【4月19日9:00-22日23:59まで】AmazonスマイルSALE>>CHECK!

【SUM関数】エクセルで自動的に合計を計算|手順を丁寧解説

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

SUM関数は、エクセルを活用するときに一番最初に覚えておきたい関数です。

ちあき

自動的に合計を計算してくれる便利な関数です。

最もよく使われる一般的な関数といえます。

そこで本記事では、エクセルで自動的に合計を計算する「SUM関数」の使い方を紹介します。

目次

SUM関数の使い方

SUM(サム)関数

SUM関数は、選択セル範囲内の合計を求める関数
連続する複数セルを簡単に足し算をすることができます。最もよく使われる便利な関数です。

 

ここでは例として、下図の「C6」と「D6」と「E6」を合計するために、「F6」にSUM関数を入力してみます。

ここでは「C6」と「D6」と「E6」を合計するために、「F6」にSUM関数を入力します

さらにオートフィル機能を使って「F15」まで計算式をコピーをしてみます。

SUM関数を入力する手順

①セルF6を選択します。

セルF6を選択します

「ホーム」→「オートSUM」をクリックします。

「ホーム」→「オートSUM」をクリックします

③自動で選択されている範囲を確認し、「Enter」キーを押して決定します。

セルF6には、『=SUM(C6:E6)』と入力されています。

自動で選択されている範囲を確認し、「Enter」キーを押して決定します

数式バーでもSUM関数が入力されたことが確認できます。

数式バーでもSUM関数が入力されたことが確認できます

④セルF6を選択します。フィルハンドルにマウスを合わせ、F15までドラッグします。

セルF6を選択します。フィルハンドルにマウスを合わせ、F15までドラッグします

⑤フィルハンドルでドラッグした範囲に計算式がコピーされます。

フィルハンドルでドラッグした範囲に計算式がコピーされます
ちあき

フィルハンドルを使ってコピーをすれば、計算式は最初の1カ所だけ入力すればOKなのでとても効率が良くなります!

関数を入力するときには『=』を入力しない

関数を入力するときには『=』を入力する必要がない!

計算式を入力するときには必ず最初に『=』から入力することが決まりですが、関数では『=』を入力しません。

関数をクリックするだけでOKです!

おわりに

エクセルで自動的に合計を計算する「SUM関数」の使い方を解説してきました。

計算する箇所(参照するセル)が多い場合は、ミスのリスクを少なくするためにもSUM関数を活用しましょう。

手元に1冊おすすめ本
著:尾崎裕子, 著:できるシリーズ編集部
¥1,564 (2023/04/19 17:05時点 | Amazon調べ)
\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\楽天ブランドデー開催中!/
楽天市場

▶他の本もAmazonで見てみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次