パワーポイント

パワーポイント|余白なしで印刷する方法

PowerPoint(パワーポイント)のスライドを印刷をすると、余白部分が広くなってしまいます。

POPやチラシなどの印刷では、余白なしで印刷をしたいときもあります。

 

そこで今回は、

PowerPoint(パワーポイント)のスライドを余白なしで印刷する方法をお伝えしていきます。

 

PowerPointで余白を狭くするための用紙設定

例として、

パワーポイントのスライドをA4縦向きに設定し、余白なしで印刷する方法をお伝えしていきます。

PowerPoint
パワーポイントのスライドを「A4サイズ」 や「縦向き」にする方法 PowerPoint(パワーポイント)を開くと、16:9のワイド画面で表示されます。 このままでも使うこと...

 

PowerPoint(パワーポイント)での用紙設定は、実際の用紙サイズよりやや小さく設定されています。

用紙のふちギリギリまで印刷したいと思って作成していても、実際の印刷では余白ができてしまいます。

用紙のふちギリギリまで印刷したい場合は、実際の用紙サイズに合わせて「幅」と「高さ」を変更する必要があります。

 

 

「A4サイズ」の「縦向き」を実際の用紙サイズに合わせて「幅」と「高さ」を変更していきます。

 

 

①「スライドのサイズ」ダイアログボックスで、「A4サイズ」「縦向き」に設定します。

↓ 実際のA4用紙サイズより、幅と高さがやや小さいのが確認できます

 

「幅 21cm」「高さ 29.7cm」に変更します。

↓ スライドのサイズ指定は自動的に「ユーザー設定」に変更になります

 

「サイズに合わせて調整」をクリックします。

 

⑤印刷プレビューで余白が狭くなっていることが確認できます。

 

PowerPointで余白なしで印刷するには

用紙設定で余白は狭くなりましたが、まだ少し余白があります。

余白なしで印刷をするには、プリンター側の「フチなし印刷」に頼りましょう。

 

※ここではCannonプリンターでの設定をお伝えします。

「ファイル」→「印刷」をクリックします。

 

「プリンターのプロパティ」をクリックします。

ppt印刷画面の図

 

「フチなし全面印刷」にチェックをし、「OK」をクリックします。

Cannonフチなし全面印刷画面の図

「フチなし全面印刷」をクリックしたら「選択する用紙の種類」画面が表示されたときは、該当する用紙を選択して次に進みましょう。

フチなし注意画面

普通紙では推奨しないだけなので、普通紙を選択したとしても次に進むことはできます。

 

 

⑤印刷プレビュー画面でフチなしになったことが確認できます。

 

フチなし印刷設定をするとき

Cannonプリンター「フチなし全面印刷」にチェックをする
EPSONプリンター「四辺フチなし」にチェックをする
brotherプリンター「ふちなし印刷」にチェックをする

各プリンターで表示が違いますが、やり方は大体同じです。

 

まとめ

PowerPoint(パワーポイント)のスライドを余白なしで印刷する方法をお伝えしてきました。

  1. 用紙設定をする
  2. プリンター側で余白なしにする

この方法で余白なしで印刷をすることができます。

お試しください。

パワーポイントで2枚を1枚に|余白を小さく1枚の用紙に2枚分印刷する方法 PowerPoint(パワーポイント)で書類を作成した時、1枚の用紙に2枚にして印刷したいときはないですか? 例え...