【Word】次のページを作成する方法「改ページ」の使い方と「空白のページ」の使い方

ワードで次のページを作成する、「改ページ」の使い方と「空白のページ」の使い方をお伝えします。

ワードで文書作成をしているとき「次のページは、この文章からからスタートしたい」と思うようなことはありませんか?

ワードでは 1 ページに文字列が入りきらなくなると、自動的に次のページへ移動しますが、ときにはキリのいいところで強制的に次のページに移動したいときもあります。

【Enter】キーで段落をつくり、改行することで次のページを作る方法もありますが、ワードの機能である「改ページ」や「空白のページ」を使うことで簡単に次のページを作ることができます。

この記事でわかること

  • 「改ページ」で次のページを作成する方法
  • 「空白のページ」で新しく白紙のページを作る方法

目次

「改ページ」で次のページを作成する方法

ワードでは、「改ページ」の機能を使うことで、文書の好きな位置から次のページを作成することができます。

改ページ → 好きな位置から手動でページを切り替える

例えば、図のような文書があるとき、「ストーリー1」を2ページ目、そして「ストーリー2」を3ページ目にページを切り替えた方が見栄えが良くなります。

ページを切り替えたい位置

そこで、「改ページ」の機能で手動でページを切り替えていきます。

 

ページを切り替えたい位置をクリックし、カーソルを表示させます。

ページを切り替えたい位置にカーソルを表示

 

「レイアウト」タブ→「区切り」→「改ページ」の順にクリックします。

レイアウト 区切り 改ページ

 

③「改ページ」が設定され、改ページより下の文書が次のページに移動します。

改ページ

 

「ストーリー1」が2ページ目、そして「ストーリー2」が3ページ目になりました。

改ページ後の文書

 

「空白のページ」で新しく白紙のページを作る方法

ワードでは、「白紙のページ」の機能を使うことで、新しく白紙のページを作成することができます。

空白のページ → 次のページに白紙のページを挿入することができる

【Enter】キーを何回も押して次のページを作るのではなく、簡単に新しい白紙のページを挿入することができます。

 

ページを切り替えたい位置をクリックし、カーソルを表示させます。

ページを切り替えたい位置にカーソルを表示

 

「挿入」タブ→「空白のページ」の順にクリックします。

挿入 空白のページ

 

③白紙のページが挿入されます。

白紙のページの挿入

 

まとめ

ワードで次のページを作成する、「改ページ」の使い方と「空白のページ」の使い方をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容

  • 「改ページ」で次のページを作成する方法
  • 「空白のページ」で新しく白紙のページを作る方法

改ページ → 好きな位置から手動でページを切り替える

空白のページ → 次のページに白紙のページを挿入することができる

簡単にページの切り替えや挿入ができる機能を使うと文書作成の効率もあがります。

ぜひ活用してみてくださいね。

あわせて読みたい
【Word】セクション区切りの使い方|途中から用紙を横向きにしたり用紙サイズを変更する方法 ワードで文書作成時に「セクション区切り」で途中から用紙の向きを変したり、途中から用紙サイズを変更する方法をお伝えしていきます。 ワードでは「セクション区切り」...

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる