楽天スーパーセール開催!【12/4(20:00)~12/11(1:59)】まで▶CHECK!

【Windows11】スクリーンキーボードを表示する3つの方法

Windowsには、画面上に仮想キーボードを表示し、マウスクリックで入力をすることができる「スクリーンキーボード」という機能があります。

この方法を知っていると、キーボードがないパソコンでも入力をすることが可能になります。

そこで今回は、Windows11のPCでスクリーンキーボードを表示する3つの方法を紹介します。

目次

Windows11のPCでスクリーンキーボードを表示する3つの方法

Windows11のPCでスクリーンキーボードを表示する3つの方法を紹介します。

  • 設定から表示する方法
  • ショートカットキーで表示する方法(簡単)
  • ログイン画面で表示する方法

設定から表示する方法

「設定」を開き、「アクシビリティ」→「キーボード」の順にクリックします。

「設定」を開き、「アクシビリティ」→「キーボード」の順にクリックします。

「スクリーンキーボード」を「オン」にすると、スクリーンキーボードが表示されます。

「スクリーンキーボード」を「オン」にすると、スクリーンキーボードが表示されます。

 

ちあき

設定の開き方は以下のページを参考にしてね。

ショートカットキーで表示する方法(簡単)

ショートカットキーで簡単に表示することもできます。

【Windows】+【Ctrl】+【O(アルファベット)】キーを同時に押すとスクリーンキーボードが表示されます。

【Windows】+【Ctrl】+【O(アルファベット)】キーを同時に押すとスクリーンキーボードが表示

ログイン画面で表示する方法

パスワードやPINコードを入力する前の状態でスクリーンキーボード表示させたい場合は以下の方法で表示することができます。

 

ログイン画面右下に表示される「アクシビリティ」をクリックします。

ログイン画面右下に表示される「アクシビリティ」をクリック

②メニューが表示されるので、「スクリーンキーボード」を「オン」にします。

メニューが表示されるので、「スクリーンキーボード」を「オン」

おわりに

Windows11のPCでスクリーンキーボードを表示する3つの方法を紹介してきました。

  • 設定から表示する方法
  • ショートカットキーで表示する方法(簡単)
  • ログイン画面で表示する方法

スクリーンキーボードを利用したいときにお試しください!

目次