MENU
関連メディア

『地方公務員を目指している人』や『役所の手続きに困っている人』の参考になる情報をお届けしています♪

『地方公務員コラム』『転職・資格情報』『暮らしの手続き』などを中心にゆるゆると発信中
地方公務員関連記事では、おもに市役所職員を目指いている人の参考になる記事
を投稿しています^^

▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【サーバーとは? 】パソコン初心者でも分かるよう簡単に解説します

おかっぱちゃん

「サーバー」ってなに?どういう意味?

こんな疑問を持っている人もいますよね。

そこで今回は、サーバーの言葉の意味と種類、そしてサーバーの役割について簡単に解説しています。

目次

サーバーとは

コンピューター上での「サーバー」とは、サービスやデータを提供するコンピュータのことです。

 

コンピューター上でのサーバーは、情報やデータを他のパソコンに提供するメインマシンのことを指します。

そして、サーバーから情報やデータを受ける側を「クライアント」といいます。

わたしたちは情報を受ける側ですので、クライアントに当たります。

サーバーの言葉の意味

「サーバー」という言葉の意味のもともとの由来は、英単語の Server からきています。

仕える人・給仕人の意味を持っています。

想像してみると、給仕人がわかりやすそうですよね。
食事を運んでお世話をするサービスをする人のこと。

とっても身近なものでは、ウォーターサーバーなんて言葉もありますね。
水を提供するサービスのことですよね。

コンピューター上でのサーバーは、情報やデータを他のパソコンに提供するサービスをするという言葉の意味になります。

サーバーの種類

サーバーの種類にはいろいろあります。

それは、できることが異なるからです。

ここでは身近なサーバーを簡単に4つだけご紹介します。

webサーバー私たちが閲覧しているホームページを提供してくれています。
メールサーバーメールの受信や、送信をしてくれています。
ファイルサーバーネットワーク内で、ファイルを一括して管理しているパソコンのことです。
会社などで、複数台のパソコンで同じ情報を共有するときに活用しています。
レンタルサーバー自分でホームページを作成するときに借りるサーバーのことです。
レンタルサーバーを土地、自分のホームページを家、と例えたりします。

サーバーの役割

サーバーの役割は、私たちの欲しい情報やデータを提供してくれることです。

なんだかややこしい感じがするでしょうか?

例えば、インターネットで料理のレシピを調べたとします。

この場合、ほしい情報は料理のレシピとなります。

すると、サーバーが料理のレシピという情報を提供してくれるというわけです。

クライアントとサーバーの関係

つまり、サーバーはわたしたちの欲しい情報をすべて保管してくれているコンピューターということになります。

まとめ

「サーバーとは?」という疑問について、パソコン初心者でも分かるよう簡単に解説してきました。

サーバーとは

サービスやデータを提供するコンピュータのこと

サーバーの役割

わたしたちの欲しい情報やデータを提供してくれること

以上のことを簡単にまとめるとこんな感じ。

サーバーとは、わたしたちの欲しい情報を保管してくれているコンピューターのこと。

今回は簡単に少ない内容でギュッと説明をしてみました。

なんとなくでも、イメージできてもらえたら幸いです。

目次
閉じる