MENU
女子2人の会話で役立つ情報をお届け

とせめも ✍︎ 暮らしや仕事の日常会話
地方公務員:とせ
PCインストラクター:ちあき
✩︎⡱ちょっと聞きにくい役所の手続き
✩︎⡱仕事に役立つパソコン操作などなど

女子2人の会話で役立つ情報をお届けしています

フォローして頂けると嬉しいです^^

▶【どれがいいの?】高校生・初心者からおすすめしたいパソコンの資格7選とスキルの種類

【パソコンの資格は本当に就職や転職に有利? 】ワード・エクセルの資格が必要な場合と必ずしも必要ではない場合

履歴書

「パソコンの資格は本当に就職や転職に有利なの?」

実際にこのように聞かれたこともあり、今回はこの疑問についてお答えしていきます。

また、就職に有利といわれている「ワード・エクセル」の資格が必要な場合と、必ずしも必要ではない場合についても合わせて解説しています。

参考にしてみてください。

パソコンの資格には何があるの?

全国の通学・通信講座情報を67,000以上掲載している【BrushUP学び】では人気のパソコンの資格だけでなく、就職に有利な役立つ情報をプラスアルファで入手できるので参考になります。

目次

パソコンの資格は本当に就職や転職に有利?

結論から言うと、もしも希望する求人で「パソコン操作のできる人」「word・Excelが使える人」などの明記がある場合は、ワード・エクセルの資格は就職に有利だといえます。

今時はどこに就職をしたとしても、パソコン操作を求められることがほとんどです。

特に事務系の職種に就きたいのであれば、履歴書に資格が明記してあることで、パソコンのスキルがあることがすぐに分かります。

よくある例として、求人などによくある「Word・Excelができる人」という項目。

実際にパソコン操作について何ら問題はないが、資格をもっていない場合、口頭で「できる」ことを説明できても書類上では証明することができません。

そんなとき資格を持っていれば、口頭で説明をしなくても「資格取得ができる程度にはパソコン操作ができる」ということを書類上でも伝えることができます。

つまり、資格 = パソコン操作ができる証明という判断材料になります。

パソコンの資格にもいろいろありますが、資格の内容が分かる方の場合は「この資格があればこの程度はできる」とはっきり判断してくれます。

逆に、資格の内容が分からない場合でも「パソコンの資格があるなら操作はできるのか」程度には判断するでしょう。

資格は、自分がどの程度できるのかをはっきり伝えることができる「武器」とし利用することができます。

武器を持つ勇者

ワード・エクセルの資格が必要な場合と必ずしも必要ではない場合

資格はあった方がもちろんいいに越したことはありませんが、絶対に必要かというと必ずしも必要であるとはいえません。

ちあき

パソコンの資格が必要かどうかについては、正直なところ場合によります

例えば就職活動をするときの場合で、必要な場合とそうでない場合を想定してみます。

ワード・エクセルの資格が必要な場合

以下のような人には、パソコンの資格を持っていた方が就職に有利になると判断して資格取得をおすすめします。

  • まだ実務経験がない、これから就職活動をする学生さんなど
  • これまで仕事はしていたが、事務系の仕事の経験はない方
  • 子育てが一段落し、再就職を目指している方
  • 年齢的になかなか就職できないかもしれないと感じている方
  • 古い資格は持っているが、実務でパソコン操作をしてこなかった方
  • 転職や再就職のためにスキルアップをしたい方

理由としては、自分に自信をつけるためと、スキルアップをしてもらうためです。

自分の武器を増やすことで、自信につながります。

ワード・エクセルの資格が必ずしも必要ではない場合

以下のような人は、資格が必ずしも必要でない場合といえます。

  • 資格はないが、ワード・エクセルなどのOffice操作は常日頃している
  • 資格はないが、仕事でずっとワード・エクセルなどのOffice操作をしていたので自信がある
  • 資格はないが、Office操作だけでなくコンピューター知識やタイピングにも自信がある

実務でどのくらい活用してきたかをアピールすることも就職に有利になる方法の一つではあります。

昔取得したパソコンの資格は通用するの?

おかっぱちゃん

20年前に資格取得したけどそれじゃダメかな?

昔取得した資格が通用するかしないかは、資格を取得してから現在までの経歴で判断することができます。

例えば、

▶「20年前に資格を取得し、現在まで実務でワード・エクセルを使っていた」

ということなら、20年前に取得した資格でも通用すると判断されるでしょう。

▶「20年前に資格を取得したが、その後パソコンを使う機会があまりなかった」

ということであれば、20年前に取得した資格は通用しない可能性が高くなるでしょう。

後者であれば、パソコン操作の復習を兼ねて、今一度最近の資格を取得することをおすすめします。

就職に有利なパソコン資格

おかっぱちゃん

就職に有利なワード・エクセルの資格があった方が役に立ちそう。

このように思った方には知名度と評価の高いMOS資格の取得がおすすめです。

MOSの中でも特に、ワードとエクセルの取得をすることで就職の選択肢が増えます。

ワード 文書や報告書の作成に必須なソフト
エクセル どの業種でも数字を扱う内容が伴うためビジネスでは定番のソフト

資格取得にはやはり勉強は必要となります。

まとめ

「パソコンの資格は本当に就職や転職に有利なの?」という疑問についてと、「ワード・エクセル」の資格が必要な場合と、必ずしも必要ではない場合について解説してきました。

今回お伝えしてきた内容
  • パソコンの資格は本当に就職や転職に有利?
  • ワード・エクセルの資格が必要な場合と必ずしも必要ではない場合
  • 就職に有利なパソコン資格

資格がある・なしに関係なく今時はワード・エクセルくらいできて当たり前くらいに思われがちです。

そのため、パソコンができるということは事務系の職種以外でもさまざまな職種で役に立ちます。

もしもワード・エクセルの操作に自信がない場合は、できるようになるための勉強の延長に資格取得にチャレンジすることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる