パソコン活用

【PDFがネットで開いてしまう】Windows10で PDFを常にAdobe で開くようにする方法

Windows10の初期設定では、PDF ファイルは Microsoft Edgeでファイルが表示されます。

ですが、もしもインターネットでPDFが開くのが使いにくい場合は、PDFファイルがAdobeで開くように設定を変更することができます。

そこで今回は、

インターネットで開いてしまうPDFをAdobeで開くようにする簡単な設定方法をお伝えします。

この記事でわかること
  • PDF ファイルを Adobe で開くようにする簡単な方法
  • Adobe Acrobat Readerがプログラムに表示されない時の対処法

PDF ファイルを Adobe で開くようにする簡単な方法

PDFファイルがインターネットで開くのではなく、常にAdobe Acrobat Readerで表示したい場合は既定のプログラムを変更します。

 

PDFファイルの「プログラムから開く」から変更する方法

PDFファイルを右クリックし、表示されたメニューの「プログラムから開く」から変更することができます。

 

PDFファイルにマウスをのせて右クリックをし、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」をクリックします。

PDF別のプログラムから開く

 

「Adobe Acrobat Reader DC」を選択し、「常にこのアプリを使って.pdf ファイルを開く」にチェックを入れ「OK」クリックします。

PDFを常にAdobeで開く

 

③Adobe Acrobat Reader がデフォルトの PDF アプリケーションになります。

 

PDFファイルの「プロパティ」から変更する方法

PDFファイルを右クリックし、表示されたメニューの「プロパティ」から変更することができます。

 

PDFファイルにマウスをのせて右クリックをし、「プロパティ」をクリックします。

 

「変更」をクリックします。

 

「Adobe Acrobat Reader DC」を選択し「OK」をクリックします。

 

「適用」→「OK」をクリックします。

 

⑤Adobe Acrobat Reader がデフォルトの PDF アプリケーションになります。

 

Adobe Acrobat Readerがプログラムに表示されない時の対処法

PDF がインターネットで開くメリットとしては、Adobe Reader がインストールされていなくても 、インターネット環境があれば PDF ファイルを開くことができることです。

それでもやはり PDF をインターネットで開きたくない場合は、既定のプログラムを変更すれば常にAdobeで開くようにすることが可能です。

ですが、もしも既定のプログラムの中にAdobe Acrobat Readerが表示されない場合は、「Adobe Acrobat Reader DC」をインストール必要があります。

下記ページで「Adobe Acrobat Reader DC」のインストール方法をお伝えしています。

【Adobeがない!?】パソコンにPDFを開く「Adobe Acrobat Reader DC」をインストールする方法

 

まとめ

インターネットで開いてしまうPDFをAdobeで開くようにする簡単な設定方法をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容
  • PDF ファイルを Adobe で開くようにする簡単な方法
  • Adobe Acrobat Readerがプログラムに表示されない時の対処法

もしPDF を開くときにインターネットで開いてしまい不便な場合には、簡単にAdobeに変更することができるので、設定を変更して活用してくださいね。

PDFを○○に変換|フリーソフトを使わない7つの変換方法【Windows10】 PDFを他のファイルに変換したり、逆に他のファイルからPDFに変換するという機会は意外と多くあります。 特に仕事の...

 

ABOUT ME
ちあき
ちあき
初心者さん向けパソコンインストラクターをしています。パソコン初心者さんから直接聞いた、パソコンの身近なわからない等をお伝えしています。