インターネット

インターネット4つの検索方法と検索キーワードの入れ方

検索バー

 

おかっぱちゃん
おかっぱちゃん
インターネットで調べるってみんな言うけど、調べるときなんて言葉を入れたらいいか分からないんだけど・・

検索が当たり前の人にはわからない悩みですよね。

ですが、パソコン初心者の方には意外と切実な悩みでもあります。

 

「ただただ検索キーワードを入れればいいのでは?」

 

そう思うんですが、それが案外難しくて、求めるページにたどり着かないことになってしまうようです。

 

そこで今回は、

インターネットの4つの検索方法と、検索キーワードの入れ方をご説明していきます。

 

クリック検索

インターネットを開き、ホームページ上にマウスをのせると、マウスポインタ―が矢印になったり指の形になったりします。


マウスポインタ―が指の形になる部分は、その部分をクリックすると別のページに移動できるようリンク部分になっています。

指の形になる部分は、文字だけではなく、写真や絵もリンク部分になっていたりします。

ホームページを開いて、手の形の部分をクリックすることで、そのクリックした部分を検索することができます。

 

キーワード検索

キーワードとは、検索するときのカギになる言葉という意味になります。

カギになる単語を、検索バーに入力して検索をします。

上画像のような検索バーがあったとします。

調べたい単語を検索欄(左の白いマス)に入力して、検索ボタン(右側のグレーのボタン)をクリックします。

行きたいお店の名前や、場所・知りたい物など、キーワードにする単語は具体的な方が探しやすくなります。

例えば、東京駅について調べたい時は検索バーに「東京駅」と単語を入力します。

 

複数キーワードでの検索

検索バーは、検索キーワードとなる単語を入力して色々調べたりしていきます。

ですが、キーワードとなる単語1つだけでは、幅広い情報の検索結果が表示されてしまいます。

そこで、目的の情報を表示させるために、複数のキーワードを入力して情報の絞り込みをしていきます。

 

例えば、「東京駅でランチをしたい」という目的があったとします。

検索バーには、単語を組合わせて入力し、情報を絞ってみたいと思います。

文章から単語を抜き取って検索バーに入力してみましょう。

東京駅ランチをしたい」←この場合だと、「東京駅」と「ランチ」という単語が抜き取れます。

2つのキーワードを組合わせて入力します。

この時、「東京駅」と「ランチ」の間にはスペースを入れて入力をしましょう。

スペースは「~と」の役割をします。

この複数のキーワードの入力方法で、幅広い情報の中から目的の情報が見つけやすくなります。

キーワードは何個でも組み合わせ出来ますが、あまりたくさんの情報を入力してしまうと、

検索エンジンが混乱してしまいます。

ですので、3つ~4つくらいの単語入力にしておくといいと思います。

 

URLを入力して検索

webページには、それぞれに決められたURLがあります。

URLは住所の役割をしますので、同じものは存在しません。

それぞれが、たった一つのURLということになります。

ページ上部にhttps://から始まる英数字や記号がURLです。

URLが入力されている場所を、アドレスバーといいます。

「URLにアクセスしてください」

この様な場合は、アドレスバーに指定のURLを入力するという意味になります。

URLはwebページの住所の役割をしますので、間違えることなく入力をすれば、直接見たいページが開きます。

例えば、カーナビに住所を入れて検索をするのと同じ感じです。

 

まとめ

ここでは4つの検索方法を説明してきました。

  1. クリック検索
  2. キーワード検索
  3. 複数キーワードでの検索
  4. URLでの検索

 

複数キーワードでの検索が一番活用するのではないかと思われます。

もしうまく複数の単語を拾えなかったときは、一度文章にしてしまうとわかりやすくなります。

例えば、

「じゃがいもを大量に貰っちゃったので早く消費できるような料理方法が知りたい」
みたいな時があったとします。

検索バーに入力するための単語を、文章から抜き取ってみましょう!

じゃがいも大量に貰っちゃったので早く消費できるような料理方法が知りたい」

「じゃがいも」「大量」「消費」「料理方法」

この抜き取った4つの単語が、検索キーワードとなります。

そして単語と単語の間には、「~と」の役割をする1文字分のスペースを入れてあげてくださいね。

ブラウザー とポータルサイト について解説します! ブラウザー? ポータルサイト? と言われても何だか分からないという方は意外と多いです。 そこで今回は...