まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【Word】表の簡単な挿入方法|8行10列以上の表は数字を指定

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

Word(ワード)で文書作成するときに、表があった方が見栄えがいい時ってありますよね。

特に、仕事上で使うWord(ワード)では表は必須といえます。

そこで本記事では、ワードで表を簡単に挿入する方法を紹介します。

目次

ワードの表の名称

ちあき

まずは表の名称を知っておきましょう。

表は、縦を「列」横を「行」といい、一つ一つのマス目を「セル」といいます。

ワードで表を簡単に挿入する方法

ワードで表を追加したいときは「挿入」タブから行います。

word挿入タブ

表を挿入する方法には2つの方法があります。

  • マウスでマス目を選んで挿入する方法(8行以内)
  • 行と列の数を指定して挿入する方法(8行10列以上の場合
ちあき

それぞれの挿入方法と手順を解説します。

マウスでマス目を選んで挿入する(簡単)

画像のように文書内などに8行以内の小さい表を作成したいときには、マウスでマス目を選んで挿入する方法で表を作成します。

もっとも簡単な方法です。

以下の手順で8行以内の小さな表を挿入します。

「挿入」タブ→「表」をクリックします。
(表の挿入メニューが表示されます)

②表の挿入のマス目部分にマウスでポイントすると、マス目がオレンジ色に変化します。

例えば、5行5列の表を作成する場合は、5行5列分のマス目を選びます。
(選んだ分のマス目だけオレンジ色で表示されます)
※「表の挿入」の文字部分が「表(5行×5列)」に変化します

選んだ数の場所でクリックをすると、用紙に表が作成されます。

マス目を選んで表を挿入する場合は、最大で「8行10列」の表を挿入することができます。

8行10列以上の表は数字を指定

8行10列以上の大きな表を作成したいときには、行と列の数を指定して表を挿入します。

行と列の数を指定して表を挿入する手順

「挿入」タブ→「表」→「表の挿入」をクリックします。

②表の挿入ダイアログボックスが表示されますので、「列数」と「行数」に指定の数を設定し「OK」をクリックします。
(ここでは例として、「5列」「20行」を設定しています)

③指定数の表が作成されます。

おわりに

ワードで表を簡単に挿入する方法を解説してきました。

  • マウスでマス目を選んで挿入する方法(8行以内)
  • 行と列の数を指定して挿入する方法(8行10列以上の場合

表は簡単に挿入できます。

ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次