MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【PDFをエクセルに変換】機能活用!パワークエリで表を取込む方法

PDFの表をエクセルに変換して活用したいときってありますよね。

当ブログ内では、ワードを利用してPDFをエクセルに変換する方法を紹介したことがあります。

実はお使いのエクセルのバージョンが「365、2021、2019、2016」であれば、パワークエリの活用でもっと簡単に【PDFをエクセルに変換】することができます!

パワークエリはエクセルの機能の一つ。

なので、安心して活用することができます。

そこで今回は、エクセルの機能であるパワークエリを使ってPDFをエクセルに変換する方法を紹介します。

目次

パワークエリ活用を使ってPDFをエクセルに変換する方法

ここでは例として、PDFファイルのサンプル住所録を、エクセルに変換してみます。

パワークエリ活用を使ってPDFをエクセルに変換する方法

 

以下の手順でPDFをエクセルに変換します。

①エクセルを起動し、「データ」⇒「データの取得」⇒「ファイルから」⇒「PDFから」の順にクリックします。

エクセルを起動し、「データ」⇒「データの取得」⇒「ファイルから」⇒「PDFから」の順にクリック

②エクセルに変換したいPDFファイルを選択し、「インポート」をクリックします。

エクセルに変換したいPDFファイルを選択し、「インポート」をクリック

③ナビゲーターが表示されるので、「Table001(Page001)」または「Page001」を選択し、「データの変換」をクリックします。

ナビゲーターが表示されるので、「Table001(Page001)」または「Page001」を選択し、「データの変換」をクリック
ちあき

ここでは「Table001(Page001)」を選択しています。
選択すると右側にプレビューが表示されるので、お好きな方を選択するといいでしょう。

④パワークエリエディターが表示されるので、「閉じて読み込む」をクリックします。

パワークエリエディターが表示されるので、「閉じて読み込む」をクリック
ちあき

パワークエリエディター上で編集することも可能。
今回は何もせず、まずはエクセルに変換してしまいます。

テーブル状態でエクセルに変換されます。

テーブル状態でエクセルに変換

⑥テーブルが必要ない場合は「範囲に変換」をクリックでテーブルが解除されます。

テーブルが必要ない場合は「範囲に変換」をクリックでテーブルが解除

⑦「この操作を行うと、シートからクエリ定義が削除され、テーブルが標準の範囲に変換されます。続行しますか?」と表示されたら「OK」をクリックします。

「この操作を行うと、シートからクエリ定義が削除され、テーブルが標準の範囲に変換されます。続行しますか?」と表示されたら「OK」をクリック

⑧テーブルが解除されます。

テーブルが解除されます
ちあき

エクセルに変換されたら名前をつけて保存をしましょう。

パワークエリの活用で変換するには条件がある

パワークエリを活用すれば、どんな内容のPDFファイルでもきれいに変換できるわけではありません。

例えば、図のような請求書などの少々複雑なファイル。

パワークエリの活用で変換するには条件がある

これをパワークエリの活用でエクセルに変換したとしても、元のPDFファイルと同じように変換することはできません。

パワークエリはデータベースの機能なので、表形式のデータファイルならきちんと変換することが可能

パワークエリはデータベースの機能。

なので、表形式のデータファイルならきちんと変換することが可能です。

パワークエリが使えないエクセルの場合は?

エクセルのバージョンによってはパワークエリを使うことができません。

その場合は、Power QueryアドインをMicrosoftのダウンロードセンターのページからインストールする方法もあります。

ダウンロードページ▼
Download Microsoft Power Query for Excel from Official Microsoft Download Center

 

または、わざわざダウンロードをしなくても、ワードを活用する方法で「PDFをエクセルに変換」することができます。

ちあき

パワークエリが使えない場合は、いずれかの方法をお試しください。

おわりに

パワークエリを使ってPDFをエクセルに変換する方法を紹介してきました。

利用できるバージョンのエクセルを使っている場合は、手間いらずの簡単な方法なのでぜひお試しください!

もしも頻繁にPDFを他のファイル形式に変換するような場合は、ソフトを購入してしまってもいいかと思います。

ちなみにソフトを購入するときは、買い切りタイプがおすすめです。

買い切りタイプでおすすめソフト!

ちあき

当ブログでも実際に使ってレビューしています。

目次
閉じる