まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【Word】文字列を選択する5つの操作方法

Word範囲選択画像2
  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

ワードで文字列を選択する5つの基本的な範囲選択方法をお伝えしています。

入力した文字を編集するときには、編集したい文字を選択(範囲選択)する必要があります。

範囲選択は、入力するのと同じくらい大切な基本操作です。

そこで本記事では、ワードで文字列を選択する5つの操作方法を紹介します。

目次

ワードで文字列を選択する5つの方法

基本的な選択方法として、以下5つの選択のやり方を紹介します。

  • 特定の文字を選択する方法
  • 1行全部を選択する方法
  • 複数行を選択する方法
  • 離れた文字を選択する方法
  • Wo文書全体を選択する方法(ショートカットキー活用)
ちあき

それでは以下より手順を解説していきます。

特定の文字を選択する方法

編集したい文字を部分的に選択する方法になります。

 

①範囲選択した文字の前でクリックします。
(カーソルが表示されます)

範囲選択カーソル表示

②マウスをクリックしたまま文字をなぞるように右に移動(ドラッグ)し、選択したい場所まできたら手を離します(ドラッグ&ドロップ)。

文字のドラッグ

③グレーに色がついている部分が選択された文字になります。

文字単位の選択

1行全部を選択する方法

編集したい行を選択する方法になります。

 

①選択したい行の左横にマウスを置きます。

行選択ポイント

②マウスが白い矢印の形になったところでクリックをします。

行選択クリック

③グレーに色がついている部分が選択された行になります。

行選択完了

複数行を選択する方法

編集したい複数行を選択する方法になります。

 

①選択したい行の左横にマウスを置きます。

行選択ポイント

②マウスが白い矢印の形になったところでクリックをし、クリックしたまま下に移動(ドラッグ)します。
選択したい場所まできたら手を離します(ドラッグ&ドロップ

複数行の選択

③グレーに色がついている部分が選択された複数行になります。

複数行の選択完了

離れた文字を選択する方法

離れた場所にある文字を選択する方法になります。

 

①一つ目の文字を選択します。

離れた文字の選択

2つ目に選択したい文字を Ctrl キーを押しながら選択します。

複数文字の選択

③離れた文字の選択ができました。

離れた文字の選択完了

Ctrl キーを使う選択方法は、Word(ワード)以外の Officeソフトや、ファイル整理・フォルダー整理など様々なところで活用します。

Ctrlキーは「ここ、ここ、ここ」のように、「」の時に使うキーと覚えておきましょう。

Wo文書全体を選択する方法(ショートカットキー活用)

文書全体を選択するときには、ショートカットキーを使って選択するととても便利です。

「Ctrl キー A」 を同時に押します。

文書を開き、「Ctrl キー A」を同時に押と、文書全体が選択されます。

Ctrl+A選択

まとめ

ワードで文字列を選択する5つの基本的な範囲選択方法をお伝えしてきました。

5つの基本的な選択方法
  1. 特定の文字を選択する方法
  2. 1行全部を選択する方法
  3. 複数行を選択する方法
  4. 離れた文字を選択する方法
  5. Wo文書全体を選択する方法(ショートカットキー活用)

文書を編集するときには、必ず編集したい箇所を範囲選択します。

選択をしないと編集ができないので、効率のいい選択方法を覚えておきましょう。

Word範囲選択画像2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次