ワード

ワードで三つ折りパンフレット|テンプレートなしで自分で作る方法

店頭などでよく見かける三つ折りパンフレットですが、実はWordでかんたんに作ることができます。

作成方法には

  • テンプレートを活用する方法
  • テキストボックスを挿入する方法
  • 段組みを利用する方法

などがあります。

 

今回は、

段組み機能を利用した、三つ折りパンフレットの作成方法をお伝えしていきたいと思います。

 

三つ折りパンフレットを作成するための手順

三つ折りパンフレット例

段組みの機能を使うことで、上図のように1枚の用紙を3分割にしたパンフレットを作成することができます。

  1. 用紙の設定をする
    「用紙の向き」「余白」「段組み」の設定をします
  2. 境界線の設定をする
    ※必要な場合
  3. 編集をする
    文字の入力と編集、図形や画像を挿入して文書を整えます
  4. 印刷をする
    三つ折りパンフレットは両面印刷をすることが多いので、両面印刷の設定をし印刷をします

以上の手順で作成していきます。

 

用紙の設定をする

三つ折りパンフレットを作成するために、「用紙の向き」「余白」「段組み」の設定をします。
三つ折りのため、ここでは3段組の設定をしていきます。

 

①白紙の文書を開き印刷の向きを横に設定します。
「レイアウト」タブ→「印刷の向き」→「横」

印刷の向きを横にする

 

②余白の設定を「狭い」にします。
「レイアウト」タブ→「余白」→「狭い」

余白を狭いにする

 

③3段組の設定をします。
「レイアウト」タブ→「段組み」→「3段」

3段組設定

 

以上で3段組の設定は終了です。
段落記号を表示すると、用紙が3分割表示になっていることが分かります。

3段組設定後の用紙

 

段組みで境界線を引くには

段組みの境界線

段組みをしたときに境界線を引くには「段組の詳細設定」から表示します。

 

「レイアウト」タブ→「段組み」→「段組の詳細設定」をクリックします。

段組みの詳細設定

 

「境界線を引く」にチェックをし、「OK」をクリックします。

境界線を引くにチェックをする

 

境界線の色を変更したい

もじゃくん
もじゃくん
境界線の色を変更したいんだけど

 

「段組の詳細設定」で設定した、境界線の色を変更することはできません。

境界線の色を変更したい場合は、境界線をガイド線として、図形の直線を引いて色を変更するようにしましょう。

図形の直線を引いた後には、「境界線を引く」のチェックを外しましょう。

 

「挿入」タブ→「図形」→「直線」を選択します。

図形 直線

 

②境界線にマウスを重ねキーボードの【Shift】キーを押しながらマウスを下方向にドラッグし直線を引きます。

図形の直線を引く

キ-ボードの【Shift】キーを押しながら図形を描くと、ぶれることなくまっすぐな線を引くことができます。

 

「書式」タブ→「図形の枠線」で、線の色や太さなどを変更します。

図形の枠線で色を変更

 

④線の色や太さなどを変更した図形の直線をコピーし、もう一つの境界線の上にコピーした直線を重ねます。
キーボードの【Shift】+【Ctrl】を同時に押し、マウスをクリックしたまま移動

直線のコピー

キーボードの【Shift】+【Ctrl】を同時に押し、マウスをクリックしたまま移動すると、コピーした直線をぶれることなく移動させることができます。

【Shift】→ぶれることなく移動するために押します
【Ctrl】→コピーをするために押します

 

「境界線を引く」のチェックを外し「OK」をクリックします。

境界線を引くのチェックを外す

 

⑥実際は図形の直線ですが、境界線の色が変更されたように見えます。

境界線の色の変更例

 

三つ折りパンフレットを作成する

用紙の設定が完了したら、文字の入力と入力した文字の編集、図形や画像を挿入して文書を整えます。

また、2ページ作成することで、表面と裏面の両方を作成することができます。

文字の入力

三つ折りパンフ文字入力

文字入力の際、一番下まで入力すると自動的に次の段に折り返ります。

好きな位置で折り返したいときには【Enter】キーで段落をつけましょう。

文字の編集は、入力が終わってからがおすすめです。

フォントグループアイキャッチ画像
ワードで文字を大きくする・色を変える・書体を変更する|フォントの編集ボタンを解説 入力した文字は、色やサイズを変更したり、読みにくい漢字にふりがなをつけたりと、文字を編集することで見栄えの良い文書を作成すること...
Word段落グループ
ワードで文字を真ん中に配置|記号や番号・均等割り付けなどのボタンを詳しく解説 Word(ワード)で文書作成をするとき、入力した文字に色をつけたり書体を変えたりと編集をしていきます。 さらに、文字の配置...

 

表の挿入

三つ折りパンフ表の挿入

必要であれば、表を挿入することもできます。

表を挿入すると、まとまりのある見やすい文書を作成することができます。

ワードで表を作る基本|表の名称と2つの挿入方法 Word(ワード)で文書作成するときに、表があった方が見栄えがいい時ってありますよね? 特に、仕事上で使うWord...

 

図形や画像を挿入する

三三つ折りパンフ画像の挿入

図形や画像を挿入すると、インパクトが出ます。

また、伝えたい内容がわかりやすくなります。

ワードで写真やイラストなどの画像を入れるには|画像を好きなところに動かす方法【Windows10】 作成した文書に写真やイラストなどの画像を挿入すると、がらりと雰囲気が変わります。 ビジネス文書では、撮影した写真や会社ロゴ...

 

2ページ目を作成するには

三つ折りパンフ2ページ目の挿入

三つ折りパンフレットは、両面に作成する場合が多いかと思います。

「改ページ」または「空白のページ」で2ページ目を作成しましょう。

ワードで次のページを作る方法|好きな位置で次のページに移動するには ワードで文書作成をしているとき「次のページは、この文章からからスタートしたい」と思うようなことがあります。 【Enter】...

 

三つ折りパンフレットを両面印刷するには

三つ折りパンフレット印刷

三つ折りパンフレットを、1つの文書に2ページ作成した場合は両面印刷をします。

 

「ファイル」→「印刷」をクリックし印刷画面を表示します。

②設定から「片面印刷」と表示されている部分をクリックし、「両面印刷:短編を綴じます」を選択します

両面印刷

 

「部数」を設定し、「印刷」をクリックします。

印刷ボタン

「長編綴じ」と「短編綴じ」は絵柄で判断しましょう!

よく「長編綴じ」と「短編綴じ」の選び方を間違える方がいます。
頭で考えると間違えやすいので、絵柄を見て判断するとわかりやすいかと思います。
絵柄は、紙をぺランとめくったときの様子を描いているイメージです。

長編綴じと短編綴じ

 

まとめ

段組み機能を利用した、三つ折りパンフレットの作成方法をお伝えしてきました。

テンプレートもいいですが、意外と思い通りにならない場合が多いのが難点!

段組の機能を使ったり、テキストボックスを使えば、思い通りに作成しやすくなります。

特に難しい機能を使用しているわけではないので、Word初心者の方でも挑戦しやすいかと思います。

参考にしてみてくださいね。