MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

当サイトも利用!初心者でも安心【エックスサーバー】▶

【ショートカットキーは覚えにくい】Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーの役割や意味を知れば迷いがなくなる!

Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーをショートカットキーとして使うときの、それぞれの役割や意味について解説しています。
ショートカットキーは覚えにくいですが、役割を知ることで少し覚えやすくなります。

マウスを使わずに操作ができるショートカッキー。

ショートカットキーはCtrl、Shift、Alt、Windowsキーとアルファベットキーを組み合わせて使います。

私もそうですが、この組み合わせが覚えにくくて、ショートカットキーが覚えられないんですよね。

そこで今回は、Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーのそれぞれの組み合わせるときの役割や意味ついて解説していきます。

目次

ショートカットCtrl、Shift、Alt、Windowsキーの役割

ショートカットキーで操作するときには、Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーと何かを組み合わせて使います。

4種類もあって、どの場面でどのキーと組合せたらいいのか混乱しますよね。

しかし、それぞれのキーには役割や意味があります。

ショートカットWindowsキーの役割や意味

Windowsキーは、Windowsのパソコンそのものを操作するときに使用します。

WordやExcelなどの、アプリの操作で使用することはありません。
パソコン本体の操作をするときに使用するキーになります。

例えば、インターネット画面を開いているときにデスクトップ画面を表示したいときは「Windows」+「D」を押すとデスクトップ画面を表示することができます。

また、設定画面を開きたいときには「Windows」+「I」を押します。

このように、Windowsキーはアプリではなく、パソコン本体そのものの操作をするときに使うという役割があります。

ちあき

むしろそれ以外に使うことがないので覚えやすいキーですね!

ショートカットCtrlキーの役割や意味

Ctrl(コントロール)キーは制御という意味があります。

「保存する」や「コピーする」などの命令形のショートカットキーとして使用するため、ショートカットキーしては一番多く使うキーです。

Ctrl(コントロール)キーは特殊キーのひとつで単体では何もできません。

他のキーと組み合わせて使うことで、ショートカットキーとして使うことができます。

実はすべてのアルファベットにショートカット機能が設定されています。

また、Ctrlキーはキーボードの左右にありますが、どちらを使っても同じ操作ができます。

ちあき

パソコンの最前面で表示されている画面で操作することができます。

ショートカットShiftキーの役割や意味

Shift(シフト)キーは交代という意味があります。

英字の小文字から大文字にシフトするときに使用したり、ひとつのキーの上下で記号や数字に分かれているときにの使い分けで使用します。

実はShiftキーは非常に分かりやすいキーでもあります。

目印はShiftキーに描かれている上向きの矢印(↑)!

例えば、キーボード上の数字キーを見てもらうと分かりやすいですね。

数字キーはひとつのキーの上下、「上に記号」「下に数字」が描かれています。

普通に入力すると下の数字が入力されます。

上の記号を入力するときにはShiftキーを押しながら同時に数字キーを押します。

これで分かるように、ひとつのキーの上下で上の文字を入力したいときには、Shiftキーで操作をします。

また、Shiftキーはキーボードの左右にありますが、どちらを使っても同じ操作ができます。

ちあき

キーボードのShiftキー上矢印(↑)が目印です!

ショートカットAtlキーの役割や意味

Alt(オルト)キーは、「Alternate(オルタネイト)」の略で、「代わり」とか「代理」という意味があります。

何かの代わりにAltキーを使うことで、ショートカットキーとして便利に活用することができます。

WordやExcelでAltキーを押すと、マウスを使わずにメニュー操作ができるようになります。

つまり、マウスの代わりという役割をするということになります。

また、「Alt」+「Tab」を押すことで、複数開いているアプリケーションの切り替えなどでも活用することができます。

操作の多くは、マウスの代わりをしてくれるショートカットキーとして活躍します。

まとめ

Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーをショートカットキーとして使うときの、それぞれの役割や意味について解説してきました。

WindowsキーWindowsのパソコンそのものを操作するときに使用
Ctrlキー「保存する」や「コピーする」などの命令形のショートカットキーとして使用する
Shiftキー英字の小文字から大文字にシフトするときに使用したり、ひとつのキーの上下で記号や数字に分かれているときにの使い分けで使用する
Altキー何かの代わりにAltキーを使うことで、ショートカットキーとして便利に活用することができる

ショートカットキーは本当に便利!

ということは知っていても、なかなか覚えにくいのも事実です。

しかし、キーの意味を少し知るだけで使い方が分かりやすくなります。

参考にしてみてくださいね!

目次