まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

Windows11でデスクトップに【設定】のショートカットアイコンを作る方法

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

おかっぱちゃん

いちいち面倒なので、デスクトップにショートカットアイコンを作っておきたい。

Windows11では【設定】を開いて操作をすることが多いですよね。

【設定】の開き方は数通りありますが、面倒な人はデスクトップ画面にショートカットアイコンを作っておくとらくちんです。

 

そこで今回は、Windows11でデスクトップに【設定】のショートカットアイコンを作る方法を紹介します。

また、「タスクバーにピン留めする方法」もあわせて紹介しちゃいます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事でわかること
  • Windows11でデスクトップに「設定」のショートカットアイコンを作る方法
  • Windows11で「設定」をタスクバーにピン留めする方法
目次

デスクトップ画面に【設定】のショートカットアイコンを作る方法

Windows11では、すべてのアプリから【設定】を表示し、デスクトップ画面上にドラッグするだけでショートカットアイコンを作ることができます。

ちあき

以下の手順でショートカットアイコンを作成しましょう。

 

➀まずは、すべてのアプリから「設定」を表示します。

デスクトップ画面に「設定」のショートカットアイコンを作る方法は、すべてのアプリから「設定」を表示

「設定」をデスクトプ画面にドラッグします。

「設定」をデスクトプ画面にドラッグ

③デスクトップ画面に「設定」のショートカットアイコンが作成されます。

デスクトップ画面に「設定」のショートカットアイコンが作成

タスクバーに「設定」をピン留めする方法

タスクバーに「設定」をピン留めしておけば、必要な時には簡単に開くことができます。

ピン留めは必要ないときには外すこともできるので、こちらの方法も知っておくと便利でしょう。

 

➀「スタート」ボタンをクリックし、ピン留め済みのアプリの「設定」を右クリックします。

タスクバーに「設定」をピン留めする方法

②表示されたメニューから「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

メニューから「タスクバーにピン留めする」をクリック

電源ボタン横に「設定」ボタンを表示させておくには

Windows10では電源ボタンの上に「設定」が表示してありましたよね。

おかっぱちゃん

Windows10みたく、電源ボタンの横に【設定】ボタンを表示しておきたい。

こんな方は、Windows11でも電源ボタンの横に「設定」ボタンを表示させることが可能です。

Windows11では、電源ボタンの横に「設定」ボタンを表示させることが可能
ちあき

設置の方法は、下記ページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

おわりに

「Windows11でデスクトップに【設定】のショートカットアイコンを作る方法」と「タスクバーにアイコンを設置する方法」を紹介してきました。

【設定】を開くのを、少しでも簡単にしたい人は参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次