▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【Excel】INDEX関数の基本的な使い方|行と列が交差した位置にある値を抽出

INDEX関数は、指定した範囲の中の行と列が交差する位置にあるデータを抽出する関数です。

MATCH関数との組み合わせで使うことが多い関数ですので、まずはINDEX関数がどんな関数かを知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、INDEX関数の基本的な使い方をお伝えします。

目次

INDEX関数とは

INDEX(インデックス)関数

指定した範囲の中から、行と列が交差する位置にある値またはセルの参照を返す関数

INDEX関数には2つの式があり、指定する範囲によって使う式が変わります。

  1. 配列 ⇒ 指定する範囲が1つの場合
  2. 参照 ⇒ 指定する範囲が2つ以上の場合

INDEX関数の配列式と参照式の違い

INDEX関数の配列形式と参照形式では、式の使い方が違います。

配列形式を使うことが多いと思いますが、式の違いを知っておくと効率よく使うことができます。

配列形式(参照する範囲が1つの場合)の式

配列形式の式は以下になります。

=INDEX(配列,行番号,列番号)

配列形式のINDEX 関数では、配列、行番号、列番号 の 3 つの値(引数)を入れて使用します。

配列データを抽出したい範囲を指定する
行番号探す範囲を指定する
列番号検索してほしい列を指定する

例えば下記図では、指定した範囲の中から1行目4列目交差する値を抽出しています。

参照形式(参照する範囲が2つ以上の場合)の式

参照形式の式は以下になります。

=INDEX(参照,行番号,列番号,領域番号)

参照形式のINDEX 関数では、配列、行番号、列番号、領域番号 の 4 つの値(引数)を入れて使用します。

参照データを抽出したい範囲を2つ以上指定する
行番号探す範囲を指定する
列番号検索してほしい列を指定する
領域番号何個目の領域から抽出するのかを指定する

例えば下記図では、指定した2つの範囲の中から1行目4列目交差する2つ目の領域から値を抽出しています。

INDEX関数の基本的な使い方

ここではINDEX関数の配列形式と参照形式、それぞれの式の基本的な入力方法を解説します。

配列形式(参照する範囲が1つの場合)の入力方法

ここでは例として、指定した範囲の中から1行目と4列目が交差する値(ここでは売上額)を抽出してみます。

①答えを返したいセルを選択します。

「数式」タブ⇒「検索/行列」⇒「INDEX」をクリックします。

「配列,行番号,列番号」を選択し「OK」をクリックします。

④配列のボックスにカーソルを表示し、抽出したい範囲を選択します。

⑤行番号のボックスにカーソルを表示し、抽出したい行の番号(数字)を入力します。

⑥列番号のボックスにカーソルを表示し、抽出したい列の番号(数字)を入力し、「OK」をクリックします。

指定した範囲の中の行と列が交差する値(ここでは売上額)が抽出されます。

参照形式(参照する範囲が2つ以上の場合)の入力方法

ここでは例として、指定した2つの範囲の中から1行目と4列目が交差する2つ目の領域から値を抽出してみます。

①答えを返したいセルを選択します。

「数式」タブ⇒「検索/行列」⇒「INDEX」をクリックします。

「参照,行番号,列番号,領域番号」を選択し「OK」をクリックします。

④参照のボックスにカーソルを表示し、抽出したい範囲を選択します。
入力するときは、必ず(範囲,範囲)で入力しましょう。
※行番号のボックスに移動すると「#VALUE」とエラーが表示されますが、気にしなくてもOKです。

⑤行番号のボックスにカーソルを表示し、抽出したい行の番号(数字)を入力します。

⑥列番号のボックスにカーソルを表示し、抽出したい列の番号(数字)を入力します。

⑦領域番号のボックスにカーソルを表示し、抽出したい領域の番号(数字)を入力し、「OK」をクリックします。
※ここでは2つ目の表から抽出したいので「2」と入力しています。

指定した2つの範囲の中の行と列が交差する2つ目の領域から値(ここでは売上額)が抽出されます。

INDEX関数はMATCH関数と組み合わせが良く使われる

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせると、VLOOKUP関数のような使い方をすることができます。

むしろVLOOKUP関数よりも柔軟な使い方ができますので、知っていると実務ではかなり便利です。

後ほどINDEX関数とMATCH関数の組み合わせについても解説したいと思いますので、今しばらくお待ちください。

目次
閉じる