PDF

【WebページをPDF化】Windows10でインターネットの画面をPDFとして保存する2つの設定方法

Windows10で、Webページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する2つの方法をお伝えしています。

インターネットの画面(Webページ)をPDFに変換したいと思ったことはないですか?

印刷設定を利用すると、かんたんにインターネットの画面(Webページ)をPDFに変換することができます。

操作方法の解説では「Microsoft Edge」でWebページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する方法を紹介していますが、Windows10なら、ブラウザが「Internet Explorer」「Chrome」でも同じ方法でPDF化することが可能です。

この記事でわかること
  • Windows10でWebページをPDFとして保存する2つの設定方法
  • 「Microsoft Edge対応」Webページの装飾や広告を非表示にしてPDF化する方法

Windows10でWebページをPDFとして保存する2つの方法

Windows10では、2つの方法でかんたんにWebページ(インターネットの画面)をPDFとして保存することができます。

  1. 印刷のプリンターを「PDFとして保存」に設定しPDF化する方法
  2. 印刷のプリンターを「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する方法

※操作方法は「Microsoft Edge」で解説をしていますが、「Internet Explorer」や「Google Chrome」でも印刷画面からPDFに変換することが可能です。

 

①印刷のプリンターを「PDFとして保存」に設定しPDF化する方法

「PDF」として保存したい「Webページ」を開きます。

webページ

 

②画面上右端の「設定など」をクリック→「印刷」をクリックします。

新しいEdge設定などから印刷

 

プリンターを「PDFとして保存」に設定し、「保存」をクリックします。

※下記画像ではページが「すべて」になっているため、45ページ分PDFとして保存されます

新しいEdge印刷からPDFとして保存

印刷画面では

  • 用紙を縦で印刷するか横で印刷するかを設定できる「レイアウト」設定
  • どのページを印刷するか設定できる「ページ」設定

ができます。

新しいEdge印刷設定

また「その他の設定」をクリックして開くと、下記の設定をすることができます。

  • 用紙サイズ
  • 拡大/縮小
  • シートごとのページ数
  • 余白
  • オプション

 

ファイル名を付けて保存をします。

新しEdgeで名前を付けてPDFとして保存

 

⑤PDF として保存されます。

webページをpdfに

 

②印刷のプリンターを「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する方法

Windows10 では、かんたんにファイルをPDFに変換してくれる仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」というソフトが標準搭載されています。

「Microsoft Print to PDF」は、印刷画面からPDFに変換するため、ドキュメント全般で活用することができます。

ただし、この仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」は Windows10 から標準搭載されたものなので、Windows10 以前の OS の場合は使用することができません。

 

「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する手順

「PDF」として保存したい「Webページ」をで開きます。

 

②画面上右端の「設定など」をクリック→「印刷」をクリックします。

 

③プリンターを「Microsoft Print to PDF」にし、「印刷」をクリックします。

※ページを「全ページ」→下記画像の場合は3ページ分PDFとして保存されます。

※ページを「現在のページ」→現在表示されているページがPDFとして保存されます。

 

名前を付けて保存をします。
※ファイルの種類が「PDFドキュメント」であることを確認してください。

 

⑤PDF として保存されます。

 

「Microsoft Edge対応」Webページの装飾や広告を非表示にしてPDF化する方法

インターネットの画面(Webページ)を何もせずそのままPDFとして保存をすると、広告や装飾まで表示されてしまいます。

  • 広告を表示させたくない
  • 必要な部分だけPDFにして保存したい

このような場合は、ブラウザに「Microsoft Edge」を使うことがおすすめです!

Microsoft Edgeの「イマーシブリーダー」という機能を使えば、装飾や広告のない、記事の内容部分だけをPDF化することができます。

【Microsoft Edgeの便利機能】イマーシブリーダーでWebページの広告を非表示にする方法Microsoft Edgeの便利機能「イマーシブリーダー」で、Webページの広告を非表示にして記事を読みやすくする方法を紹介しています。以前の読み取りビューより進化して、かなり便利になっています。対応ページじゃなくても機能を使うことができます!...

まとめ

Windows10で、Webページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する2つの方法をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容
  • Windows10でWebページをPDFとして保存する2つの設定方法
  • 「Microsoft Edge対応」Webページの装飾や広告を非表示にしてPDF化する方法

WebページをPDFに変換するときには参考にしてみてください。

PDFまとめ
【PDFファイルとは】PDF変換がオフラインでできる7つの変換方法|Windows10当ブログで紹介しているPDFから他のファイルに変換方法をまとめた記事です。パソコンの持つ機能だけで変換できる方法を紹介していますので、複数の処理に対応していない場合もあるかと思いますが、仕事上ネットが使えない状況の方にはオススメできる方法です。...

 

ABOUT ME
ちあき
初心者さん向けパソコンインストラクターをしています。パソコン初心者さんから直接聞いた、パソコンの身近なわからない等をお伝えしています。