【4月19日9:00-22日23:59まで】AmazonスマイルSALE>>CHECK!

【すべて無料】当サイトで実際に導入しているプラグイン14選

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

プラグインって何を入れたらいいの?

「WordPressブログを始めたらプラグインの導入しましょう」

といっても、何を導入したらいいのか分かりませんよね。

 

そこで、当サイトで実際に利用しているプラグイン14個を紹介します。

ちなみに、ここで紹介するプラグインは全て無料で利用できますよ。

 

プラグインはテーマによって導入が異なる場合があります。
当サイトで利用しているテーマはSWELLですので、テーマによっては相性が悪い場合がるかもしれません。
SWELL以外の方は、プラグイン導入の参考にしていただけると幸いです。

>>>SWELL導入手順はこちら

 

目次

SWELLではほぼ必須なプラグイン

ちあき

SWELLを導入したらまずはこれ!

SEO SIMPLE PACK(SEO対策)

SEO SIMPLE PACK

必要最低限な機能だけが搭載されているシンプルなSEOプラグイン。

SWELLと同じ開発者が作っています。

テーマにSWELLを使っている人は必須のプラグインです。

おすすめプラグイン8個

ちあき

ここでは、おすすめのプラグインを8個紹介します。
あまりプラグインを導入したくない人でも、こちらの8個は検討してみてくださいね。

WP Multibyte Patch(文字化け対策)

WP Multibyte Patch

日本語のようなマルチバイト文字を英語が標準のWordPressで使う際に、文字化けなどの不具合が起こらないようにするためのプラグイン。

UpdraftPlus(ブログデータのバックアップ)

UpdraftPlus

WordPressのデータをバックアップできるプラグイン。

バックアップできるプラグインはたくさんありますが、わたしはこれが使いやすいです。

無料版ではバックアップの時間指定などは出来ませんが、個人的には問題なしです。

XML Sitemap & Google News(検索エンジン向けのサイトマップ)

Googleロボット(検索エンジン)向けのサイトマップを自動で作成・通知するプラグイン。

SEO的にも導入必須といえます。

WP Sitemap Page(読者向けのサイトマップ)

HTMLサイトマップ(読者向け)を自動で生成してくれるプラグイン。

こちらも導入必須のプラグインです。

WPForms Lite(お問合せフォーム)

WPForms Lite

問い合わせフォームを作成するプラグイン。

直感的に操作できるので、初心者向きだと思います。

Pochipp(商品リンク作成)

Pochipp

Amazonや楽天の商品リンクを簡単に作成できるプラグイン。

使い方も簡単で、初心者向きなプラグインです。

物販アフィリエイトを考えている方に特におすすめです。

WP Revisions Control(リビジョン対策)

WP Revisions Control

放っておくと無尽蔵に増えてしまう恐怖のリビジョンデータを簡単に制限できるプラグイン。

わたしも気付くと10個以上のリビジョンなんてざらだったのですが、このプラグインを導入したことで解消しました。

マメじゃない人こそ導入しておけば間違いないかと思います。

Wordfence Security(セキュリティ対策)

Wordfence Security

SWELL開発者の了さんが利用しているプラグイン。

「とりあえず入れとけば安心だ」とよく聞くので、わたしも真似てこちらを導入しました。

reCaptcha v3も簡単に導入できますし、必要であれば二段階認証も利用できるので、セキュリティ系としては十分だと思います。

その他あると便利なプラグイン3個

ちあき

ここでは、個人的に便利で利用しているプラグインを3個紹介します。

Broken Link Checker(リンク切れ対策)

Broken Link Checker

ブログ内のリンク切れをチェックするプラグイン。

「Broken Link Checker 重い」という検索ワードも見かけますが、個人的には重いと感じたことはありません。

リンク切れはマイナスの読者にもSEO的にもマイナスなので、導入しておいてももいいかもしれません。

Useful Blocks(ブロック装飾)

Useful Blocks

ブログを装飾するブロックプラグイン。

ちょっとおしゃれな装飾がしたい人におすすめです。

わたしは有料版を購入しましたが、無料版でも十分だと思います。

Intuitive Custom Post Order(記事の入れ替えができる)

Intuitive Custom Post Order

WordPressの管理画面上で入れ替えたい記事をドラッグ&ドロップすることで、任意の場所に変更できるプラグイン

「この記事はこの記事の上がいいな」などの時に入れ替えています。

意外と便利です。

必要かは自己判断のセキュリティ系プラグイン2個

ちあき

セキュリティ系は、「Wordfence Security」だけで十分ではありますが、わたしはその他に2個のセキュリティ系プラグインを導入しています。

WPS Hide Login(セキュリティ対策・ログインURLの変更)

WPS Hide Login

WordPressのログインURLを変更できるプラグイン。

WordPressはドメインの末尾に[wp-admin/]と入力すると、ログイン画面が開きます。

これを防ぐために、[wp-admin/]部分を変更するプラグインを導入しています。

念のためなので、どうしても必要というわけではありません。

Ad Invalid Click Protector(アドセンス狩り対策)

Ad Invalid Click Protector

アドセンス広告をたくさんクリックしてくる相手に対し、広告を非表示とするためのプラグイン。

Googleアドセンスを利用していない人には関係ないので、Googleアドセンスに合格したら導入を検討すればいいかと思います。

当サイトが実際に導入しているプラグイン14個まとめ

当サイトで実際に導入している14個のプラグインを紹介してきました。

 

おすすめプラグイン9個

プラグイン効果説明
SEO SIMPLE PACKSEO対策・必要最低限な機能だけが搭載されているシンプルなSEOプラグイン
・SWELLでは必須
WP Multibyte Patch文字化け対策日本語のようなマルチバイト文字を英語が標準のWordPressで使う際に、文字化けなどの不具合が起こらないようにするためのプラグイン
UpdraftPlusブログデータのバックアップWordPressのデータをバックアップできるプラグイン
XML Sitemap & Google News検索エンジン向けのサイトマップ・Googleロボット(検索エンジン)向けのサイトマップを自動で作成・通知する
・SEO対策・XMLサイトマップ作成
WP Sitemap Page読者向けのサイトマップHTMLサイトマップ(読者向け)を自動で生成してくれるプラグイン
WPForms Liteお問合せフォーム問い合わせフォームを作成するプラグイン
Pochipp商品リンク作成Amazonや楽天の商品リンクを簡単に作成できるプラグイン
WP Revisions Controlリビジョン対策放っておくと無尽蔵に増えてしまう恐怖のリビジョンデータを簡単に制限できるプラグイン
Wordfence Securityセキュリティ対策「とりあえず入れとけば安心」のセキュリティ系プラグイン

あると便利なプラグイン3個

プラグイン効果説明
Broken Link Checkerリンク切れ対策ブログ内のリンク切れをチェックするプラグイン
Useful Blocks装飾・デザインブログを装飾するブロックプラグイン
Intuitive Custom Post Order
記事の順番を入れ替えるWordPressの管理画面上で入れ替えたい記事をドラッグ&ドロップすることで、任意の場所に変更できるプラグイン
(入れ替えを行わない場合は必要なし)

必要かは自己判断のセキュリティ系プラグイン2個

プラグイン効果説明
WPS Hide Loginセキュリティ対策・ログインURLの変更WordPressのログインURLを変更できるプラグイン
Ad Invalid Click Protectorアドセンス狩り対策アドセンス広告をたくさんクリックしてくる相手に対し、広告を非表示とするためのプラグイン

 

ちあき

プラグインは少ない方がいいです。
とりあえず必要最小限からスタートしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次