MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【WebページをPDF化】インターネットの画面をPDFとして保存する2つの設定方法

Windows10で、Webページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する2つの方法をお伝えしています。
Windows11でも同じように保存することが可能です!

インターネットの画面(Webページ)をPDFに変換したいと思ったことはないですか?

印刷設定を利用すると、かんたんにインターネットの画面(Webページ)をPDFに変換することができます。

操作方法の解説では「Microsoft Edge」でWebページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する方法を紹介していますが、Windows10以降のOSなら、ブラウザが「Internet Explorer」「Chrome」でも同じ方法でPDF化することが可能です。

目次

WebページをPDFとして保存する2つの方法

Windows10以降のOSでは、2つの方法でかんたんにWebページ(インターネットの画面)をPDFとして保存することができます。

  1. 印刷のプリンターを「PDFとして保存」に設定しPDF化する方法
  2. 印刷のプリンターを「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する方法

※操作方法は「Microsoft Edge」で解説をしていますが、「Internet Explorer」や「Google Chrome」でも印刷画面からPDFに変換することが可能です。

①印刷のプリンターを「PDFとして保存」に設定しPDF化する方法

「PDF」として保存したい「Webページ」を開きます。

webページ

②画面上右端の「設定など」をクリック→「印刷」をクリックします。

新しいEdge設定などから印刷

プリンターを「PDFとして保存」に設定し、「保存」をクリックします。

※下記画像ではページが「すべて」になっているため、45ページ分PDFとして保存されます

新しいEdge印刷からPDFとして保存

ファイル名を付けて保存をします。

新しEdgeで名前を付けてPDFとして保存

⑤PDF として保存されます。

webページをpdfに

印刷画面では次の設定をすることができます。

  • 用紙を縦で印刷するか横で印刷するかを設定できる「レイアウト」設定
  • どのページを印刷するか設定できる「ページ」設定
新しいEdge印刷設定

また「その他の設定」をクリックして開くと、下記の設定をすることができます。

  • 用紙サイズ
  • 拡大/縮小
  • シートごとのページ数
  • 余白
  • オプション

②印刷のプリンターを「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する方法

Windows10以降のOS では、かんたんにファイルをPDFに変換してくれる仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」というソフトが標準搭載されています。

「Microsoft Print to PDF」は、印刷画面からPDFに変換するため、ドキュメント全般で活用することができます。

この仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」は Windows10 から標準搭載されたものなので、Windows10 以前の OS の場合は使用することができません。

 

「Microsoft Print to PDF」に設定しPDF化する手順

「PDF」として保存したい「Webページ」をで開きます。

②画面上右端の「設定など」をクリック→「印刷」をクリックします。

③プリンターを「Microsoft Print to PDF」にし、「印刷」をクリックします。

※ページを「全ページ」→下記画像の場合は3ページ分PDFとして保存されます。

※ページを「現在のページ」→現在表示されているページがPDFとして保存されます。

名前を付けて保存をします。
※ファイルの種類が「PDFドキュメント」であることを確認してください。

⑤PDF として保存されます。

「Microsoft Edge対応」Webページの装飾や広告を非表示にしてPDF化する方法

インターネットの画面(Webページ)を何もせずそのままPDFとして保存をすると、広告や装飾まで表示されてしまいます。

  • 広告を表示させたくない
  • 必要な部分だけPDFにして保存したい

このような場合は、ブラウザに「Microsoft Edge」を使うことがおすすめです!

Microsoft Edgeの「イマーシブリーダー」という機能を使えば、装飾や広告のない、記事の内容部分だけをPDF化することができます。

まとめ

Windows10で、Webページ(インターネットの画面)をPDFとして保存する2つの方法をお伝えしてきました。

WebページをPDFに変換するときには参考にしてみてください。

目次
閉じる