【Windows10】デスクトップ画面にショートカットアイコンを作成するかんたんな方法

ショートカットアイコンとデスクトップ画面

Windows10で、デスクトップ画面にショートカットアイコンを作成するかんたんな方法をお伝えします。

デスクトップの上にある画像。

この画像を、「ショートカットアイコン」といいます。

Windows10では、このショートカットアイコンをとても簡単に作ることができます。

※ここで紹介している方法は、パソコンにすでにインストールされているアプリでショートカットアイコンを作る方法です。

この記事でわかること

  • アイコンとは
  • ショートカットアイコンとは
  • デスクトップ画面にショートカットアイコンを作る方法

目次

アイコンとは

おかっぱちゃん
そもそも、アイコンって?

アイコンとは、ワードやエクセルなどのソフトウェアや、ファイルの内容などを小さな絵柄で表現した物です。

スマートフォンの絵柄が良い例ではないでしょうか?

  1. 電話の絵柄→電話ができる
  2. メールの絵柄→メールができる
  3. カメラの絵柄→写真が撮れる

何を操作したいのか、見分けやすくなっています。

 

ショートカットアイコンとは

おかっぱちゃん
じゃあ、ショートカットアイコンって?

 

ショートカットアイコンとは、近道をするためのアイコンのことです。

ちめも
近道をするためのボタンだと思ってください

 

よく使うソフトウェアやフォルダを、すぐに起動させることができます。

ショートカットアイコン

これはソフトウェアやファイルそのものではなく、あくまで近道をするためのボタンの役割なので、削除してもパソコンの中からなくなるわけではありません。

必要になったらショートカットアイコンはいくらでも作成できますし、必要がなくなれば削除をして消してしまっても問題ありません。

 

デスクトップ画面にショートカットアイコンを作る方法

Windows10でデスクトップ上にショートカットアイコンを作るのはとても簡単です。

ドラッグ&ドロップするだけで作れちゃいます!

 

①スタートボタンをクリックし、スタート画面を表示します。

スタート画面PC

 

②ショートカットアイコンにしたいソフトウェアなどを選択します。

スタート画面拡大

 

③選択したソフトウェア等にマウスのカーソルをあわせ、マウスの左側のボタンを押したままの状態でデスクトップ画面の上まで移動し、デスクトップ上まで移動したらマウスから手を離します。
(ドラッグ&ドロップの方法です)

ショートカット作成

 

④この方法で、いくつでもショートカットアイコンを作成することができます。

ショートカットアイコンとデスクトップ画面

 

あわせて読みたい
【ドラッグ&ドロップってどんな操作?】意味とやり方|パソコン初心者 ドラッグ&ドロップの意味とやり方についてお伝えしています。 パソコンの操作で「ドラッグ」という操作は知っている方も多いかと思います。 では、「ドラッグ&ドロッ...

 

まとめ

Windows10で、デスクトップ画面にショートカットアイコンを作成するかんたんな方法をお伝えしてきました。

今回お伝えした内容

  1. アイコンとは、ワードやエクセルなどのソフトウェアや、ファイルの内容などを小さな絵柄で表現した物
  2. ショートカットアイコンとは、近道をするためのアイコンのこと
  3. ショートカットアイコンは近道をするためのボタンの役割なので、削除してもパソコンの中からなくなるわけではない
  4. ショートカットアイコンは、必要になったらいくらでも作成できますし、必要がなくなれば削除をして消してしまっても大丈夫
  5. ショートカットアイコンの作り方は、作りたいソフトウェア等をデスクトップ画面にドラッグ&ドロップするだけ

Windows10はとても簡単にショートカットアイコンが作成できます。

ぜひチャレンジしてみてください!

ただし今回お伝えした内容は、パソコン内アプリのショートカットアイコンを作成する方法です。

Webサイトのショートカットアイコンを表示させたい場合は、以下のページを参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
WebサイトのショートカットアイコンをPCのデスクトップ画面に貼る方法 Webサイトのショートカットアイコンを、パソコンのデスクトップ画面に貼る方法をお伝えしています。 PCにインストールしてあるワードやエクセルなどのアプリなら、簡単...

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる