ワード

ワードで行間を狭くする方法|広がった行間を詰める3つの手順

 

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
文字のサイズを大きくしたら行間も広がっちゃう
もじゃくん
もじゃくん
ルビをつけた行だけ行間が広くなっちゃう
おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
文字は大きくしたいけど行間は広げたくない

 

このようなときには、行間を詰める(狭くする)と解決することができます。

文書の見栄えを良くするためには行間の調節も大切です。

 

そこで今回は、

Word(ワード)で文書作成の時に広がってしまった行間をせまくする3つの方法についてお伝えします。

 

行間とは

行間とは

× 行と行の隙間のことではない

○ 行の上辺から次の行の上辺までのこと

 

行間は、下記図のように行と行の隙間のことだと思われがちです。

しかし実際の行間とは、行の上辺から次の行の上辺までのことをいいます。

ちめも
ちめも
グリッド線があると分かりやすいですね

 

行の上辺から次の行の上辺までが「行間」なので、行間を広げれば余白も広がります

 

また、文字が大きくなっても余白は広がります

 

例として、「行間 1  : フォントサイズ 10.5pt」の文書を

「行間 1 : フォントサイズ14pt 」にしましたとします。

文字を大きくしたので、行間も広がってしまいます。

そこで、広がった行間を狭くしていきます。

下記より、行間を詰める(狭くする)3つの方法をお伝えしていきます。

 

行間を詰める 一番簡単な方法

行間を詰める一番簡単な方法、まずはこの方法を試してください!

 

行間を狭くしたい範囲を選択します

ホームタブ」→「段落グループ」→「段落の設定」をクリックします

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線にあわせる」のチェックをはずし、「OK」をクリックします

④行間が狭くなります

 

行間をキッチリ詰めたいときは「固定値」で設定

できるだけ隙間なく、キッチリと行間を詰めたいときには「固定値」で設定をしてください。

 

行間を狭くしたい範囲を選択します

「ホームタブ」→「段落グループ」→「段落の設定」をクリックします

行間「固定値」、間隔「14pt」にし「OK」をクリックします

④行間がキッチリ詰まります

固定値にするときの注意点

固定値に設定するときの間隔は、フォントサイズと同じ数字に設定しましょう。

フォントサイズが12pt → 間隔12pt
フォントサイズが24pt → 間隔24pt

間隔をフォントサイズより小さい数字で設定すると、文字が重なってしまいます。

ふりがなをつけたいときには「最小値」で設定

ふりがな(ルビ)をつけると、ふりがな(ルビ)のスペース分だけ行間が広がってしまいます。

そんな時には、「最小値」で行間の幅を調節してください。

 

行間を狭くしたい範囲を選択します

「ホームタブ」→「段落グループ」→「段落の設定」をクリックします

行間「最小値」、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線にあわせる」のチェックをはずし、「OK」をクリックします

ルビ(ふりがな)のぶんの幅を調整しつつ行間を詰めてくれます

 

まとめ

広がった行間を狭くする3つの方法についてお伝えしてきました。

  1. 行間とは
    行の上辺から次の行の上辺までのこと
  2. 行間を詰める 一番簡単な方法
    「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線にあわせる」のチェックをはずす
  3. 行間をキッチリ詰めたいときは「固定値」で設定
  4. ルビ(ふりがな)をつけたいときには「最小値」で設定

文書作成で行間を狭くしたいときには参考にしてください。

ワード文字入力
ワード 用紙の設定方法 |ページ設定ダイアログボックスの使い方【windows10】 パソコンを使って文書を作成するときに便利なソフトがWord(ワード)です。 今回は、 簡単な用紙の設...
グリッド線アイキャチ画像
ワード グリッド線を印刷したい|便箋のような横線を印刷する方法 ワードにはグリッド線があります。 グリッド線を表示し、そのままレポート用紙や便箋のように使って印刷をしたいこともありますよ...