▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【Windows11】メールアプリでアカウントを新規設定する方法

Windows10/11には、Outlookとは別で標準搭載の「メール」というアプリがあります。

個人で普通に基本的なメールの送受信ができればいい人には、この「メール」アプリで十分。

手軽にメール管理をすることができるのでおすすめです。

そこで今回は、Windows10/11標準搭載の「メール」アプリにアカウントを設定する方法を紹介します。

目次

Windows10/11標準搭載の「メール」アプリとは?

「メール」アプリは、Windows10から標準搭載されている無料のメールアプリ

メールの送受信をするための基本的な機能は備わっているので、スマホのように「基本的にメールのやりとりができればいい」という人にはおすすめです。

また、Windows10以前から使われているマイクロソフトのOutlookメールだけでなく、その他の様々なメールアドレスを一括で管理できます。

  • 「outlook.com」や「hotmaill」などのマイクロソフトのフリーメールサービス
  • Exchange
  • Gmaill
  • iCloud
  • その他のアカウント(POP、IMAP)
  • プロバイダーメール

マイクロスフォトのフリーメールやGmailなどを設定するときは、メールアドレスとパスワードを入力するだけで簡単に設定することができます。

「メール」アプリにアカウントを設定する方法

メールアプリを起動し、メールの送受信ができるようにアカウントを設定してみましょう。

ちあき

ここではWindows11で説明していますが、Windows10でもやり方は同じです。

 

まずは「メール」アプリを起動します。

「スタート」⇒「メール」をクリックします。

②「メール」アプリが起動したら、「アカウントの追加」をクリックします。

マイクロソフトアカウントで設定する場合

ちあき

マイクロソフトアカウントでメール設定をするのが一番簡単です。

①一番上に表示されているマイクロソフトアカウントのメールアドレスをクリックします。

②「すべて完了しました」と表示されたら「完了」をクリックします。

以上で設定か完了です。

Outlookの個人メールアドレスを新規で作成したい場合

ちあき

Outlookの個人メールアドレスを新規で作成することも可能です。

「無料アカウントを作成」をクリックします。

②お好きなメールアドレスを作成し、「次へ」をクリックします。

③お好きなパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

あらかじめマイクロソフトアカウントで「メール」を設定している場合、このあと複数の指示が表示されます。

  • 「アカウントでのWindows Helloの使用」⇒「OK」
  • 「ユーザーを確認しています」⇒指示に従いPINコード等の入力

その都度退所していけば問題なくメールアドレスを作成することができます。

④「すべて完了しました」と表示されたら「完了」をクリックします。

以上で設定か完了です。

「Gmaill」や「iCloud」で設定する場合

「Gmaill」や「iCloud」で設定する場合でも、基本的にやり方は同じです。

設定したいメールサービスをクリックし、指示に従い入力をしていきます。

「Google」をクリックし指示に従います。

「iCloud」をクリックし、指示に従います。

ちあき

比較的「Gメール」で設定する人が多い印象です。

その他のメールアドレスで設定したい場合

その他のアカウント

表示されている以外のメールアドレスで設定したい場合は、その他のアカウントから設定することができます。

詳細設定

プロバイダーメールは詳細設定から設定します。

ちあき

プロバイダーメールを設定するときは、事前にプロバイダー契約をしたときの書類等を準備しておきましょう。

おわりに

Windows10/11標準搭載の「メール」アプリにアカウントを設定する方法を紹介してきました。

Windows10以前からあるOutlookメールを私用していた人には逆に使いにくく感じるかもしれない「メール」アプリですが、使ってみると単純なので意外に簡単です。

まだWindowsでメール設定をしたことがない人なら、この「メール」アプリの方が簡単だと思います。

試しに使ってみてくださいね。

目次
閉じる