パソコン基礎

タイピング練習の基本ホームポジション|「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」の違いは?

タイピングの練習の基本ホームポジション

両手ですらすらとキーボード操作ができたらかっこいいですよね。

そのためには、タイピングの基本であるホームポジションからきちんと覚える必要があります。

タイピングソフトや、インターネットのタイピング練習サイトで練習を開始する前に、「タイピング練習をするときの基本」を知りましょう。

 

そこで今回は、

「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」の違いと、タイピング練習をするときの基本についてお伝えします。

 

「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」

手元を見ないでキーボードを打つことを「タッチタイピング」といいます。

以前は「ブラインドタッチ」ともいいました。

現在では差別用語にあたるということで「タッチタイピング」というようになりました。

なので、「ブランドタッチ」と「タッチタイピング」に違いはありません。

どちらも同じ意味になります。

 

タッチタイピングができるようになるには、やはりそれなりの練習が必要です。

もしあなたが、これからタイピングを覚えようと考えているなら「タッチタイピング」を習得するチャンスでもあります!

自己流で覚えてタッチタイピングが苦手という方は練習(訓練?)あるのみです!

 

これから紹介する「タッチタイピング」を覚えるための基本を守り、苦しくても根気よく練習を続けていけば、必ず「タッチタイピング」を体で覚えていけるはずです。

 

そう、

「タッチタイピング」は頭で考えて覚えるのではなく、体で覚えていくことが大切です!

ひらがな初心者
ローマ字入力 と かな入力 の違い |かな入力に変更する方法 文書作成のときに欠かせない文字入力。 入力では「ローマ字入力」が一般的です。 しかし、ワープロ時代に文字入力...

【基本1】ホームポジションを知る

実は、キーボードのどの位置に指を置くかは決まっています。

まずはホームポジションを覚えましょう。

ホームポジションは、キーボードの真ん中の部分です。

【F】と【J】にだけ突起が付いていて、そこに両手の人差し指を置きます。

  • 【F】・・・左手人差し指
  • 【J】・・・右手人差し指

その横並びに指を置き、その位置が「ホームポジション」となります。

突起の位置を指で探してキーボードの位置を体で覚えていきます。

赤枠ホームポジション
どの位置のキーを打っても、必ずこの位置に指を戻します
小指を使ってキーを打ちます
薬指を使ってキーを打ちます
黄色中指を使ってキーを打ちます
オレンジ人差し指を使ってキーを打ちます

 

【基本2】キーボードを見ない

最初はできなくて当たり前です。

かなり間違えます。そして疲れます。

それでも正確に打つことが大切なので、もどかしくてもキーボードを見ずに、画面だけに顔を向けて手探りでキーボードを打ちましょう。

どの位置に指を移動しても、必ホームポジションに指を戻すことが重要です!

 

【基本3】ゆっくり正確に

正確に体に覚えさせることが大切なので、ゆっくり指にキーの位置を覚えさせましょう。

間違えてもいいんです!

のろのろとしかできなくてもOKです!

スピードは、あとから必ずついてきます!

 

【基本4】毎日練習する

5分~15分程度でいいので、毎日タッチタピングの練習をしましょう。

タイピングは、やればやるだけできるようになります。

ただ、

早くできるよいうになりたいからと、手元を見ながら打つのだけはやめてください!

これをやってしまうと確かに楽にキーボード操作ができます。

しかし、キーボードを見ながら覚えてしまったタイピングを、キーボードを見ない「タッチタイピング」に戻すことはすごく大変なんです。

苦しくても手元を見ないで練習することを続けてください。

 

まとめ

「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」の違いと、タイピング練習をするときの基本についてお伝えしてきました。

タッチタイピングをマスターするときには、

  1. ホームポジションに必ず指を戻すこと
  2. 手元を絶対に見ないで練習をすること
  3. 正確に打てるようになるまでスピードは気にしないこと
  4. 毎日少しでも練習をすること

必ずこの4つのルールを守って練習をしてください。

タイピングをしている男女の絵
タイピング練習が無料でできる おすすめサイト6選と おすすめ無料ソフトをご紹介します パソコン操作をするときに必須となるのがタイピングです。 文字が打てないと文書作成ができないばかりでなく、インターネ...
ワード文字入力
ワード 文字入力方法|入力の基本とコツ|入力オートフォーマットの活用 パソコンを使って文書を作成するときに便利なソフトがWord(ワード)です。 文字入力は、ただ入力するだけではありません。 ...