ワード

ワードで表を作る|列の幅と行の高さを変更する2つの方法

word表 列の幅行の高さアイキャッチ画像

Word(ワード)で表を作成したとき、列の幅や行の高さを変更すると、更に見栄えが良くなります。

 

今回は、

Word(ワード)で、表の行の高さと列の幅を変更する2つの方法をお伝えしていきます。

 

行の高さと列の幅を変更する2つの方法

挿入した表の「行の高さ」と「列の幅」は、初期設定ではすべて同じサイズになっていますが、高さと幅を自分で変更することで、見栄えの良い表を作成することができます。

「行の高さ」と「列の幅」を変更するには2つの方法があります。

 

①マウスを使って変更する方法

マウスのドラッグ操作で、列の幅や行の高さを変更します。

目分量で「大体このくらいでいいかな」と見栄えを整えるときに適した操作方法です。

②数を指定して変更する方法

レイアウトタブから数字を指定して、列の幅や行の高さを変更します。

列の幅や行の高さに指定があるときや、複数の列や行の操作をするときに適しています。

 

マウス操作で列の幅や行の高さを変更する方法

マウスのドラッグ操作で、列の幅や行の高さを変更するやり方をお伝えしていきます。

PCマウス
マウスの基本的な使い方【7つの操作方法】 パソコンを操作するときに、マウス操作はかかせません。 ノートパソコンですと、タブレットのように画面を直接触って操作...

 

マウスで「列の幅」を変更する手順

マウスを使って列の幅を変更します。

 

①変更したい列の線にマウスを重ねます。
(うまく重なっていれば図のようなアイコンが表示されます)

 

変更したい方向にマウスをドラッグします。
(ここでは左にドラッグして幅を狭くしていきます)

 

③列の幅が変更になります。

 

マウスで「行の高さ」を変更する手順

マウスを使って行の高さを変更する方法は、列の幅と同じ方法で変更することができます。

一つ注意する点としては、高さを変更する場合は「一番下の線から変更をする」ということです。

 

一番下の行の線にマウスを重ねます。
(うまく重なっていれば図のようなアイコンが表示されます)

②下方向にマウスをドラッグして高さを広くします。
(広い高さを狭くしたいときには上にマウスをドラッグします)

③行の高さが変更になります。

数を指定して変更する方法

レイアウトタブから数字を指定して、列の幅や行の高さを変更します。

例として、高さ「10mm」の表の1行目だけを「15mm」に変更していきます。

 

①表の1行目にカーソルを表示させます。

 

②高さを「15mm」に変更します。

 

③1行目だけ指定した高さに変更になります。

ちめも
ちめも
幅を変更するときも操作方法は同じになります

 

列の幅や行の高さを揃えるには

列の幅や行の高さを揃えるには、レイアウトタブから設定をします。

例として、表全体の高さを同じ幅に揃えます。

 

①表の左上端のアイコンをクリックします。
(表全体が選択されます)

 

「レイアウト」タブ→「高さを揃える」をクリックします。

 

③表の高さが揃います。

列の幅を揃えるときも操作方法は同じです。

 

「レイアウト」タブ→「幅をを揃える」をクリックします。

②表の幅がそろいます。

 

 

まとめ

Word(ワード)で、表の行の高さと列の幅を変更する2つの方法をお伝えしてきました。

行の高さと列の幅を変更する2つの方法

  1. マウスを使って変更する方法
  2. 数を指定して変更する方法

 

表を挿入して幅や高さの変更ができると、文書の見た目はかなり良いものになります。