▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【シンプルで初心者向き】Windowsメールアプリの画面構成

Windowsに標準搭載されているメールアプリは、手軽にメールの送受信を行うことができる初心者向きのアプリ。

画面も非常にシンプルな上に、しかも複数アカウントを一括で管理することが可能です。

Outlookメールのように「多くの機能は必要ないよ」という人にはおすすめです。

そこで今回は、Windowsメールアプリの画面構成を紹介します。

目次

メールアプリの画面構成

メールアプリを起動し、まずは「展開」をクリックしましょう。

 

展開したあとの画面構成を①~⑦の順に解説します。

Windowsメールアプリ画面構成
  1. メールの新規作成
  2. アカウント選択
  3. フォルダー一覧
  4. 設定
  5. 検索ボックス
  6. メッセージ一覧
  7. 閲覧ウインドウ

①メールの新規作成

メールの新規作成をすることができます。

クリックすると画面右側の閲覧ウインドウ部分に、メール作成画面が表示されます。

アカウントの選択をしていない場合は、自動的に一番上に表示してあるアカウントのメールアドレスで新規メールを作成することになります。

②アカウント選択

例えば新規でメール作成をするときなど、どのメールアドレスで送信するかなどを選ぶことができます。

選択しない場合は、自動的に一番上のアカウントで作業をすることになります。

③フォルダー一覧

「受信したメール」や「まだ送信していない下書き状態のメール」、「送信したメール」などを確認することができます。

④設定

メールアプリで何か困ったときは、とりあえず「設定」を開いてみましょう。

アカウントの追加や、アカウントの順番の入れ替えなども設定から行います。

⑤検索ボックス

「受信メールが多く目的のメールを探すのが大変」というときには、検索ボックスにキーワードを入力してみましょう。

キーワードに一致したメールを抽出してくれます。

⑥メッセージ一覧

メッセージの一覧が表示されます。

アカウントごとにメッセージを確認したり、全てのアカウントを同期して全部のメッセージを確認することも可能です。

⑦閲覧ウインドウ

送受信したメールをクリックすると、画面右側の閲覧ウインドウに表示されます。

おわりに

Windowsメールアプリの画面構成を紹介してきました。

非常にシンプルで使いやすいと思います。

まだ利用したことがない人も、まずは一つアカウントを設定してみてはいかがでしょうか。

目次
閉じる