 理由4⇒事務系の求人では「マイクロソフトスペシャリスト程度のスキルを有する」などと資格名がピンポイントで求められている場合がある
  • 理由5⇒パソコンスクールなど、随時実施している会場が多いから試験日が選びやすい

MOSスペシャリスト(一般レベル)なら、勉強さえすれば比較的合格しやすいので、ぜひ挑戦をしてみてほしいと思います。

「MOS資格は役に立たない」ネガティブな理由

おかっぱちゃん

実はMOS資格が役に立たないって聞いたことあるんですが、本当のところ、どうなんでしょうか?

「MOS資格は役に立たない」
「MOS資格なんて恥ずかしくて履歴書に書けない」

など、ネットでこんな感じの文面を見かけることがあります。

もしMOS資格を取ろうと考えてネット検索をしているときに、こんなネガティブな文面を見つけたら不安になってしまいますよね。

おそらくこういったネガティブなことを考えてしまう人は「すでにスキルが高い人」なのだと思います。

確かにスキルの高い人からすれば難易度が低すぎるとなってしまいますから。

なので、逆に自分のスキルが高くないなら、MOS資格はすごく役に立つ資格になります。

ネットの意見で不安に感じる場合は、まずは本屋さんでMOS資格の本を手に取って、自分のスキルと相談することをおすすめします。

MOSのおすすめテキスト

MOS資格を取得するメリット

ちあき

MOS資格に対してネガティブな意見を言う人もいますが、パソコン初心者にとってはメリットしかない資格なので安心して下さい。

初心者がMOS資格を取得するメリット
  • エクセルを実務的に使える証明になる
  • 特に事務系の仕事なら即戦力として使えるスキルが身につく
  • 就職や転職のときエクセルのスキルがあることをアピールできる
  • エクセルが一般レベル程度は使える自信が持てる

エクセルを実務的に使える証明になる

エクセルが使える人はいますが、実務的に使えるかというとそうでもありません。
ただ使えるのと、実務的に使えるのでは意味が全然違ってきます。
「実務で使える」証明は大きなメリットとなります。

特に事務系の仕事なら即戦力として使えるスキルが身につく

事務系に限らず多くの現場でエクセルを使いますが、特に事務系の仕事では当たり前に使います。
なので、「このくらいはできるでしょ」という当たり前のレベルみたいのものもあります。
即戦力で使えるスキルが身につくのも大きなメリットといえます。

就職や転職のときエクセルのスキルがあることをアピールできる

知名度の高いMOS資格は、履歴書に記載してあるだけで「エクセルができる人」というアピールをすることができます。
0を1にすることができる資格は自分の強い武器になります。
武器にするならみんなが知っているもののほうが有利ですよね。

エクセルが一般レベル程度は使える自信が持てる

MOSスペシャリストは「一般レベル」とうたっています。
なので、資格を持っているだけで「一般レベルくらいのスキルはあるよ」という自信を持つことができます。
このくらいはできるという基準があると分かりやすいし、今後のスキルアップにも役立ちます。

まとめ:MOSはパソコンスキルが一番証明しやすい資格です

今回は事務職に役立つエクセルの資格を3つ紹介 してきました。

  1. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  2. Excel表計算処理技能認定試験
  3. 日商PC(データ活用)

いずれも実務的にエクセルが使えるようになる資格試験ですが、

  • 資格名の知名度
  • レベルの分かりやすさ
  • アピール力の強さ
  • 試験の受けやすさ

この4つすべてに該当するのがMOS資格ということになります。

どれが良くてどれがダメということは絶対にありませんが、「MOSはパソコンスキルが一番証明しやすい資格」であると私自身も思います。

「結局どれがいいの?」と判断に迷ったときには参考にしてみてくださいね。

MOSのおすすめテキスト

MOS通信講座テキスト例【ユーキャン】

大手通信講座サイトの通信講座では、用意されたテキストや動画で、ピンポイントで効率よく学習することができます。

サポートも充実しているので、スクールに通う時間のない初心者の人にもおすすめです。

\ ますは無料で資料請求 /

目次
閉じる