ワード

【Word】400字詰め原稿用紙に設定|ワードで作文用紙を作る方法

原稿用紙の作り方

ワードで400字詰め原稿用紙(作文用紙)を作る方法をお伝えしています。

ワードではテンプレートを利用することなく、ワードの機能のみで400字詰めの原稿用紙(作文用紙)を設定することができます。

作文や感想文など、学生さんは特に原稿用紙が必要な場面も多いのではないでしょうか。

学生さんでなくても、原稿用紙の作り方を知っていれば、必要な枚数分だけ印刷することができるので便利です。

ワードで作れば、印刷をして手書き用の用紙としても使用できますが、直接入力をすることも可能です。

この記事でわかること
  • Wordで400字詰め原稿用紙を設定する方法
  • Word原稿用紙に入力した時の句読点「。」の処理方法
  • Word原稿用紙の句読点「。」を、文字と一緒に最後のマスにおさめる方法

Wordで400字詰め原稿用紙を設定する方法

ワードで400字詰め原稿用紙を作るには、アドインを使うと簡単に設定できます。

ここでは、Word2019を使用して、400字詰め原稿用紙を設定していきます。

 

①ワードを開き「レイアウト」タブ→「原稿用紙設定」の順にクリックします。

レイアウト原稿用紙設定ボタン

 

②罫線の設定をします。

原稿用紙罫線の設定

スタイル→「マス目付き原稿用紙」
文字数×行数→「20×20」(400字)
罫線の色→「色を選択します」
※初期設定のままの場合は緑

 

③ページの設定をします。

原稿用紙ページの設定

用紙サイズ→「A4」※A4以外にしたいときは選択
印刷の向き→「横」

 

④ヘッダーとフッターの設定をし、「OK」をクリックします。

原稿用紙ヘッダーフッターの設定

ヘッダー→ここではページ数を右に表示するように設定していますが、なしにもできます
フッター→ここでは文字数を左に表示するように設定していますが、なしにもできます

 

⑤上記で設定した400字詰め原稿用紙が表示されます。
手書き用の用紙として使うならここで印刷をしましょう!

400字詰め原稿用紙

 

⑥段落が表示されているところから入力をすることもできます。

400字詰め原稿用紙入力
word名刺
【Word】ワードで名刺を作る方法|テンプレートを使わず差し込み機能で作成Word(ワード)で名刺を作る方法を紹介しています。テンプレートも必要ありません! 市販の名刺用紙で、Wordの差し込み機能を利用して作成することができます。市販の名刺用紙の選び方と、購入した用紙の製造番号が差し込み機能にない場合の対処法もお伝えしています。...
グリッド線アイキャチ画像
【Word】グリッド線を印刷したい|段落罫線で便箋のような横線を印刷する方法ワードのグリッド線は表示することはできても、残念ながら印刷することができません。ですが、グリッド線のような横線を作成し印刷することは可能です。記事では、ワードのグリッド線のような横線を印刷する方法を紹介しています。...

 

Wordで原稿用紙 入力時の句読点「。」の処理方法

句読点「。」の処理方法は3通りあります。

初期設定では「句読点のぶら下げを行う」文章の最後に句読点がきた場合、マスの外にはみ出すようになっています。

句読点のぶら下げを行う

 

「禁則処理を行う」にした場合は、1マス空欄になり次の列に移動します。

禁則処理を行う

 

両方のチェックをなしにした場合(改行時の処理をなしにした場合)は、次の列の1マス目に句読点がつきます。

句読点の処理なし

いずれかの処理を行い、句読点を表示させてください。

 

Wordで原稿用紙 句読点「。」を文字と一緒に最後のマスにおさめるには

Wordで原稿用紙設定をすると、その他の細かな設定はほとんどできなくなってしまいます。

例えば、フォントや段落、ページ設定のダイアログボックスなどで設定を変更しようとしても操作をすることができなくなってしまいます。

句読点「。」を文字と一緒に最後のマスにおさめたい場合はフォントダイアログボックスより設定をするので、Wordのオプションから原稿用紙設定のアドインの表示をなくす必要があります。

 

原稿用紙設定のアドインのチェックを外す方法

「ファイル」→「オプション」の順にクリックします。

「アドイン」をクリックし、管理が「COMアドイン」であることを確認し、「設定」をクリックします。

ワードのオプション アドイン

 

「Microsoft Word 原稿用紙アドイン」のチェックを外し「OK」をクリックします。

原稿用紙アドインチェックなし

「レイアウト」タブから「原稿用紙設定」がなくなります。

そして、フォントや段落、ページ設定のダイアログボックスが使えるようになります。

すべての設定が完了したあとには、同じ方法で「Microsoft Word 原稿用紙アドイン」のチェックを入れて元に戻しておきましょう。

 

句読点「。」を文字と一緒に最後のマスにおさめる方法

アドインの表示をなしにしてから、フォントダイアログボックスより句読点「。」を文字と一緒に最後のマスにおさめる設定をします。

 

文字と句読点「。」を選択し、フォントダイアログボックスを表示させます。

フォントダイアログボックスの表示

 

②詳細タブより次の設定をします。

フォントダイアログ詳細設定
  1. 「詳細」を開きます。
  2. 「[ページ設定]で指定した1行の文字数を使用する」のチェックを外します。
  3. 文字間隔を「狭く」にします。
  4. 「OK」で終了します。

 

③文字と句読点「。」が1つのマスにおさまります。

句読点を文字と一緒にする

 

まとめ

ワードで400字詰め原稿用紙(作文用紙)を作る方法をお伝えしていきます。

今回お伝えてしてきた内容
  • Wordで400字詰め原稿用紙を設定する方法
  • Word原稿用紙に入力した時の句読点「。」の処理方法
  • Word原稿用紙の句読点「。」を、文字と一緒に最後のマスにおさめる方法

自宅で簡単に作成することができて、手書き用として印刷もできるし、直接入力することもできるのでとても便利ですよね。

ぜひぜひ活用してみてくださいね!

ワード文字入力
【Word】ワードのページレイアウト4つの基本的な設定方法|文書作成の手順とページ設定ダイアログボックスワードで文書作成をするときは、入力前の最初にページレイアウトの設定(用紙設定)をすることが基本です。記事では、ワードでページ設定をする4つの基本的な設定方法(文字列の方向・余白・印刷の向き・サイズ)と、文書作成の手順、ページ設定ダイアログボックスの使い方を紹介しています。...
【Word】三つ折りパンフレットの作り方|テンプレートなし!用紙設定から両面印刷まで丁寧解説Wordの段組み機能を使うことで、テンプレートを使わずに三つ折りパンフレットを作成することができます。記事では三つ折りパンフレットの作成手順を、用紙設定から両面印刷の設定まで丁寧に解説しています。テンプレートにはない、自分だけのオリジナルパンフレットを作成することができます!...

 

ABOUT ME
ちあき
ちあき
初心者さん向けパソコンインストラクターをしています。パソコン初心者さんから直接聞いた、パソコンの身近なわからない等をお伝えしています。