ワード

入力すると文字が消える|ワード上書きモードを解除する方法

いつも通りに文字入力をしているのに、入力をすると元の文字が消えてしまうという現象が起こることがあります。

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
急にどうして!?

 

なんて、びっくりしますよね。

 

そこで今回は、

入力すると元の文字が消えるときの対処法をお伝えします。

 

Word(ワード)の入力モード

ワードの文字入力には、「挿入モード」「上書きモード」の2種類があります。

挿入モードと上書きモードの図

 

挿入モードで文字を入力すると、今まであった文字を消すことなく、間に割り込んで入力されていきます。

しかし、上書きモードで文字を入力すると、もともとあった文字が消えて、新しい文字に置き換わってしまいます。

 

普段何気なく使っているモードは「挿入モード」です。

文字が消えてしまうということは、いつの間にか「上書きモード」になっているということになります。

 

入力した文字が消えるときの対処法

「上書きモード」から「挿入モード」に切り替える方法は簡単です。

キーボードの【Insert】キー1回だけ押します。

キーボード画像

 

※【Insert】キーの場所は、お使いのパソコンによって異なります。

 

これで「上書きモード」から「挿入モード」に変更になります。

身に覚えはないかもしれませんが、気付かないうちに【Insert】キーを押してしまい入力モードが変更になってしまうことは意外によくあることです。

入力モードの確認方法

入力モードは画面上には表示されないため不便な場合もあるかもしれません。

そんな時には、ステータスバーで確認することができます。

 

①ワード画面下のステータスバーを右クリックするとメニューが表示されます。

Word(ワード)画面ステータスバー

 

「上書き入力」をクリックします。

 

③ステータスバーに入力モードが表示されます。

入力モードが表示さていれば、どの入力モードであるかの確認をすることができます。

 

まとめ

入力すると元の文字が消えるときの対処法をお伝えしてきました。

突然文字が消えるなんてびっくりしますよね。

実は何も知らなかった頃のわたしも、実際にびっくりした経験があります。

知ってしまえばなんてことはなく対処ができますよね。

参考になれば幸いです。

ワードで勝手に大文字になるときの対処法【Windows10】 Word(ワード)で英字入力をするとき、全て小文字で入力をしたはずなのに、確定をすると勝手に先頭の文字が大文字に変化して...