パソコン基礎

スタート画面の構成と名称【Windows10】初心者基礎

スタート画面の各名称

Windows10 のスタート画面の見方が分からない方が結構います。

 

そこで今回は、

パソコン初心者の基礎でもあるスタート画面の構成と名称をお伝えしていきます。

 

スタート画面とは

画面左下の 「スタートボタン」

スタートボタン

このボタンをクリックして表示される画面を「スタート画面」といいます。

スタート画面

自分のパソコンの全てのソフトが、ここに集約されています。

 

スタート画面の構成と名称

「スタート画面」の構成と名称についてお伝えしていきます。

➀展開メニューを展開します
④~⑧はアイコンだけの表示になっていますが、「展開」をクリックすると、④~⑧が表示されます
②よく使うアプリよく使用しているアプリが表示されます
③アプリ一覧パソコン内にあるすべてのアプリが表示されます
④ユーザーアカウントパソコンの所有者名が表示されます
マイクロソフトアカウントの設定もここで行います
⑤ドキュメントドキュメントフォルダが表示されます
⑥ピクチャピクチャフォルダが表示されます
⑦設定パソコンの各種設定を行います
電源設定や、更新、インターネットの設定なども、ここから行うことができます
⑧電源電源を切る、再起動するなど電源に関する操作を行うときに使用します
⑨タイルパソコン内にあるアプリが画像で表示されます
自分の好みでカスタマイズすることができます
⑩検索ボックス音声アシスタントの他、インターネットの検索や、パソコン内のソフトやファイルを検索するときに使用します

 

ちめも
ちめも
自分のパソコンで、各名称を確認してみてください

 

アプリ一覧-「アプリの頭文字」から簡単にアプリを見つける方法

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
アプリってたくさんありすぎて目的のアプリを見つけるのが大変

アプリはたくさんありすぎて、目的のアプリを見つけるのも一苦労だったりします。

そんな時に便利なのが、アプリの頭文字から簡単にアプリを見つける方法です。

 

例えば、Word(ワード)を見つけるには「W」の頭文字で見つけることができます。

 

「♯」記号をクリックします

②アプリ一覧の表示が変更になります

③Word(ワード)の頭文字である「W」をクリックすると、Word(ワード)のある「W」の場所まで、一気にジャンプすることができます

ちめも
ちめも
アプリを探す手間が省けるので、ぜひ実行してみてください

 

おわりに

パソコン初心者の基礎でもあるスタート画面の構成と名称をお伝えしてきました。

なんとなくでも使いながら覚えていければそれでいいと思います。

どんどん使っていきましょう!