ワード

ワード 文字入力方法|入力の基本とコツ|入力オートフォーマットの活用

ワード文字入力

パソコンを使って文書を作成するときに便利なソフトがWord(ワード)です。

文字入力は、ただ入力するだけではありません。

ひらがなから漢字にしたり、カタカナにしたりしなくては、読みずらい文書になってしまいます。

 

そこで今回は、

文字入力の基本とコツ、知っていると便利な入力オートフォーマットの活用方法をお伝えしていきます。

 

文字入力のコツ

文書を作成する手順としては、用紙の設定後に文字入力を始めるのがベストです。

入力前に、まずは用紙の設定をするのが上手に文字入力をするための第一歩となります!

ワード文字入力
ワード 用紙の設定方法 |ページ設定ダイアログボックスの使い方【windows10】 パソコンを使って文書を作成するときに便利なソフトがWord(ワード)です。 今回は、 簡単な用紙の設...

 

文字入力にはいくつかコツがありますので、以下より入力のコツについて解説していきます。

なお、用紙サイズはA4サイズでお伝えしていきます。

 

文字入力の位置は必ず左詰め

文字入力は、必ず左詰めで入力していきます。

真ん中に文字を入力したいと思っても、いきなり真ん中からの入力はできません。

まずは左詰めで入力をし、あとから編集で中央や右に移動をします。

入力範囲は、余白以外の赤で囲まれた部分になります。

入力左詰め

 

漢字やカタカナに変換するには

入力した文字を漢字やカタカナに変換したいときは「スペースキー」を押します。

  1. 入力をします
    ※日本語で入力した場合は、点線の下線が表示されます
  2. 「スペースキー」を1回押します
    ※文字が変換され、黒の下線が表示されます
  3. 変換した文字が、自分の表示したい字と違っていた場合は、もう一度「スペースキー」を押します
    ※候補のメニューが表示されますので、表示させたい字が塗りつぶし表示になるまで「スペースキー」を押します
  4. 表示させたい字の部分で「Enter キー」を押すことで決定になります
    ※決定にすると下線が消えます

 

日本語は3種類

ご存知の通り、日本語には「ひらがな」「カタカナ」「漢字」と3種類あります。
そのため、ひらがなで文字入力をすると、
”「カタカナ」か「漢字」に変換しますか?” という意味で、文字に点線の下線が表示されます。

英語では1種類しかありませんので、英語で入力した場合は点線の下線も表示されず、「Enter キー」を押して決定にする必要もありません。

 

変換キーの活用

「変換キー」は、同じ読み方なら何度でも変更ができる便利キーです。

もちろん「スペースキー」と同じく、文字変換としても使うこともできます。

 

変換の際に、表示させたい文字と違った文字に変換してしまう場合があります。

そんな時、文字を消して入力しなおしをしなくても「変換キー」を押すと、読み方が同じ文字なら何度でも変換をやり直すことができます

  1. 間違って決定にしてしまった文字の、前か後ろにカーソルを表示させます
  2. 「変換キー」を押すと候補のメニューが表示されますので、変換したい文字が塗りつぶし表示になるまで「変換キー」をおします
  3. 表示させたい字の部分で「Enter キー」を押すことで決定になります

 

次の行に移動したいときには

文章のキリがいいところ(文章のまとまりができたところ)で次の行に移動したい時には「Enterキー」を押します。

Enterキーで改行

 

文章が余白にぶつかると自動で次の行に移動

文章が余白にぶつかると自動で次の行に移動します。

キリがよくない部分での改行はせず、自動で次の行に折り返すのが入力のコツです。

余白改行

 

「Enterキー」は重要なキー

実は「Enterキー」はとっても重要なキー!

ただ改行するためのキーと思ったら大間違いです。

下記内容をよく読んで理解してほしいと思います。

「Enterキー」・・実はとっても重要!

この「Enterキー」には大切な役割があり、ただ単純に改行をするためのキーではありません。
「Enterキー」を押すと図のように左向きの矢印が表示されます。

段落記号

この左向きの矢印は「段落記号」といいます。

段を落とすと書いた通りに、次の段に移動するときに押すキーです。

この「段落記号」を間違った場所でつけてしまうと、文書を作る時に書式がうまく設定できなくなる可能性があります。

ですので、入力を覚え始めたころの「Enterキー」を押すタイミングは、文章の終わりに「。」を付けた後と覚えておくと間違えが少なく済みます。

それ以外は、余白にぶつかったときに自動で改行をします。

 

入力オートフォーマットの活用

入力オートフォーマットを活用することで、効率よく文書入力ができます。

Word(ワード)では、セットで自動的に入力されるオートフォーマットという機能があります。

例えば、「記」と「以上」「拝啓」と「敬具」「前略」と「早々」などが自動で入力されます。

入力オートフォーマット

ワードでは、今日の日付だけは、オートフォーマットで入力ができます。

 

①「れいわ」と入力をします

②変換をすると「令和○年○月○日(Enter を押すと挿入します)」と表示されます
※○部分には、入力した日の日付が表示されます

Enterキーを2回押すと、今日の日付が自動で表示されます

この方法で今日の日付を入力してしまってから、数字だけを入れ替えると入力の手間が省けて効率がよくなります。

ファンクション6-10アイキャッチ画像
ワードでファンクションキー|文字入力で便利な5つのファンクションキーの使い方 文字入力にはいくつかコツがあり、入力のコツを理解していると、変換がらくになったり入力自体が速くなったりします。 また、ファ...

 

文節で区切るのが変換のコツ

入力時の文章は、文節で区切るとうまく文字変換ができます。

文節とは、文と文の区切りのことです

文節

 

まとめ

文字入力の基本とコツ、知っていると便利な入力オートフォーマットの活用方法をお伝えしてきました。

文字入力はワードだけでなく、すべてに共通します。

まずはタイピングができるようになったら、文字入力のコツを覚えていきましょう。

入力ができるようになったら、次は編集をして見栄えを良くしていきます。

フォントグループアイキャッチ画像
ワードで文字を大きくする・色を変える・書体を変更する|フォントの編集ボタンを解説 入力した文字は、色やサイズを変更したり、読みにくい漢字にふりがなをつけたりと、文字を編集することで見栄えの良い文書を作成すること...
タイピングの練習の基本ホームポジション
タイピング練習の基本ホームポジション|「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」の違いは? 両手ですらすらとキーボード操作ができたらかっこいいですよね。 そのためには、タイピングの基本であるホームポジションからきち...