【Windows10 エラーチェック】ハードディスクエラーをチェックして自動修復する方法

お医者さん

Windows10で、ハードディスクのエラーをチェックして自動修復する方法をお伝えしていきます。

「エラーチェック」は、ハードディスクに問題がないかを調べて、もし壊れているファイル等があれば自動修復をしてくれる機能です。

ハードディスクにシステムエラーや物理的な損傷でデータが記録できなくなった領域などの問題があると、 バックアップやコピーが正常に行えなくなったり、特定のファイルやアプリケーションを正常に開くことができなくなる可能性があります。

そのような場合は、ハードディスクの「エラーチェック」を行うと問題が解決する可能性があります。

この記事でわかること

  • Windows10でハードディスクのエラーをチェックして自動修復する方法
  • エラーチェックを実行する前の4つの注意点

目次

Windows10でハードディスクのエラーをチェックして自動修復する方法

以下の手順で、Windows 10でハードディスクのエラーをチェックをします。

 

「エクスプローラー」をクリックします。

エクスプローラー

 

②画面左の「PC」をクリックします。

PCをクリック

 

Windows(C;)を右クリックします。
パソコンによって名称が違う場合がありますが、(C;)の方を右クリックしてください。

WindowsCをクリック

 

④右クリックするとメニューが表示されるので、「プロパティ」をクリックします。

WindowsC メニューからプロパティを開く

 

「ツール」をクリックし、次に「チェック」をクリックします。

windowscツールとチェック

 

「ドライブのスキャン」をクリックします。

ドライブのスキャン
※「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されているので、スキャンを実行せずに「キャンセル」をクリックして終了してもOKです
※上記以外の画面が表示された場合は、画面の案内に従い、ドライブの修復またはスキャンを行います

 

⑦エラーチェックが終るまで、そのままにして待ちます。

エラースキャン中

 

⑧「お使いのドライブは正常にスキャンされました」と表示されたら「閉じる」をクリックします。

エラーチェック終了画面

 

⑨プロパティ画面で「OK」をクリックして操作を終了します。

チェック完了

 

※時間のかかり方は、お使いのパソコン状況によって違ってきます。

 

エラーチェックを実行する前の4つの注意点

以下4つの注意点を守って、快適にエラーチェックを実行しましょう!

①エラーチェックをするときは、すべてのアプリケーションを閉じてから実行する
②エラーチェック中に他のアプリケーションを起動しない
(エラーチェックをしながらインターネットをしたりなど)
③エラーチェック中に電源が切れたり、画面が真っ暗になるスリープ状態にならないように電源設定をしておく
1カ月に1回程度でOK! 定期的に「エラーチェック」をする

 

あわせて読みたい
【パソコンの画面がすぐ暗くなる】Windows10で電源設定を変更する方法と元の設定に戻す方法 Windows10でかんたんに電源設定を変更する方法と、Windows10以外でも共通で使うことができるコントロールパネルからの電源設定方法をお伝えしています。併せて、変更し...

 

まとめ

Windows10で、ハードディスクのエラーをチェックして自動修復する方法をお伝えしてきました。

ここでお伝えしてきた内容

  • Windows10でハードディスクのエラーをチェックして自動修復する方法
  • エラーチェックを実行する前の4つの注意点

「ディスククリーンアップ」や「デフラグ」と同様に、月1回程度の定期的なメンテナンスをおすすめします。

あわせて読みたい
【重い!遅い!】Windows10パソコンの動きが悪いときの10通りの対処法 Windows10でパソコンが重い・遅いなど、パソコンの動きが悪いときに自分でできる10通りの対処法を紹介しています。 パソコンを快適に使うためには月に1回程度のメンテナ...

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる