【Excelとは?】エクセルの操作場面で変化する8通りのマウスポインターの形

【Excelとは?】エクセルの操作場面で変化する8通りのマウスポインターの形

エクセルとブックについて、そして作業場面によって変化するマウスポインターの形について解説しています。

エクセルでは作業場面によってマウスポインターの形が8通りに変化します。

マウス操作は基本の操作の一つなので、どんな時にどの形状になるのかを知っておくことも大切です。

そこで今回は、エクセルで変化するマウスポインターの形について解説します。

とその前に、先日「今更だけどそもそもエクセルって何?」と聞かれたこともあり「エクセルとは」についても簡単に解説していきます。

目次はコチラ↓↓
目次

そもそもエクセルとは?

Excel(エクセル)はマイクロソフト社が提供する表計算ソフトです。

入力されたデータをもとに計算をしたり、表やグラフの作成をすることができます。

ワードが国語の役割をするとしたら、エクセルは数学の役割をするソフトということになります。

計算に強いソフトなので、事務的な作業では最もよく使われるソフトの一つです。

目次に戻る↑↑

ブックとは

エクセルでは、ファイルのことを「ブック」といいます。

本をイメージすると分かりやすいと思います。

エクセル全体がブック(本)で、シートは中身の紙の役割をします。

ワードではページが下に長く続きますが、エクセルでは最初に1枚のシートが用意されていて、[Sheet1]の右横にある十字ボタンをクリックしてページを増やすことができます。

目次に戻る↑↑

エクセル8通りのマウスポインターの形

エクセルでは作業場面によってマウスポインターの形が8通りに変化します。

どの形がどんな場面でのものなのかを解説していきます。

1.白い矢印 タブやリボンなどを選択しているとき
2.白い十字 ワークシート上にマウスポインターがあるとき
3.黒い下矢印 列を選択する場合
4.黒い右矢印 行を選択する場合
5.左右の矢印 列幅を変更するとき
6.上下の矢印 行の高さを変更するとき
7.黒い十字 オートフィルやコピーをするとき
8. I(アイビーム) セルに文字や数字を入力するとき

以下、画像つき解説になります。

1.白い矢印

タブやリボンなどを選択しているときのマウスポインターの形です。

白い矢印

目次に戻る↑↑

2.白い十字

ワークシート上にマウスポインターがあるときの形です。

白い十字

目次に戻る↑↑

3.黒い下矢印

列を選択する場合のマウスポインターの形です。

黒い下矢印

目次に戻る↑↑

4.黒い右矢印

行を選択する場合のマウスポインターの形です。

黒い右矢印

目次に戻る↑↑

5.左右の矢印

列幅を変更するときのマウスポインターの形です。

左右の矢印

目次に戻る↑↑

6.上下の矢印

行の高さを変更するときのマウスポインターの形です。

上下の矢印

目次に戻る↑↑

7.黒い十字

セル右下のポチっとした四角(フィルハンドル)をポイントすると表示されるマウスポインターの形です。

オートフィルやコピーをするときに利用します。

黒い十字

目次に戻る↑↑

8. I(アイビーム)

セルに文字や数字を入力するときのマウスポインターの形です。

表計算ソフトでは、カーソルがセル単位で移動します。

I(アイビーム)

目次に戻る↑↑

まとめ

エクセルとブックについて、そして作業場面によって変化するマウスポインターの形について解説してきました。

今回お伝えしてきた内容

  • そもそもエクセルとは?
  • ブックとは
  • エクセル8通りのマウスポインターの形

エクセルではいろいろなマウスの形状があります。

基本中の基本なので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【Excel】エクセルの画面構成 |最低限知っておきたい各部の名称と機能 Excel(エクセル)画面の構成を解説しています。 各部の名称と機能を、初心者向けに図解でわかりやすくお伝えしています。 【エクセル画面各部の名称】 エクセルを開い...
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる