毎日お得!Amazonタイムセール>>CHECK!

Word・ワードで途中から用紙を横向きにする方法【セクション区切り】

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

ワードでは「セクション区切り」という機能を使うことで、途中から用紙の向きを変更することができます。

実はとても便利機能なんですよ!

そこでこの記事では、「セクション区切り」を活用して、ワードで途中から用紙を横向きにする方法を紹介します。

目次

ワードで途中から用紙を横向きにする方法【セクション区切り】

ワードで、途中から用紙の向きを変更したいときには【セクション区切り】という機能を使います。

 

下記図は、「A4サイズ縦向き」の1ページの文書です。

ここでは【セクション区切り】を使用して「A4サイズ横向き」に設定します。

A4縦書き文書

 

次の手順で途中から用紙の向きを変更します。

①次のページに移動したい段落をクリックし、カーソルを表示します。

セクション区切りを指定する段落
ちあき

ここでは、1ページ目の最後の段落から次のページに移動します。

「レイアウト」タブ→「区切り」→「次のページから開始」の順にクリックします。

レイアウト 区切り 次のページから開始

③「セクション区切り」が設定され次のページが表示されますので、2ページ目の段落をクリックしカーソルを表示させます。

2ページ目にカーソルを表示

※表示を変更して並べると、「A4サイズ縦向き」が2ページの様態です。

A4サイズ縦向きが2ページ

④2ページ目にカーソルを表示した状態で、「レイアウト」タブ→「印刷の向き」→「横」の順にクリックします。

レイアウト 印刷の向き 横

⑤2ページ目が「A4サイズ横向き」になります。

セクション区切り2ページ目横向き

「セクション区切り」の編集記号が表示されないときの対処法

セクション区切りの編集記号
おかっぱちゃん

セクション区切りを設定したのに、編集記号が表示されない!どうして?

セクション区切りを設定したのに表示されない場合もあります。

そのような場合は、「ホーム」タブ→「編集記号の表示/非表示」をオンにしましょう。
(※クリックでオンとオフの切り替えができます)

編集記号ボタンをオン

まとめ

ワードで途中から用紙の向きを変更する方法を紹介してきました。

中から用紙の向きを変更

「レイアウト」タブ→「区切り」→「次のページから開始」

 

ページの途中から用紙の設定を変更したいときには「セクション区切り」を使う。

 

文書作成をするときに知っていると便利な機能です。

ぜひ活用してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次