雑談

【iPhone】と【Android】いまさら聞けないスマートフォンとは | スマートフォンの種類と違い

 

あなたのスマートフォンは「iPhone」ですか?

それとも「Android」ですか?

と聞かれたときに、「?・・スマートフォンです」と答えちゃう方もいます。

 

今回は、

いまさら聞けないスマートフォンとは、スマートフォンの種類、【iPhone】と【Android】の違いについてお伝えしていきます。

 

スマートフォンとは

スマートフォンという言葉は、

  • ●スマート・・・賢い、洗練されたなどの意味
  • ●フォン・・・電話

という意味を持っています。

この二つの言葉を合わせると、「賢い電話」ということになります。

つまりスマートフォンとは、賢い電話ということになります。

スマートフォンとは、多機能携帯とも表現され、従来の携帯電話(ガラケーと呼ばれているもの)と同じ機能を使いながら、パソコンの機能も同時に使える賢い電話ということになります。

 

スマートフォンの特徴

1.画面が大きい

従来の携帯電話に比べると、画面が大きいものが多いため、何を見るにしても見やすいです。

 

2.タッチ操作

銀行のATMのように、指で触って操作するタッチパネル式になっています。

なので、操作が簡単です。

 

3.パソコンと同じように使えるので、インターネットが快適

画面が大きいため、インターネットを閲覧すること自体が快適になりました。

またインターネトが快適なだけでなく、パソコンと同じようにメールの送受信や文書の作成、写真やビデオの撮影と閲覧などもできます。

もちろん、パソコンと同じように動画の視聴もできます。

パソコンでできることの多くは、スマートフォンでもできるようになりました。

 

4.アプリの追加ができる

スマートフォンの最大の特徴は、アプリが追加できることです。

従来の携帯電話では、もともとの機能以外に機能を増やすことはできませんでした。
もし、もっと機能を増やしたい場合は、携帯電話そのものを買い替えるしかありませんでした。

しかしスマートフォンは、アプリを追加することで、買い替えなくても機能を増やすことができます。
しかもアプリのほとんどは無料で追加をすることができます。
有料だとしても数百円のものがほとんどです。

なぜアプリは無料で追加できるのか!?

アプリが無料で追加できる理由は、企業がスポンサーになっているからです。

無料で追加したアプリは、画面の上下などにスポンサー企業の広告が表示されたり、アプリの使用前や途中に、15秒~30秒ほどのCMがはいったりします。

アプリを追加するには、画面上にお店の役割をしたアイコンがりますので、そのアプリから追加をします。

  • ●iPhoneの場合はApp store
  • ●Androidの場合はplay store

 

アプリとは

アプリとは、簡単に言ってしまうと便利な道具のようなものです。

スマートフォンの画面上には、四角い絵柄が並んでいます。

この四角い絵柄のことをアイコンと言います。

アイコンの絵柄を見るだけで、だいたい何ができるかが分かるようになっています。

このアプリは、買った時から基本的な電話やメールなどの機能はすでに入っています。

ですが、人それぞれ使いたい機能は違います。

そこで、欲しい機能、使ってみたい機能を追加していきます。

例えば

  • ●ゲームがしたい
    → ゲームのアプリを追加
  • ●ラジオが聞きたい
    → ラジオのアプリを追加
  • ●料理のレシピが知りたい
    → 料理のアプリを追加

などなど、どんどん追加をして増やし、自分好みにカスタマイズすることができます。

 

スマートフォンの種類

店頭に行くと、たくさんの種類のスマートフォンが並んでいるとか思います。

しかしスマートフォンの種類は、大きく分けてたったの2種類しかないんです。

その種類とは、【iPhone【Android】

この2種類だけです。

見分け方も簡単です。

スマートフォンの背面を見て、りんごのマークがある方が【iPhone】

りんごのマークがないものは、全て【Android】ということになります。

 

【iPhone】と【Android】の違い

【iPhone】と【Android】は、できる機能はほとんど同じです。

何が違うかというと、OSという基本の仕組みが違います。
車に例えるとエンジンの違い、「ガソリン」と「ディーゼル」が違うのと同じ意味になります。

違いを表にまとめてみました。

iPhoneAndroid
OS
(エンジン)
AppleGoogle
本体
(メーカー)
AppleGoogle  Sony  シャープ
富士通  京セラ  サムスン
など、その他たくさんの企業
特徴・セキュリティに強い
・操作がシンプル
・SDカードが入らない
・種類が多く、デザインが豊富
・操作は各企業で異なる
・SDカードに保存ができる

※(エンジン)は、車のエンジンに例えています
※(メーカー)は、車を作っているメーカーに例えています

表を見て分かるように、【iPhone】は、「Apple社」が一社で全てを作っています。

一方【Android】は、OS(エンジン)は 「Google社」が作っていて、本体は複数の企業が作っています。

複数の企業が作っている分、【Android】は種類が多くなります。

ちめも
ちめも
種類が2種類というのは、「Apple社」と「Google社」の会社の違いで2種類と区別されています

 

【iPhone】と【Android】の違い 良い点と注意点

iPhone良い点

  1. エンジン部分も、外側の本体部分も、Apple社という一つの会社が作っているため、操作に統一性がある
  2. 操作に統一性があるため、機種を変更しても使い方はあまり変わらない
  3. Apple社という一つの会社で作っているので、セキュリティに強い
  4. パソコンにケーブルを繋げばすぐに反応するため、写真や動画の保存がしやすい
  5. パソコンにiTunesをインストールしておけば、音楽の管理などもしやすい

注意点

  1. セキュリティを強くするため、更新が多い
  2. マイクロSDカードを使用できないので、バックアップは基本的にインターネット上で行う
  3. パソコン操作でiTunesのインストールの仕方などが分からない場合は、使いにくい場合もある

 

Android良い点

  1. エンジン部分はGoogle社が作っているため、Googleで使える機能、例えば Googleフォト や Googleマップ などが標準で搭載されている
  2. エンジン部分はGoogle社が作っているため、Googleで使える機能をすぐに使うことができる
  3. 外側の本体部分は複数の企業が作っているため、スマートフォンの種類がたくさんある
  4. スマートフォンの種類がたくさんあるため、デザインも豊富で選ぶ楽しみがある
  5. 複数の企業が作っているため、使いたい機能でスマートフォンを選ぶこともできる
  6. 従来の携帯電話(ガラケー)のように、マイクロSDカードが使用できる

注意点

  1. 複数の企業が作っているため、操作に統一性がない
  2. 複数の企業が作っているため、機種を変更すると、使い方がガラリと変わってしまう場合がある
  3. パソコンにケーブルを繋いでも、機種によって反応しないこともあるので、操作に困る場合がある
  4. パソコンに繋ぐケーブルは、充電用と転送用がある

 

おわりに

今回は、

  1. 「スマートフォンとは」
  2. 「スマートフォンの種類」
  3. 「【iPhone】と【Android】の違い」

についてお伝えしてきました。

なんとなくでも違いが分かってもらえると幸いです。

 

おまけとして、購入するときのポイントは、

『家族や友達、または自分の身近な方と同じものを買う』

そうすれば、操作で分からないときなどに相談しやすいかと思います。

スマホで撮影する笑顔の男女たち
スマホの写真をパソコンに取り込む方法【windows10】 最近はスマートフォンで写真を撮る方が増えていますよね。 わたし自身もめっきりデジカメを持たなくなりました。 本格...