まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

パワーポイントで2枚を1枚にまとめたい!配布資料印刷のやり方

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

パワーポイントで、2枚のスライドを1枚にまとめて印刷したいときがあります。

そんなときは、印刷設定で「配布資料印刷」にすると、簡単に2枚のスライドを1ページにまとめることができます。

そこで本記事では、パワーポイントの「配布資料機能」を利用して、2枚を1枚にまとめて印刷する方法を紹介します。

ちあき

これからご紹介する方法では、Cannonプリンターを使って印刷する方法ですが、その他のプリンターでも同じような機能がありますので参考にしてみてください。

目次

パワーポイントで2枚を1枚にまとめたい!配布資料印刷のやり方

パワーポイントの「配布資料機能」を利用して、2枚を1枚にまとめて印刷します。

 

例として、スライド2枚を使って次のようなチラシを作成しました。

 作成した2枚のチラシを、以下のように1枚にまとめて印刷する手順を解説していきます。

 

「配布資料機能」を使った手順は以下になります。

「ファイル」→「印刷」をクリックし印刷画面を表示します。

「フルページサイズのスライド」→「2スライド」をクリックします。

2枚のスライドを1枚の用紙に印刷される設定に変更になります。

ちあき

あとは「印刷」をクリックして印刷しましょう。

【2枚を1枚にまとめて印刷】用紙に対してスライドのサイズが小さいときは

用紙に対してスライドのサイズが小さい場合は、多少大きくすることができます。

 

「2スライド」→「用紙に合わせて拡大/縮小」をクリックします。

②スライドの印刷サイズが多少大きくなります。

ちあき

比較すると少し大きくなっていることが分かります。

1枚目のスライドだけを2枚分印刷するには

スライドが2枚以上あった場合でも、その中の1枚目のスライドだけを1枚の用紙に2枚分印刷したい場合があります。

そこで、1枚目のスライドだけを2枚分印刷する手順を紹介します。

 

1枚目のスライドだけを2枚分印刷する手順は以下になります。

「ファイル」→「印刷」をクリックし印刷画面を表示します。

スライド指定に「1,1」と入力します。
(「1枚目と1枚目を印刷してね」という意味になります)

「フルページサイズのスライド」→「2スライド」をクリックします。

1枚目のスライドだけを1枚の用紙に2枚分印刷する設定に変更になります。

ちあき

あとは「印刷」をクリックして印刷しましょう。

1ページに4枚分印刷することも可能

1枚の用紙に2枚分以上の設定も可能です。

「印刷」→「配付資料」より、1枚の用紙に配置したい枚数をクリックします。

例えば、4枚配置したいときは次のようにクリックします。

  • 「4スライド(横)」または「4スライド(縦)」

用紙の方向は、横か縦を選ぶことで変更することができます。

ぜひお試しください。

まとめ

パワーポイントの「配布資料機能」を利用して、2枚を1枚にまとめて印刷する方法を紹介してきました。

「配布資料機能」は、2枚を1枚にまとめて印刷するときの、一番簡単で基本のやり方です。

ぜひ覚えておきましょう。

手元に1冊おすすめ本
著:井上香緒里, 著:できるシリーズ編集部
¥1,168 (2023/04/20 08:40時点 | Amazon調べ)

こちらの本は「Kindle Unlimited 」会員なら無料で読むことができます。
30日間の無料体験中でも同じように利用することができるので、無料で読んでみたい方は無料体験に登録をするといいですよ。

▶Kindle Unlimitedで無料で読んでみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次