パソコンメンテナンス

【Windows10を手動で更新】Windows アップデートを手動で実行する方法と実行するときの7つの注意点

忍者

Windows10を手動で更新する方法と、Windows アップデートを手動で実行するときの7つの注意点をお伝えしています。

Windows アップデートとは、パソコンのソフトウェアを更新してシステムを最新の状態にすることです。

マイクロソフト社では、セキュリティ上の問題を改善するために無償で定期的にセキュリティパッチを配布しています。

Windows アップデートは、インターネット環境下では自動で実行するように初期設定されていますが、パソコンの電源が入っていないと実行することができません。

更新をためてしまうとパソコンの動きが悪くなることもありますので、自動で実行できなかったときには手動でアップデートをしてあげましょう。

この記事でわかること
  • Windows10を手動で更新する方法
  • Windows アップデートを手動で実行するときの7つの注意点
  • Windows アップデートを実行した方がいい理由

Windows10を手動で更新する方法

Windows アップデートは、以下の手順で手動で実行することができます。

 

「スタートボタン」をクリックします。

スタートボタン

 

「設定」をクリックします。

設定

 

「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

 

④パソコンの状態に応じてメッセージが表示されるので、メッセージに応じた操作をします。
「最新の状態です」と表示された場合は、アップデートをする必要はありません。
●気になるときは、「更新プログラムのチェック」をクリックして手動でチェックをしてみましょう。

更新プログラムのチェック

 

⑤利用可能な更新プログラムがある場合は、自動で更新を実行してくれます。
※更新が終わるまでは、電源を切ったりせず気長に待ちましょう。

更新実行中

 

パソコン起動時にソフトが勝手に起動するようになった

Windows アップデートを実行すると、パソコン起動時にワードやエクセルのソフトが勝手に開いてしまうようになったという現象が起こる場合があります。

設定が変更になってしまったのかもしれません。

そんな時には、サインインオプションの設定を変更しましょう。

 

Windows アップデートを手動で実行するときの7つの注意点

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
Windowsアップデートを手動で実行するときに気を付けたほうがいいことってありますか?
ちめも
ちめも
手動で更新をするときには、以下の点に注意をして実行しましょう!
①Windowsアップデートを実行するときは、作業中のソフトウェアは全て閉じる。
②Windowsアップデート実行中に他のソフトの起動はしない。
③Windowsアップデートは、インターネットに接続した状態で実行する。
④Windowsアップデートは、インストールするプログラムやインターネット環境によって時間がかかる場合がある。
※場合によっては、半日以上時間がかかる場合もあります。
⑤Windowsアップデートの実行中は、再起動のメッセージが表示されたとき以外に、再起動したり電源を切ったりしない。
※再起動したり電源を切ったりすると、Windowsが起動しなくなる可能性があります。
⑥基本的に更新プログラムは選択できない。
⑦モバイルネットワークに接続してアップデートを実行する場合は、自分のモバイルデータ容量に気をつける。
※アップデートの更新プログラムは、数GB単位の容量になる場合がありますので、容量の制限を超過してしまうと、翌月までインターネットの通信速度が極端に遅くなる可能性があります。

 

Windows アップデートを実行した方がいい理由

ちめも
ちめも
パソコンを安全に使うためには、Windows アップデートでパソコンを最新の状態に保っておくことが重要です!

パソコンは、インターネットやメール、ワードやエクセルなど、ソフトウェアを使って動かしています。

これらのソフトウェアは、後から不具合が見つかったり、セキュリティ上に問題が発見されたり、新しい機能の追加が必要になることがあります。

これを修正してくれるのが、Windows アップデートです。

 

Windows Update を実行することで、以下の点が改善されます。

  • 問題点を修正するプログラムや、新しく追加された機能が自動的にダウンロードされる
  • パソコンが最新の状態になり、ウイルスやスパイウェアが侵入しにくい状態になる

 

市販のセキュリティソフトを導入していない場合は特に注意が必要です!

Windows アップデートを実行しないと、無防備な状態でパソコンを使っている状態になってしまいます。

【Windows Defender だけで大丈夫?】無料でできる最低限のセキュリティ対策|Windows10Windows Defenderについて解説しています。Windows Defenderは無料でできる最低限のセキュリティ対策です。どのような場合がWindows Defenderだけで大丈夫なのか、またセキュリティソフトが必要な場合はどのような場合かについて紹介しています。...

 

Windows アップデート意外にも実行した方がいいアップデート

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
Windows アップデート意外にもやったほうがいいアップデートってあるの?

 

以下のアップデート(更新)は必ず実行しましょう!

  1. Windowsアップデート
  2. パソコンメーカーのアップデート
    自分が所有しているパソコンのメーカーから、必ずアップデートのお知らせがあります
  3. セキュリティソフトのアップデート
    セキュリティソフトを使用している場合は、必ずアップデートのお知らせがあります

 

パソコン初心者の方にありがちなのが、「分からないからとりあえず何もしないで × をクリックして表示を消す」という行動です。

この行動を繰り返すうちに、更新プログラムがたまってしまい、パソコンの調子が悪くなるケースも実際にあります。

パソコンが重いと感じた時には、まずは更新がたまっていないかを確認してください!

更新がたまっていて、パソコンの動きが悪くなるというケースは意外に多いです。

 

まとめ

Windows10を手動で更新する方法と、Windows アップデートを手動で実行するときの7つの注意点をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容
  • Windows10を手動で更新する方法
  • Windows アップデートを手動で実行するときの7つの注意点
  • Windows アップデートを実行した方がいい理由

アップデートは自分で出来る簡単なセキュリティ対策の一つです。

無償なので、是非実行しましょう!

【Windows10 自動メンテナンス】設定する時間|注意点と設定方法Windows10の自動メンテナンスを設定する時間や注意点と、自動メンテナンスを設定する方法を紹介しています。自動メンテナンスには、ソフトウェア更新やセキュリティスキャン、またシステム診断などが含まれています。無効にすることはおすすめできません。...

 

ABOUT ME
ちあき
初心者さん向けパソコンインストラクターをしています。パソコン初心者さんから直接聞いた、パソコンの身近なわからない等をお伝えしています。