パソコン基礎

マウスの基本的な使い方【7つの操作方法】

PCマウス

 

パソコンを操作するときに、マウス操作はかかせません。

ノートパソコンですと、タブレットのように画面を直接触って操作ができたり、マウスがなくてもタッチパッドで操作をすることも可能ではあります。

ですが、それでもマウスを操作する機会はあるのではないかと思います。

 

そこで今回は、

マウスの基本的な使い方【7つの操作方法】をお伝えしていきます。

 

マウス【3つのボタンの役割について】

マウスには3つのボタンがついています

マウスのそれぞれの名称
  • 左ボタン
    パソコン操作では一番基本のボタンです
    「選択」「実行」「移動」の時に使います
  • 右ボタン
    その時使える機能を呼び出すための、メニューを表示させるボタンです
  • ホイール
    主に、画面を上下にスクロールさせるときに使います

 

マウスの操作方法①【クリック】

マウスの左ボタンを1回 ”カチッ” と押します

ワンクリック

「これに決めた!」と選択するときに押してください

 

マウスの操作方法②【ダブルクリック】

マウスの左ボタンを ”カチカチッ” とすばやく2回押します

Wクリック

押すときの注意点としては、マウスを動かさないで押すということ

ちめも
ちめも
2回押すときにマウスを動かしてしまうと、ダブルクリックがうまくできません

 

マウスの操作方法③【右クリック】

マウスの右ボタンを押します

右クリック

ショートカットメニューが表示されます
次に何を操作すればいいのか迷った時には、右クリックを押してみるといいでしょう

「困ったときの右クリック」と覚えてください

 

マウスの操作方法④【ポイント】

目的の項目の上に、マウスポインターを合わせます
赤い○でかこまれた矢印が、マウスポインタ―です

マウスでポイント
  • ポイントした状態でクリックすると、「これに決めた!」という決定した状態になります
  • ポイントした状態でダブルクリックすると、「これに決めたので中身を確認します」という実行した状態になります
  • ポイントした状態で右クリックをすると、「ここで何ができるかな?」とメニューの確認ができる状態になります

 

マウスの操作方法⑤【ドラッグ】

左ボタンを押したまま、マウスを移動します
(マウスを滑らすという表現をする場合もあります)

マウスのドラッグ

「ここまで連れていきたい」という目的の場所までは、手を離さずに移動します

 

マウスの操作方法⑥【ドラッグ&ドロップ】

マウスの左ボタンを押したままマウスを移動し、目的の場所まで来たらボタンを押す手を離します

ドラッグアンドドロップ

 

インコハテナ
ドラッグ&ドロップの意味と操作方法 パソコンの操作で「ドラッグ」という操作は知っている方も多いかと思います。 では、「ドラッグ&ドロップ」という操作を...

 

マウスの操作方法⑦【スクロール】

ホイールを上下に回転させると、画面が上下に動きます

ホイールでスクロール

おわりに

マウス操作は、パソコンを操作する上では欠かせない基本になります。

マウス操作を覚えると、パソコンの操作が便利になります。

基本をきっちり覚えて、快適にパソコンを使いましょう!

マウスポインタ設定
マウスポインタが見つからない|みつけるための対処法【Windows10】 マウスポインタ―の矢印が見当たらない! どこにあるか分からない!? なんて経験はありませんか? パソコ...
Word範囲選択画像2
文字(フォント)の選択|範囲選択をする5つの方法 入力した文字を編集するときには、編集したい文字を選択(範囲選択)する必要があります。 そこで今回は、 ...