転職・資格

サーティファイ検定エクセル |難易度・勉強方法・結果についてなどを詳しく解説

サーティファイ認定試験をご存知でしょうか?

当ブログ内で、パソコンの資格取得にオススメな試験をご紹介していますが、比較的挑戦しやすい資格試験であるかと思います。

PC仕事女性
パソコンの資格|初心者ならどれがおすすめ|就職・転職で有利なワード・エクセル 最近の求人では「パソコン操作のできる人」「word・Excelが使える人」などという募集条件が、事務職に限らず多くみられるように...

転職・就職に有利なパソコンの試験では、Word(ワード)/Excel(エクセル)がおすすめです。

なかでも、Officeでの資格取得希望が多いのが Excel(エクセル)です。

ただ、書店などで問題集もほとんど置いていないため、その試験内容などが分からない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

サーティファイ検定エクセルを受験するときの難易度や申し込み方法などを詳しく解説していきます!

 

サーティファイ認定試験とは

サーティファイ認定試験とは、ビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験です。

資格取得試験は、Word・Excel・PowerPointでそれぞれ別々に行います。

 

実際に受験した感想としては、Word・Excel3級とPowerPoint初級の試験に関しては、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)よりも内容はかなりやさしいと感じました。

 

MOSと比べると認知度は落ちるかもしれませんが、実務的な試験内容ですので、実力を証明したい初心者の方には向いている試験だと思います。

サーティファイ公式サイトはコチラ
https://www.sikaku.gr.jp/

サーティファイ認知度評判アイキャッチ画像
サーティファイ検定ワード・エクセル|認知度と評判|初心者の資格取得 パソコンの資格取得を考えている場合、「スキルアップを目指す」「就職や転職に向けて資格を取得したい」という目的がある方がほとんどか...

 

サーティファイExcel(エクセル)表計算処理技能認定試験とは

サーティファイ Excel(エクセル)表計算処理技能認定試験とは、試験を通して実務に沿ったExcel(エクセル)を習得できる検定試験です。

参考ページはコチラ

 

Excel(エクセル)は、1級~3級まで取得が可能で、試験時間は以下のようになります。

知識試験実技試験
1級(上級レベル)知識+実技15分90分
2級(実務レベル)知識+実技15分90分
3級(基礎レベル) 実技のみなし60分

 

試験は「3級から受けなくてはならない」ということはないので、自信がある方ならいきなり1級を受けてもOKです!

知識試験Excel(エクセル)に関する知識を選択式で回答していきます。
実技試験仕事で実際に用いられるような内容を想定して、
実際にExcel(エクセル)を操作しながら作成・編集をし、ビジネス図表などを完成させていきます。

 

ちめも
ちめも
これにより、実践的力・応用力・処理能力が身につけられます

 

実際の受験問題の流れと受験結果について

試験の内容については、サンプル問題にチャレンジしてみれば少し理解することができます。

サンプル問題については後半の「勉強方法」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

受験問題の流れは?

サーティファイExcelの試験問題の特徴は、

実際に実務で使いそうな内容を想定して、入力から表の作成、計算式の設定からグラフの作成など、問題の指示通りに作り進めていくことです。

もちろん試験ですので、各級の制限時間内に知識・実技ともに進める必要があります。

 

実技問題

難易度は受験する級によって違いはありますが、1級~3級まで問題1~問題5と項目別になっていて、問題の進め方は概ね同じ流れになっています。

1カ所間違えると芋ずる式に間違えてしまうような出題ではないので、一つ一つの問題を丁寧に解答していけば、

「ここは間違っているけど、この箇所は正解している」

という感じで点数が加算されていきます。

 

知識問題

1級と2級に関してはテーマ別の知識問題があります。

解答はすべて選択式になっています。

知識問題は実際に操作をしながら解答ができないため、問題内容の操作方法は頭の中で想像しながら解答をするようになります。

配点が高いので油断禁物です!

実技問題よりも、操作のできない知識問題の方が意外に難しいと思います。

 

※実技・知識ともに、試験はパソコンで受けますので、筆記はありません。

サーティファイの問題でやさしいと感じる点は、

1、問題の中にどの関数を使えばいいか指示があること!
2、問題によっては完成例が分かるようになっていること!

これが分かるので、勉強さえしていればなんとかなります。

 

受験結果はいつ分かるの?

サーティファイの試験は、MOSのように終了してからすぐに合否が分かるタイプのものではありません。

合否については受験した会場によって異なりますが、試験終了後 1週間~1ヶ月以内くらいと、結果が分かるまでに少し時間がかかります。

そのため、すぐに結果が必要な方には注意をしてください。

団体会場より随時会場で受験した方が、結果を早めに知ることができると思います。

合格した場合、合格通知の書類が直接自宅に郵送で送られてきます。

 

各級の難易度・出題内容・勉強方法

各級の難易度と出題内容、そして勉強方法などを詳しく解説しています。

それぞれ参考にしてみてください。

サーティファイ1級
サーティファイ検定エクセル【1級】の難易度と勉強方法についてお伝えします サーティファイExcel(エクセル)認定試験には 1級~3級がありますが、最も上級者といえるのが 1級取得者です! 3級か...
サーティファイ2級
サーティファイ検定エクセル【2級】の難易度と勉強方法についてお伝えします サーティファイExcel(エクセル)認定試験には 1級~3級がありますが、上級者を目指すなら2級以上の取得が望ましいかと思います...
サーティファイ3級
サーティファイ検定エクセル【3級】の難易度と勉強方法についてお伝えします サーティファイExcel(エクセル)認定試験には 1級~3級がありますが、 Excel(エクセル)は、Officeでの資...

 

試験に申し込むには

試験は、随時会場に申し込むことをおすすめします。

サーティファイ公式ページの「随時試験受験会場検索」より、

  1. 試験の選択
  2. バージョン等の選択
  3. 受験地域の選択
  4. 検索

と進み、お近くの試験会場を検索してください。
※試験や都道府県により、随時試験を受験可能な会場が検索されにくいことがあります。

試験会場によって受験方法が異なると予想されますので、受験したい会場に直接「電話」や「メール」などして内容を確認すると安心です。

 

 

受験料

サーティファイExcel(エクセル)表計算処理技能認定試験の受験料は下記の通りになります。

1級8,100円(税込)
2級7,000円(税込)
3級5,900円(税込)

資格試験の受験料としては、比較的良心的な金額だと思います。

受験料金は試験会場によって支払い方法は違う場合がありますので、申し込みの時に支払い方法を確認することをおすすめします。

サーティファイ検定は、当日キャンセルができません。

当日キャンセルした場合でも受験料の支払いは発生しますので、申し込みは慎重にしましょう。

 

まとめ

サーティファイ検定エクセルを受験するときの難易度や申し込み方法などを詳しく解説してきました。

  1. サーティファイ認定試験とは
  2. サーティファイ表計算認定試験について
  3. 受験問題の流れと結果について
  4. 各級の難易度・出題内容・勉強方法につてい
  5. 申し込み方法
  6. 受験料

 

ここでは「Excel(エクセル)」についてだけお伝えしてきましたが、Officeの試験では「Word(ワード)」「PowerPoint(パワーポイント)」も資格取得におすすめな試験です。

サーティファイのワードを受験するには |1級から3級までの難易度と勉強方法について詳しく解説します! 転職・就職に有利なパソコンの試験では、Word(ワード)/Excel(エクセル)がおすすめです。 http...
サーティファイのパワーポイントを受験するには |初級と上級の難易度と勉強方法について詳しく解説します! 転職・就職に有利なパソコンの試験では、Word(ワード)/Excel(エクセル)がおすすめではありますが...