インターネット

サーバーとは | 初心者さんにも分かるように簡単に解説します!

 

「サーバー」とは、サービスやデータを提供するコンピュータのことです。

とはいえ、何のことだか分からない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

サーバーにつて、初心者さんでも分かるように簡単にお伝えしていきます。

 

言葉の意味

まずは、「サーバー」という言葉の意味から。

 

もともとの由来は、英単語の Server からきています。

仕える人・給仕人の意味を持っています。

給仕人がわかりやすそうです。

食事を運んでお世話をする人のことですよね。

とっても身近なものでは、ウォーターサーバーなんて言葉もありますね。

水を提供するサービスのことですよね。

 

コンピューター上でのサーバーは、情報やデータを他のパソコンに提供するメインマシンのことを指します。

そして、サーバーから情報やデータを受ける側を「クライアント」といいます。

私たちは情報を受ける側ですので、クライアントに当たります。

地球儀画像
インターネットとは |ネットワークとは| インターネットを始めるための5つの手順 今の世の中、インターネットを利用するのが当たり前になってきました。 インターネットを使ってはいても、インターネット...

 

サーバーの役割

サーバーの役割は、私たちの欲しい情報やデータを提供してくれることです。

なんだかややこしい感じがするでしょうか?

 

例えば、インターネットで料理のレシピを調べたとします。

この場合、ほしい情報は料理のレシピとなります。

すると、サーバーが料理のレシピという情報を提供してくれるというわけです。

クライアントとサーバーの関係

つまり、サバーは私たちの欲しい情報をすべて保管してくれているコンピューターということになります。

 

サーバーの種類

サーバーの種類にはいろいろあります。

それは、できることが異なるからです。

種類はたくさんありますが、ここでは、身近なサーバーを簡単に4つだけご紹介します。

 

  1. webサーバー
    私たちが閲覧しているホームページを提供してくれています。
  2. メールサーバー
    メールの受信や、送信をしてくれています。
  3. ファイルサーバー
    ネットワーク内で、ファイルを一括して管理しているパソコンのことです。
    会社などで、複数台のパソコンで同じ情報を共有するときに活用しています。
  4. レンタルサーバー
    自分でホームページを作成するときに借りるサーバーのことです。
    レンタルサーバーを土地、自分のホームページを家、と例えたりします。

 

まとめ

ざっくり簡単に言ってしまうと、サーバーって、

私たちの欲しい情報を保管してくれているコンピューター

なんですね。

本当は、もっともっと奥深なサーバーではありますが、ここでは簡単に少ない内容で説明をしてみました。

なんとなくでも、イメージできてもらえたら幸いです。

アカウントとは | IDとパスワードの意味を初心者さんにも分かるように解説します パソコンやスマートフォンで、インターネットを使っているとよくでてくる 「アカウントを作成してください」 この「アカウ...