MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【どれがいいの?】高校生・初心者からおすすめしたいパソコンの資格6選とスキルの種類

「高校生におすすめのパソコンの資格ってなに?」
「初心者でも取得できるパソコンの資格には何があるの?」
「就職や転職のためにパソコンの資格を取りたいけどどれがいいの?」

パソコンの資格を取得して就職や転職の役に立てたい、スキルアップをしたいなどと考えていても、たくさんある資格の中のどれを取得したらいいのか分からない方も多いですよね。

そこで今回は、パソコン初心者・高校生におすすめしたいOAスキルが証明できるパソコンの資格をお伝えしていきます。

ちあき

記事では高校生や初心者でも挑戦しやすいものだけを紹介しています。

目次

高校生・初心者からおすすめしたい基本的なパソコンスキル

高校生・初心者からおすすめしたい基本的なパソコンスキルを紹介します。

求人にありがちな「ワード・エクセルができる人」というのがOAスキルに該当します。

事務職に有利という印象が強いと思いますが、事務職に限らずどの職種でもオフィスソフトは使うことが多いので、まずは ワード・エクセル・パワーポイントのOAスキルを身につけることがおすすめ。

その他に、社内・外部関係なくメールでのやり取りも今では当たり前のところが多くなっていますので、メールソフトが扱えるスキルは必要といえます。

Word(ワード)

どんなソフト?
  • 文書作成ソフト
  • ビジネス文書やお知らせ文書、手紙やはがきなど、一般的に多くの文書作成に使う
  • 初心者ならまずはワードの取得がおすすめ

とくに事務職においてはエクセルの方が重要視されがちですが、使い方が全く違うので比べるのは間違えです。

文書を作成するならワードが一番!

ワードはオフィスソフトの基本がいっぱい詰まったソフトなので、まずワードの習得をしておくと全てにおいて応用がききます。

Excel(エクセル)

どんなソフト?
  • 表計算ソフト
  • 事務職を目指すなら必須
  • 数値計算やグラフ作成など、多くの企業で幅広く活用されるソフト

とっくに事務職を目指すなら必須のソフト。

もしも転職や就職のために資格取得をしたいいなどの理由で、ワードかエクセルのどちらか片方の取得をするというなら迷わずエクセルをおすすめします。

多くの企業で求められるエクセルの資格を持っていると就・転職には有利になります。

PowerPoint(パワーポイント)

どんなソフト?
  • プレゼンテーション作成ソフト
  • 営業系や企画系の職種を目指すなら使えた方が間違えなくいい
  • 資料作成に特化している
  • 文書作成でパワーポイントを使う場合もある

資料作成でパワーポイントを使う企業も増えてきています。

仕事以外でも大学の発表の場で使ったりもするので、パワーポイントの基本操作はできたほうがいいスキルになってきています。

ワード・エクセル以外にパワーポイントも使うことができれば、就職や転職のときの選択肢の幅を広げることができます。

メールソフトの基礎知識

  • メールの作成やCC・BCCの使い分けメールソフトを問題なく使える
  • メールにファイルを添付することができる
  • 添付するファイルの圧縮、添付されているファイルの解凍することができる

今ではFAXを使わない企業も多くなり、メールでのやり取りはできて当たり前のようになってきています。

少なくてもこの程度の基本知識が必要になります。

事務系に有利! OAスキルが証明できるパソコンの資格(検定種類)

オフィスソフトの資格取得は、「初心者・高校生・大学生・社会人」とすべての年代にまずは取得してほしいパソコンの資格です。

ここでは、OAスキルが証明できる4つのパソコン検定試験を紹介していきます。

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  • サーティファイ認定試験
  • 日商PC検定
  • P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)

取得できる資格
  • Word スペシャリスト(一般)
  • Word エキスパート(上級)
  • Excel スペシャリスト(一般)
  • Excel エキスパート(上級)
  • PowerPoint
ちあき

WordとExcelには「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」の2つのレベルが用意されています
まずは一般レベルから挑戦してみましょう

>>MOS公式

オフィス系の資格取得で一番のおすすめは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。

MOSは世界シェアNo1のマイクロソフト社が資格認定する最も認知度が高い世界に通用する資格試験。

MOSの資格を持っているということは、Word・ExcelなどOffice製品を基本的に使えるということの証明になるため、就職や転職に有利になる資格といえます

サーティファイ認定試験

取得できる資格
Word文書処理技能認定試験
Excel表計算処理技能認定試験
・1級(上級レベル) 知識+実技
・2級(実務レベル) 知識+実技
・3級(基礎レベル) 実技のみ
PowerPointプレゼンテーション技能認定試験・上級(実務レベル) 知識+実技
・初級(基礎レベル) 実技のみ
ちあき

試験は「3級から受けなくてはならない」ということはないので、自信があるならいきなり1級を受けてもOKです!

>>サーティファイ認定試験公式

サーティファイ認定試験とは、ビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験。

word・Excel3級とPowerPoint初級の試験に関しては、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)よりも内容はかなりやさしいものとなっています。

MOSと比べると認知度は落ちますが、実務的な試験内容ですので、実力を証明したい初心者の方には向いている試験だと思います。中でも特におすすめなのが、やはり仕事で一番利用率の高いエクセルの試験です。

日商PC検定

取得できる資格
文書作成
(word)
・正しいビジネス文書の作成・取扱いができるかどうかを問う試験
・1級~3級 ベーシックがある
データ活用
(Excel)
・表やグラフの作成、データの処理を行い、
 的確なデータ分析や効果的な資料作成等ができるかどうかを問う試験
・1級~3級 ベーシックがある
プレゼン資料作成
(PowerPoint)
・目的に応じた適切ででわかりやすいプレゼン資料の作成ができるかどうかを問う試験
・1級~3級があります
ちあき

文書作成とデータ活用の「ベーシック」は基礎レベルです
プレゼン資料作成に「ベーシック」は用意されていません

>>日商PC検定公式

日商PC検定とは、日本商工会議所が実施する公的資格。

こちらも知名度の高いPC検定の一つといえますが、ビジネスシーンを想定した試験内容となっているため難易度は高めな試験だと思います。

MOSに次いで認知度は高めではありますが難易度も高めなので、MOS・サーティファイを取得して、かつ高いスキルを求める方にはおすすめかと思います。

日商PCの勉強ができる講座

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

P検とは、ビジネスシーンで必要な「ICTを活用した問題解決力の資格試験」です。

・「ICT」とは、「Information and Communication Technology」の略。
・「IT」は、コンピューターや情報技術のこと。
・「C」は、コミュニケーションのこと。
・「プロフィシエンシー」とは、知識や技能を現実の状況に応じて発揮する能力のこと。

ビジネスシーンで必要な「ICTを活用した問題解決力」とは、「職務での課題や問題を、自分自身の知識や技能を発揮して解決することができる能力」のことです。

P検の試験はオフィスソフトが含まれない5級と、オフィスソフトの試験が含まれる4~2級・準2級と、知識のみで難易度の高い1級が用意されています。

取得できる資格
1級 知識
2級知識+実技(word・Excel・PowerPoint)
準2級タイピング+知識+実技(word・Excel)
3級タイピング+知識+実技(word・Excel)
4級タイピング+知識+実技(word・Excel)
5級知識(公式サイトで無料受験)
ちあき

就職活動のために検定を受けるのであれば3級以上の取得が必要です

>>P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)公式

P検は、試験内容にタイピングが含まれますので、タイピングスピードも必要になります。

また、コンピューター関連の知識が求められるのも特徴の一つです。

まさに日本の企業が求める、「タイピング」・「コンピューター知識」・「オフィスソフトの実技」が全て詰め込まれた資格試験だといえます。

もう一つの特徴として、大学・短大入試優遇校が全国で440校以上あるので、これから進学する学生さんにはおすすめの資格試験といえます。

試験は「5級から受けなくてはならない」ということはないので、自信があるならいきなり3級以上を受けてもOKです!
ただし、1級を受験するには、2級以上の合格IDが必要になります。

高校生や大学生におすすめ!ワンランクアップのパソコンの資格

高校生や大学生なら将来的なことも考えて、ちょっと専門的で難易度は上がるけどおすすめの検定試験が以下になります。

  • ITパスポート
  • Access(アクセス)

ITパスポート(国家資格)

どんな資格?
  • ITパスポート試験は2009年4月から始まった国家資格
  • IT知識がある証明になる
  • すべての社会人に共通に求められるITに関する基礎知識を問う資格
  • システム系の職種を目指したい人には取得をおすすめ

ITに関する基礎的な知識(情報技術の基礎知識)が証明できる資格試験

ITパスポート試験全国47都道府県で随時実施

ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる2009年から始まった国家試験。

ITパスポートを略して「I(アイ)パス」といわれたりします。

試験範囲は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3つの分野が用意されていて、CBT(コンピューターベースのテスト)方式で試験を行います。

社会からの評価の高い将来性のある国家資格であることは間違えありません。

またP検同様 大学・短大入試優遇校が全国で240校あるので、これから進学する学生さんにもおすすめの資格試験といえます。

 

なら、動画講義、テキスト、問題集までスマートフォンひとつで受講可能。忙しい方でもスキマ時間で効率的に学習できます。

「初めてITに関する学習をされる方」
「試験に短期間で合格したい方」
「効率的な学習方法で学びたい方」
「市販のテキストで挫折した方」

などにおすすめな講座となっています!

\圧倒的な低価格を実現! /

Access(アクセス)

どんなソフト?
  • データベースの作成・管理に使用されるオフィスソフト
  • 売上や受注データの管理など幅広い用途がある
  • 使いこなせる人が少ないので、できると就職ではかなり有利

Accessが取得できる検定試験

Access 365&2019 エキスパート(上級)マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
Access®ビジネスデータベース技能認定試験
1級・2級・3級
サーティファイ認定試験

Access(アクセス)はMOSとサーティファイで資格取得をすることができますが、受験をするならMOSがおすすめ

サーティファイは1級~3級と受験級が用意されていますが、MOSでは上級の一択となっています。

同じオフィスソフトとはいえ、Accessの資格取得はワンランクアップのスキルの証明になるのでおすすめの資格です。

とはいえ、専門的な分野でもあるので知識は必要になります。

高校生や初心者が取得するならこれがおすすめ!

おかっぱちゃん

結局どの資格を取得するのがいいの?

ちあき

高校生や初心者は、まずはワード・エクセルの資格取得をしましょう!

実務で役立つスキルを身につけたいならズバリこれ

  1. マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)
  2. サーティファイ認定試験
  3. 日商PC検定

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)」は、初心者にとっては決して簡単ではないと思いますが、知名度の高さと実務で役立つスキルを身につけるならやはりこれが一番と言えます!

マイクロソフトのExcelやWordの資格は、就職活動をするときにも役立つ資格です。

「サーティファイ認定試験」も実務で役立つスキルを身につけることができます。

3級なら難易度的にもMOSよりグッと下がるので、高校生や初心者の人でも比較的挑戦しやすいと思います。

知名度の高さで選ぶなら「日商PC検定」もおすすめ。実務的なスキルの証明としても役立ちます。

ただ、試験会場が限られているのが少し難点かと思っています。

タイピングスキルを身につけたいならこの資格

  1. P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)⇒3級以上

「P検」の試験にはタイピングも含まれます。

そのため、試験のための学習をする中でタイピングの練習もしていかなくてはならないため、自動的にタイピングスキルも身につきます。

P検定3級が合格できるレベルのタイピングスキルがあれば、まあまあのタイピングスキルが身についていることになるでしょう。

ただしP検3級レベルのワードやエクセルのスキルでは、実務で役立つかどうかは微妙です。

高校生なら国家資格の取得も将来の役に立つ

  1. ITパスポート試験(国家資格)

「ITパスポート試験」は国家資格なので、パソコンを扱う職種に就くときには強みになるでしょう。

大学・短大入試優遇校も多いので、これから進学を予定している高校生にはおすすめと言えます。

また、「ITパスポート試験」ではワード・エクセルができなくても関係なく挑戦することができます。

最短で資格取得するには独学以外の方法も

パソコン初心者の人が独学で資格取得まで学習をするのは意外に時間がかかります。

できるだけ早く資格を取得して、将来に役に立てようと考えるならスクールの利用もおすすめ

スクールであれば個別指導で一人一人のペースやスキルに合わせて最もいい方法でスキルの取得をすることができるでしょう。

また時間がない人なら、通信講座やオンライン講座のりようもおすすめです。時間と場所を選ばずに効率よく学習することができます。

MOSの勉強ができるおすすめの講座やスクール

講座に申し込む前に、まずは無料で資料請求をしましょう!

その他の就職・転職に役立つ情報

おかっぱちゃん

就職や転職に役立つパソコンの資格をまとめて知りたい。

ちあき

【BrushUP学び】 ならパソコンの資格に限らず就職や転職に役立つ情報を知ることができます。

全国の通学・通信講座情報を67,000以上掲載している 【BrushUP学び】 では、学びたい目的、通学・通信、スクール名から検索することができます。

また講座やスクールを検索するだけでなく、資格の概要や合格率などがわかる「資格・スキルガイド」などもあり、役立つ情報をプラスアルファで入手することができるのでかなり参考になります。

目次
閉じる