MENU
関連メディア

『暮らしに役立つ役所の手続き』など生活に役立つ情報を女子二人の会話で発信中♪

▶習うか迷う?小中学生向けプログラミング教室特集!無料サイトも紹介check

【Excel】オートフィルを使ったときに罫線が消えてしまうときの3つの対処法

エクセルの表で、オートフィルをつかってコピーしたときに罫線が消えてしまうときの3つの対処法をお伝えしています。

フィルハンドルを使って計算式をコピーすると、罫線も一緒にコピーされていることになります。

例えば下記図のように二重線の設定にしている場合、コピーした部分だけ線が消えてしまいます。

罫線が消えてしまうときの3つの対処法

そこで今回は、3つの対処法を紹介していきます。

目次はコチラ↓↓
目次

罫線が消えてしまうときの3つの対処法

それでは早速、以下3つの対処法を解説していきます。

  • 罫線から修正する方法
  • 【おすすめ】オートフィルオプション(書式なしコピー)で修正する方法
  • フィルハンドルを使わずに「数式のコピー・貼り付け」をする方法

罫線から修正する方法

①セルF15を選択します。

「罫線」をクリックし「下二重罫線」を選びます。

「罫線」をクリックし「下二重罫線」を選びます

③消えた二重線が元に戻ります。

消えた二重線が元に戻ります

目次に戻る▲

【おすすめ】オートフィルオプション(書式なしコピー)で修正する方法

①セルF6~F15をオートフィルする際にオプション選択します。

セルF6~F15をオートフィルする際にオプション選択します

②下矢印から「書式なしコピー(フィル)」をクリックします。

下矢印から「書式なしコピー(フィル)」をクリックします

③消えた二重線が元に戻ります。

ちめも
オートフィルオプション(書式なしコピー)を使うと効率がいいのでおすすめの修正方法です。

目次に戻る▲

フィルハンドルを使わずに「数式のコピー・貼り付け」をする方法

①セルF6を右クリックして「コピー」をクリックします。

フィルハンドルを使わずに「数式のコピー・貼り付け」をする方法
選択して右クリックします

②セルF7~F15を選択して右クリックします。

「貼り付けのオプション」の「数式」をクリックします。

「貼り付けのオプション」の「数式」をクリックします

③最初から二重線に影響することなく数式が貼り付きます。

ちめも
このように、最初からフィルハンドルを使わない方法もあります。

目次に戻る▲

まとめ

エクセルの表で、オートフィルをつかってコピーしたときに罫線が消えてしまうときの3つの対処法をお伝えしてきました。

今回お伝えしてきた内容

  • 罫線から修正する方法
  • 【おすすめ】オートフィルオプション(書式なしコピー)で修正する方法
  • フィルハンドルを使わずに「数式のコピー・貼り付け」をする方法

試してみて一番自分が使いやすい方法で対処してみてください。

ちなみにわたしは「オートフィルオプション(書式なしコピー)」で対応しています。

あわせて読みたい
【Excel連続データ】エクセルのオートフィル機能で自動入力!大量のときはダイアログボックスを使おう Excel(エクセル)で入力するときには必須の基本操作!連続したデータを入力できる「オートフィル」機能の基本的な使い方をお伝えしています。 エクセルでは、数字・日...
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる