MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

87時間のビッグセール!Amazonタイムセール祭り9/24(土)9:00~9/27(火)23:59開催▶check

【Windows11】デスクトップにシャットダウンや再起動のショートカットを作る方法

先日、Windows10からWindows11にグレードアップした人から、Windows11の電源ボタンが分かりにくいと相談がありました。

相談をしてきた方は、Windows10を使い始めた矢先にWindows11になってしまい、かなり戸惑っていた様子。
そこで、デスクトップ画面上に「シャットダウン」や「再起動」のショートカットを作成して対応してみました。

Windows11「シャットダウン」「ログオフ」「再起動」のショートカット

デスクトップ画面に 「シャットダウン」や「再起動」 のショートカットがあれば、ダブルクリックでパソコンを終了することができるので電源ボタンが分かりにくいという人にはおすすめです。

ここでは、「シャットダウン」「ログオフ」「再起動」のショートカットをデスクトップ作る方法を紹介します。

ちあき

Windows10でもWindows11でもやり方は同じですが、Windows10での操作方法は別に記事を用意しました。
以下のページをを参考にしてください。

目次

Windows11でデスクトップに「シャットダウン」のショートカットを作る方法

以下の手順でデスクトップに「シャットダウン」のショートカットを作成します。

①デスクトップ画面上で右クリックをし、「新規作成」⇒「ショートカット」の順にクリックします。

デスクトップ画面上で右クリックをし、「新規作成」⇒「ショートカット」の順にクリック

②ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に
shutdown -s -f -t 0
と入力し、「次へ」をクリックします。

ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、「 shutdown -s -f -t 0 」と入力し、「次へ」をクリック

③「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「シャットダウン」と入力し、「完了」をクリックします。

「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「シャットダウン」と入力し、「完了」をクリック

④「シャットダウン」のショートカットが作成されます。

「シャットダウン」のショートカットが作成

「シャットダウン」のショートカットアイコンを変更する方法

このままでもシャットダウンのボタンとして使えますが、見た目が分かりにくいのでアイコンを変更します。

以下の手順で「シャットダウン」のショートカットアイコンを変更します。

①作成した「シャットダウン」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

作成した「シャットダウン」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリック

「アイコンの変更」をクリックします。

「アイコンの変更」をクリック

③注意が表示されますが、ここは「OK」をクリックで大丈夫です。

注意が表示されますが、ここは「OK」をクリック

好きなアイコンを選び、「OK」をクリックします。

好きなアイコンを選び、「OK」をクリック

⑤プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリックします。

プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリック

⑥「シャットダウン」のショートカットアイコンが変更されます。

「シャットダウン」のショートカットア

Windows11でデスクトップに「ログオフ」のショートカットを作る方法

以下の手順でデスクトップに「ログオフ」のショートカットを作成します。

①デスクトップ画面上で右クリックをし、「新規作成」⇒「ショートカット」の順にクリックします。

②ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、
shutdown -l – f
と入力し、「次へ」をクリックします。

ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、「 shutdown -l - f」と入力し、「次へ」をクリック

③「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「ログオフ」と入力し、「完了」をクリックします。
※「サインアウト」と入力してもいいと思います。

「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「ログオフ」と入力し、「完了」をクリック

④「ログオフ」のショートカットが作成されます。

「ログオフ」のショートカットが作成

「ログオフ」のショートカットアイコンを変更する方法

このままでもログオフのボタンとして使えますが、見た目が分かりにくいのでアイコンを変更します。

以下の手順で「ログオフ」のショートカットアイコンを変更します。

①作成した「ログオフ」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

作成した「ログオフ」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリック

「アイコンの変更」をクリックします。

「アイコンの変更」をクリック

③注意が表示されますが、ここは「OK」をクリックで大丈夫です。

注意が表示されますが、ここは「OK」をクリックで大丈夫

好きなアイコンを選び、「OK」をクリックします。

好きなアイコンを選び、「OK」をクリック

⑤プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリックします。

プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリック

⑥「ログオフ」のショートカットアイコンが変更されます。

「ログオフ」のショートカットアイコンが変更

Windows11でデスクトップに「再起動」のショートカットを作る方法

以下の手順でデスクトップに「再起動」のショートカットを作成します。

①デスクトップ画面上で右クリックをし、「新規作成」⇒「ショートカット」の順にクリックします。

デスクトップ画面上で右クリックをし、「新規作成」⇒「ショートカット」の順にクリック

②ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、
shutdown -r -f -t 0
と入力し、「次へ」をクリックします。

ショートカットの作成が表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、「 shutdown -r -f -t 0」と入力し、「次へ」をクリック

③「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「再起動」と入力し、「完了」をクリックします。

「ショートカットの名前を入力してください」の欄に「再起動」と入力し、「完了」をクリック

④「再起動」のショートカットが作成されます。

「再起動」のショートカットが作成

「再起動」のショートカットアイコンを変更する方法

このままでも再起動のボタンとして使えますが、見た目が分かりにくいのでアイコンを変更します。

以下の手順で「再起動」のショートカットアイコンを変更します。

①作成した「再起動」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

作成した「再起動」のショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリック

「アイコンの変更」をクリックします。

「アイコンの変更」をクリック

③注意が表示されますが、ここは「OK」をクリックで大丈夫です。

注意が表示されますが、ここは「OK」をクリックで大丈夫

好きなアイコンを選び、「OK」をクリックします。

好きなアイコンを選び、「OK」をクリック

⑤プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリックします。

プロパティの画面に戻るので、「OK」をクリック

⑥「再起動」のショートカットアイコンが変更されます。

「再起動」のショートカットアイコンが変更

まとめと注意点

「シャットダウン」「ログオフ」「再起動」のショートカットをデスクトップ作る方法を紹介してきました。

入力するコマンド

シャットダウン

shutdown -s -f -t 0

ログオフ

shutdown -l -f

再起動

shutdown -r -f -t 0

上記コマンドをコピペすればOKですが、もしも手入力するときには注意が必要です。

シャットダウン ⇒ shutdown△-s△-f△-t△0
ログオフ ⇒ shutdown△-l△-f
再起動 ⇒ shutdown△-r△-f△-t△0

△の部分には半角スペースが入力されています。
手入力をするときにはお気を付けくださいね。

目次