【4月19日9:00-22日23:59まで】AmazonスマイルSALE>>CHECK!

【Excel】操作場面で変化する9通りのマウスポインターの形

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

エクセルでは作業場面によってマウスポインターの形が9通りに変化します。

マウス操作は基本の操作の一つなので、どんな時にどの形状になるのかを知っておくことも大切です。

そこで今回は、エクセルの操作場面で変化する9通りのマウスポインターの形について解説します。

目次

エクセルの操作場面で変化する9通りのマウスポインターの形

エクセルでは作業場面によってマウスポインターの形が9通りに変化します。

どの形がどんな場面でのものなのかを解説していきます。

1.白い矢印 タブやリボンなどを選択しているとき
2.白い十字 ワークシート上にマウスポインターがあるとき
3.黒い下矢印 列を選択する場合
4.黒い右矢印 行を選択する場合
5.左右の矢印 列幅を変更するとき
6.上下の矢印 行の高さを変更するとき
7.黒い十字 オートフィルやコピーをするとき
8. I(アイビーム) セルに文字や数字を入力するとき
9.黒い矢印十字 セルの移動をするとき

以下、画像つき解説になります。

1.白い矢印

タブやリボンなどを選択しているときのマウスポインターの形です。

白い矢印

2.白い十字

ワークシート上にマウスポインターがあるときの形です。

白い十字

3.黒い下矢印

列を選択する場合のマウスポインターの形です。

黒い下矢印

4.黒い右矢印

行を選択する場合のマウスポインターの形です。

黒い右矢印

5.左右の矢印

列幅を変更するときのマウスポインターの形です。

左右の矢印

6.上下の矢印

行の高さを変更するときのマウスポインターの形です。

上下の矢印

7.黒い十字

セル右下のポチっとした四角(フィルハンドル)をポイントすると表示されるマウスポインターの形です。

オートフィルやコピーをするときに利用します。

黒い十字

8. I(アイビーム)

セルに文字や数字を入力するときのマウスポインターの形です。

表計算ソフトでは、カーソルがセル単位で移動します。

I(アイビーム)

9. 黒い矢印十字

選択したセルの周辺に表示される マウスポインターの形です。

この形のときにドラッグをすると、セルの移動をすることができます。

まとめ

エクセルとブックについて、そして作業場面によって変化するマウスポインターの形について解説してきました。

エクセルではいろいろなマウスの形状があります。

基本中の基本なので、ぜひ参考にしてみてください。

手元に1冊おすすめ本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次