毎日お得!Amazonタイムセール▶CHECK!

【Windows11】タスクバーに「コントロールパネル」をピン留めする方法

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

Windowsでは「コントロールパネル」で設定を行うことがよくあります。

もしも「コントロールパネル」を使う機会が多い場合は、タスクバーにピン留めをしておくと便利です。

そこで本記事ではWindows11でタスクバーに「コントロールパネル」をピン留めする方法を紹介します。

ちあき

ここではWindows11で解説しますが、Windows10など、Windows全般で操作できます。

目次

タスクバーに「コントロールパネル」ピン留めをする方法

タスクバーにピン留めをしておきたいときには、一度「コントロールパネル」を起動してから行います。。

 

➀最初にコントロールパネルを起動します。

タスクバーにピン留めをしておきたいときには、一度「コントロールパネル」を起動

コントロールパネルの開き方は以下の記事を参考にしてください。

タスクバーに表示された「コントロールパネル」のアイコンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

タスクバーに表示された「コントロールパネル」のアイコンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」をクリック

③コントロールパネルを閉じても、タスクバーに「コントロールパネル」が表示されたままになります。

コントロールパネルを閉じても、タスクバーに「コントロールパネル」が表示されたままになります

もしもタスクバーにいらなくなった場合は、タスクバーのアイコンを右クリックし、「タスクバーからピン留めを外す」をクリックすると簡単に外すことができます。

スタートメニューに「コントロールパネル」をピン留めすることも可能

よく使うアプリ同様、スタートメニューにピン留めをしておくことも可能です。

スタートメニューにピン留めをするには、エクスプローラーから「コントロールパネル」を表示して行います。

 

エクスプローラーから表示した「コントロールパネル」を右クリックし、表示されたメニューから「スタートメニューにピン留めする」をクリックします。

エクスプローラーから表示した「コントロールパネル」を右クリックし、表示されたメニューから「スタートメニューにピン留めする」をクリック

コントロールパネルの開き方は以下の記事を参考にしてください。

②スタートメニューにピン留めされます。

スタートメニューにピン留め

おわりに

Windows11でタスクバーに「コントロールパネル」をピン留めする方法を解説してきました。

スタートメニューに「コントロールパネル」をピン留めすることも可能ですので、スタートメニューから「設定」などをよく開いてる人はこちらの方法も便利ですよ。

ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次