2月14日まで!資格のキャリカレ最大半額キャンペーン実施中 ▶CHECK!

【独学で取得可能】高校生が就職や進学に活かせるパソコンの資格8選

この記事で解決できる悩み
  • 高校生におすすめのパソコンの資格が知りたい
  • 進学に有利になるパソコンの資格はある?
  • 就職に活かせるパソコンの資格を取得したいけどどれがいいの?
  • 独学で取得できる?

進学や就職に活かせるパソコンの資格を取得したいと思っている高校生が増えています。

とはいえ、たくさんある資格の中のどれを取得したらいいのか分からない方も多いですよね。

そこで今回は、高校生が就職や進学に活かせる8つのパソコンの資格を紹介します。

ちあき

この記事では、パソコン講師歴5年、現在は個別指導及びブロガーとして活動中の筆者が、高校生が独学で挑戦しやすいものをお伝えしています。

目次

高校生が就職や進学に活かせるパソコンの資格8選

パソコンイラスト画像

高校生が取得しやすいパソコンの資格を8つ紹介していきます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)

検定名マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料一般価格 10,780円(税込)
学割価格 8,580円(税込)
試験日随時

>>MOS公式

取得できる資格
  • Word スペシャリスト(一般)
  • Excel スペシャリスト(一般)
  • PowerPoint
ちあき

WordとExcelには「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」の2つのレベルが用意されていますが、まずは一般レベルの「スペシャリスト」の取得を目指しましょう。

MOSは世界シェアNo1のマイクロソフト社が資格認定する最も認知度が高い世界に通用する資格試験。

MOSの資格を持っているということは、Word・ExcelなどOffice製品を基本的に使えるということの証明になるため、就職や転職に有利になる資格といえます

日商PC検定

検定名日商PC検定
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料1級 10,480円
2級  7,330円
3級  5,240円
Basic  4,200円
試験日試験日が全国各地で同一日に施行する統一試験と、各ネット試験会場が独自に試験日を設定できるものがあり。
※詳しくは公式HPの検定カレンダーにてご確認ください。

>>日商PC検定公式

取得できる資格
  • 文書作成(word) ・・・1級~3級 ベーシックがある
  • データ活用(Excel) ・・・1級~3級 ベーシックがある
  • プレゼン資料作成(PowerPoint)・・・1級~3級がある
ちあき

文書作成とデータ活用の「ベーシック」は基礎レベルです。
プレゼン資料作成に「ベーシック」は用意されていません。

日商PC検定とは、日本商工会議所が実施する公的資格。

MOSに次いで認知度は高めです。

ビジネスシーンを想定した試験内容となっています。

サーティファイExcel表計算処理技能認定試験

検定名Excel表計算処理技能認定試験
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料1級 8,100円
2級  7,000円
3級  5,900円
試験日随時

>>サーティファイ認定試験公式

験を通して実務に沿ったExcel(エクセル)を習得できる検定試験。

3級は初心者向きです。

サーティファイWord文書処理技能認定試験

検定名Word文書処理技能認定試験
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料1級 8,100円
2級  7,000円
3級  5,900円
試験日随時

>>サーティファイ認定試験公式

様々な業種・職種で「より効果的にWordを活用できる」という実践的な操作スキルが証明できる検定試験。

3級は超初心者向きです。

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

検定名P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料1級 10,000円(学割なし)
2級  6,220円(高校生以下 4,180円)
準2級 5,200円(高校生以下 2,550円)
3級  5,200円(高校生以下 2,040円)
4級 3,060円(高校生以下 1,530円)
試験日随時

>>P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)公式

ビジネスシーンで必要な「ICTを活用した問題解決力の資格試験」。

履歴書に記載できるのは3級以上。

しかし3級のワード・エクセルは実技で通用しないレベル。

ITパスポート試験(国家資格)

検定名ITパスポート試験(国家資格)
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料7,500円
試験日随時

>>ITパスポート公式

「ITパスポート試験」はすべての社会人に共通に求められるITに関する基礎知識を問う資格。

ワード・エクセルができなくても関係なく挑戦することができます。

プログラミング関係の職業を考えてる人は、特に取得をおすすめします。

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

検定名PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料上級 7,100円
初級  5,900円
試験日随時

>>サーティファイ認定試験公式

学校や企業のプレゼンテーションを行う場面で利用されているPowerPointを活用して、効果的にプレゼンテーションを行うための技術・能力を測定する試験。

営業職を目指すなら学習していて損はありません。

Webクリエイター能力検定試験

検定名Webクリエイター能力検定試験
受験資格特になし。年齢・国籍を問わず誰でも受験可能。
受験料エキスパート 7,500円
スタンダード  5,900円
試験日随時

>>サーティファイ認定試験公式

Webクリエイターに必要とされる、Webサイト制作のデザイン能力およびWebページのコーディング能力を認定する試験。

コーディングの基礎を学ぶことができます。

大学入試優遇?進学に有利になるパソコンの資格

進学先にもよりますが、資格取得で大学受験が優遇される資格試験があります。

  • P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)
  • ITパスポート試験(国家資格)

これら2つの資格試験は、大学・短大で入試優遇・単位認定されています。

P検定 ⇒ 400校以上、ITパスポート ⇒ 200校以上

自分が進みたい進学先が該当している場合は、取得しておくといいでしょう。

ちあき

自分が進みたい進学先が該当しているかは公式ページで確認できます。

▶ P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)認定校を確認する

▶ ITパスポート試験の認定校を確認する

就職に活かせるパソコンの資格

就職に活かせるパソコンの資格としては、以下の3つが挙げられます。

  • ワードやエクセルなどのオフィスソフト系資格
  • ITパスポート試験(国家資格)
  • Webクリエイター能力検定試験

正直いずれの資格も、もっているからといって就職が直接有利になるわけではありませんが、就職先によっては学習してきたスキルを活かすことはできます。

それぞれ特徴を紹介していきますね。

オフィス系なら「MOS」が一番おすすめ

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)」は民間の資格試験でありながら、知名度の高さは№1です。

ある程度実力があれば独学でも合格が可能なので、ぜひ挑戦してみてください。

ちあき

独学での学習はFOM出版の本がおすすめです。

富士通エフ・オー・エム
¥2,640 (2022/12/05 11:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

  

実力が身につく!おすすめ講座はこちら▼

人気講座TOP3講座名特徴タイトル

MOS講座ランキング上位の人気講座
テキスト+WEB動画で効率学習
資料請求をする
Office資格対策講座業界トップクラスの合格実績
通学・オンラインどちらも可能
資料請求をする

最短2週間で合格を目指す
MOS講座
年間4000人以上の合格実績
通学・オンランどちらも可能
資料請求をする

プログラミングに興味があるなら「ITパスポート」は基本

「ITパスポート試験」は国家資格なので、パソコンを扱う職種に就くときには強みになるでしょう。

取得しているからといって直接就職の際に優遇されるわけではありませんが、基本をしっかり身につけている証明になります。

通信講座の受講なら今がチャンス!
2月15日まで!ユーキャンで5,000円割引キャンペーン実施中です。

5,000円割引実施中!/

Webデザインに興味がある人には「Webクリエイター能力検定試験」がおすすめ

Webデザイン関係の仕事をしたい時におすすめの資格試験。

実力主義の業界のため、直接就職に有利になるわけではないかもしれませんが、高校生の初めての就職などのときには学習して得たスキルは評価されるでしょう。

ちあき

資格試験にはそれに対応した参考書が必要ですが、その前にこの本を1冊学習することをおすすめします。

著:Mana
¥2,237 (2022/12/13 12:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

学習方法は?本当に独学でも大丈夫?

おかっぱちゃん

本当に独学で合格できるの?

結論から言ってしまうと、独学で全然大丈夫です。

特にオフィス系の資格は高校生であれば参考書の通りに学習すれば問題なくスキルを身につけることができるでしょう。

一つ問題点があるとすれば、つまずいたときに聞く人がいないこと。

それについては、まずは学校の先生や友達に聞いて解決することが望ましいと思います。

費用の問題がクリアできればスクールもあり

効率よく資格を取得する方法としてパソコン教室という選択肢もあるでしょう。

良い点
悪い点
  • 分からないことをすぐに聞ける
  • 資格取得のため無駄なく学習できる
  • コストがかなりかかる
  • 通うのが面倒

分からないところをすぐに聞けるのおはかなり強みですよね。

なのでコストの問題がクリアできる人であれば、スクールの利用もおすすめです。

ちあき

パソコン教室なら、office、WEB/DTP、CAD/プログラム、パソコン基本動作など、カリキュラムが充実している「アビバ」がおすすめです。
オンライン受講もできます!

\ まずは無料で資料請求! /

高校生の資格取得 迷ったらこの2つがおすすめ

おかっぱちゃん

迷ったらどれがおすすめですか?

もしも迷っていたら「MOS」と「ITパスポート」、2つの資格取得がおすすめです!

理由としては以下の通り。

MOS
ITパスポート
  • 民間の資格試験でありながらOffice系の資格での知名度が№1
  • 就職に役立つOffice系スキルの証明になる
  • 200校以上の大学・短大で入試優遇・単位認定されている
  • 国家資格なのでパソコンを扱う職種に就くときには強みになる
  • プログラミンの基本がしっかり身についている証明になる

 

独学に不安を感じる人にはヒューマンアカデミーの講座がおすすめです。
理由としては次の通り。

  • MOS・ITパスポート、両方の学習がまとめてできる
  • 通信・通学どちらも可能
  • デジタルパンフレットあり
  • オンラインで参加可能な無料説明会あり

\ 10秒入力!講座資料はこちらから/

ちあき

通信講座の受講なら資格取得のためのピンポイント学習ができるよ。

まとめ

高校生が就職や進学に活かせる8つのパソコンの資格を紹介してきました。

高校生が就職や進学に活かせるパソコンの資格8選
  1. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  2. 日商PC検定
  3. サーティファイExcel表計算処理技能認定試験
  4. サーティファイWord文書処理技能認定試験
  5. P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)
  6. ITパスポート試験(国家資格)
  7. PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
  8. Webクリエイター能力検定試験
進学に有利になるパソコンの資格
  • P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)
  • ITパスポート試験(国家資格)
就職に活かせるパソコンの資格
  • オフィス系なら「MOS」が一番おすすめ
  • プログラミングに興味があるなら「ITパスポート」は基本
  • Webデザインに興味がある人には「Webクリエイター能力検定試験」がおすすめ
迷ったらこの2つがおすすめ!
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  • ITパスポート試験(国家資格)

勉強があたりまえの学生のうちの方が、大人になってからよりもはるかにらくに資格取得のための学習ができます。

しかもありがたいことに費用も親が出してくれますよね。

今のうちにどんどんチャレンジしておきましょう!

 

実力が身につく!おすすめ講座はこちら▼

人気講座TOP3講座名特徴タイトル

MOS講座ランキング上位の人気講座
テキスト+WEB動画で効率学習
資料請求をする
Office資格対策講座業界トップクラスの合格実績
通学・オンラインどちらも可能
資料請求をする

最短2週間で合格を目指す
MOS講座
年間4000人以上の合格実績
通学・オンランどちらも可能
資料請求をする
目次