▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【PowerPoint】スライドにページ番号を入れる基本的な設定方法

おかっぱちゃん

スライドにページ番号を設定することはできますか?

パワーポイントもスライドにページ番号を設定することができます。

ページ番号が入っていれば、資料として使うときなどでも「〇ページを見てください」などと伝えることができて便利ですよね。

パワーポイントは仕事で使う以外に学生さんも利用することが多いので、ページ番号の入れ方を知ってぜひ便利に活用してみてください。

今回は、ページ番号の基本的な設定方法を紹介します。

ちあき

初心者向きの内容となっています。

この記事でわかること
  • スライドにページ番号を入れる基本的な操作方法
  • 1枚目のスライドにページ番号を表示させない方法
  • 2枚目のスライドからページ番号を開始させる方法
目次

スライドにページ番号を入れる基本的な設定方法

まずはスライドにページ番号を入れる基本的な設定方法を紹介します。

例として、31枚で作成されたスライドにページ番号を設定していきます。

  

以下の手順でスライドにページ番号を設定します。

①スライドを表示し、「挿入」タブ⇒「スライド番号」の順にクリックします。

②「スライド」タブを選択し、「スライド番号」にチェックを入れ、「すべてに適用」をクリックします。

ちあき

ちなみに、「適用」を選択すると現在選択されているスライドにのみページ番号が入ります。

③すべてのスライドにページ番号が表示されます。

1枚目のスライドにページ番号を表示させたくない

スライドの内容によっては、1枚目のスライドにページ番号を表示させたくない場合があります。

1枚目のスライドにページ番号を表示させない設定方法は、下記の場合で異なります。

  • 1枚目のスライドを、タイトルスライドで作成している場合
  • 1枚目のスライドを、タイトルスライド以外で作成している場合

それぞれの設定方法を解説していきます。

タイトルスライドで作成している場合

1枚目のスライドをタイトルスライドで作成している場合は、簡単にページ番号を表示させない設定にすることが可能です。

 

以下の手順でページ番号を表示させないように設定します。

①スライドを開き、「挿入」タブ⇒「スライド番号」の順にクリックします。

②「スライド」タブを選択し、「タイトルスライドに表示しない」にチェックを入れ、「すべてに適用」をクリックします。

③タイトルスライドのページ番号が消え、2枚目からページ番号が入ります。

タイトルスライド以外で作成している場合

タイトルスライドを使用していない場合でも、1枚目のスライドを表紙として使いたいときがあります。

そんな時も1枚目のスライドだけページ番号を表示させない設定にすることが可能です。

 

以下の手順でページ番号を表示させないように設定します。

①スライドを表示し、「挿入」タブ⇒「スライド番号」の順にクリックします。

②「スライド」タブを選択し、「スライド番号」のチェックを外し、「適用」をクリックします。

③1枚目のページ番号が消え、2枚目からページ番号が入ります。

2枚目のスライドからページ番号を開始したい

2枚目のスライドのページ番号を「1」と表示してスタートしたい場合は、以下の方法で設定をします。

 

「デザイン」⇒「スライドのサイズ」⇒「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

スライド開始番号を「0」にし、「OK」をクリックします。

1枚目のスライドのページ番号が「0」になり、2枚目のスライドが「1」になります。

ちあき

1枚目のページ番号の消し方は、前項の「1枚目のスライドにページ番号を表示させたくない」を参考にしてください。

PowerPointが学習できる本やソフトはこちら

ページ番号の基本的な設定方法を紹介してきました。

ページ番号の設定方法はそのほかにもいろいろありますが、とりあえず基本的なことだけでも知っていると便利かと思います。

ぜひぜひ、お試しください!

PowerPointが学習できる本やソフトはこちら

パワーポイントの学習ができるソフト【特打式Office】についてレビューをしています。参考にしてみてくださいね。

本を購入するならこちらがおすすめです!

目次
閉じる