毎日お得!Amazonタイムセール▶CHECK!

【エクセルのオートフィル】数字を連続で自動入力する方法|5飛ばしも可能!

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

エクセルでは、数字・日付・曜日などの規則性のある連続したデータを簡単に自動入力することができる「オートフィル」という機能があります。

>>【エクセルのオートフィル】月・曜日・日付・干支を連続で自動入力する方法

基本操作には欠かせない便利な機能の一つです。

 

ですがここで要注意!

とても間違えやすいのですが、数字については実は規則があるようでありません。

 

でも大丈夫です。

数字も連続で自動入力することができます。

そこで本記事では、エクセルのオートフィル機能で、数字を連続で自動入力する方法を紹介します。

ちあき

例として「数字を5飛ばしで列(縦)に連続で入力する方法」も解説しているので、そちらも参考にしてくださいね。

目次

【エクセルのオートフィル】数字を連続で自動入力する方法

オートフィル機能を使った連続数字の自動入力方法は、規則的なデータの入力方法とは少し異なります。

連続で自動入力するためのには、最初に連続する2つのセルに「1」「2」と入力するのが大切です。

 

ここでは例として、3つのパターンの入力方法を解説します。

  • 数字を連続で、列(縦)に入力する方法
  • 数字を連続で、行(横)に入力する方法
  • 数字を5飛ばしで列(縦)に連続で入力する方法

それでは、実際の入力方法を以下で解説していきます。

数字を連続で、列(縦)に入力する方法

例として、1~10の数字の連続データを列(縦)に入力してみます。

 

数字の連続データを列(縦)に入力する方法
  1. 連続したセルに数字を入力します。(例では、縦に1、2と入力しています)
  2. 数字を入力した2つのセルを選択します。
  3. 選択したセルの右下にマウスを合わせ、フィルハンドル()を、下にドラッグします。
  4. 1~10までの縦の連続データが自動入力されます。

数字を連続で、行(横)に入力する方法

例として、1~10の数字の連続データを行(横)に入力してみます。

 

数字の連続データを行(横)に入力する方法
  1. 連続したセルに数字を入力します。(例では、横に1、2と入力しています)
  2. 数字を入力した2つのセルを選択します。
  3. 選択したセルの右下にマウスを合わせ、フィルハンドル()を、右にドラッグします。
  4. 1~10までの横の連続データが自動入力されます。

数字を5飛ばしで列(縦)に連続で入力する方法

例として、100~150の字の連続データを5飛ばしで列(縦)に入力してみます。

 

数字の連続データを5飛ばしで列(縦)に入力する方法
  1. 連続したセルに5増させた数字を入力します。(例では、縦に100、105と入力しています)
  2. 数字を入力した2つのセルを選択します。
  3. 選択したセルの右下にマウスを合わせ、フィルハンドル()を、下にドラッグします。
  4. 100から5ずつ増えた数字の連続データが自動入力されます。

まとめ

エクセルのオートフィル機能で、数字を連続で自動入力する方法を紹介してきました。

重要ポイント
  • 1、2、3・・・と続けたい場合は隣接する2つのセルそれぞれに「1」「2」と最初に入力する
  • 100、105、110・・・と5増させたい場合は隣接する2つのセルそれぞれに「100」「105」と最初に入力する

数字の連続入力は、エクセルでは最初に覚えるべき基本操作です。

ぜひマスターしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次