【Excel計算式】エクセルの基本!掛け算・割り算・足し算・引き算の入力方法

エクセルで掛け算・割り算・足し算・引き算を使う計算式の入力方法をお伝えしています。

エクセルでは計算機を使わなくても、計算式を入力するだけで掛け算・割り算・足し算・引き算を自動的に計算することができます。

おかっぱちゃん
計算機で計算をしてから数字だけ入力しています。

このような方にはぜひマスターしてほしい内容です。

目次はコチラ↓↓
目次

足し算・引き算・掛け算・割り算の計算で使うキー

「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」のことを四則演算(しそくえんざん)といい、エクセルではセルの中にそれぞれの計算式を入力して自動計算をします。

四則演算の記号はキーボードから入力をします。

テンキーがあるキーボードの場合は、テンキーからの入力が簡単でおすすめです。

足し算・引き算・掛け算・割り算の計算で使うキー

足し算
引き算
掛け算
割り算 /

 

テンキーがないキーボードは入力方式を必ず【半角】にしてから入力しましょう。

テンキーがないキーボードは入力方式を必ず【半角】にしてから入力しましょう

足し算 [Shif]を押しながら[+]
引き算
掛け算 [Shift]を押しながら[*]
割り算 /

※[]は入力に含まれません。

目次に戻る▲

計算式の入力は[=]から入力して[Enter]で終わる

計算式を入力する前には、必ず先頭に[=]を入力します。

計算式の入力は[=]から入力して[Enter]で終わる

先頭に[=]を入力するのは「今からこのセルに計算式を入力しますよ」とExcelに伝えるためなので絶対に必要になります。

そして最後に[Enter]キーを押すことで計算結果を求めることができます。

これは四則演算を使った計算式すべてに共通します。

ちめも
テンキーがあるキーボードの場合は、[=]の代わりに[+]でも代用になります。豆知識程度に知っていると便利です。

目次に戻る▲

入力方法は2つある

四則演算を使った入力方法は2通りあります。

  • 数値を入力して計算する方法
  • セルを参照して計算する方法

数値を入力して計算する方法

計算したい数値をセルに直接入力する方法です。

計算したい数値をセルに直接入力する

この方法で入力した場合は、計算対象のセル内の数値を変更しても計算結果は変更にならないので注意をする必要があります。

計算対象のセル内の数値を変更しても計算結果は変更にならない

 

おすすめはセルを参照して計算する方法

計算したいセルをクリックして自動計算する方法です。

おすすめはセルを参照して計算する方法

計算式はセル参照がおすすめです!

この方法で入力すると、計算対象のセル内の数値を変更すると自動で計算をし直してくれます。

計算式はセル参照がおすすめ

目次に戻る▲

足し算・引き算・掛け算・割り算の操作方法

セル参照の計算方法を使った、それぞれの基本的な操作方法は以下になります。

すべて図で分かるようになっているので参考にしてみて下さい。

足し算

[=]セル[+]セル

足し算

引き算

[=]セル[-]セル

引き算

掛け算

[=]セル[*]セル

割り算

[=]セル[/]セル

割り算

目次に戻る▲

計算式はコピーをすると効率がいい

セル参照で入力された式は、オートフィル機能を使ってコピーをすると自動計算ができるので効率が上がります。

 

①最初に計算式を1つ入力します。

最初に計算式を1つ入力します

 

②フィルハンドルにマウスを合わせ、[+]の形のまま下にドラッグします。

フィルハンドルにマウスを合わせ、[+]の形のまま下にドラッグします

 

③式がコピーされ、計算結果が自動表示されます。

式がコピーされ、計算結果が自動表示されます

あわせて読みたい
【Excel連続データ】エクセルのオートフィル機能で自動入力!大量のときはダイアログボックスを使おう Excel(エクセル)で入力するときには必須の基本操作! 連続したデータを入力できる「オートフィル」機能の基本的な使い方をお伝えしています。 エクセルでは、数字・日...

目次に戻る▲

まとめ

エクセルで掛け算・割り算・足し算・引き算を使う計算式の入力方法をお伝えしてきました。

ここにタイトルを入力

  1. 足し算・引き算・掛け算・割り算の計算で使うキー
  2. 計算式の入力は[=]から入力して[Enter]で終わる
  3. 入力方法は2つある
  4. 足し算・引き算・掛け算・割り算の操作方法
  5. 計算式はコピーをすると効率がいい

エクセルは計算が得意なソフトです。

「もし計算が間違っているときは真っ先に自分を疑ってください」と言えるくらい、入力さえ間違えなければ絶対に計算自体は間違えることがありません!

基本の中の一つなので、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる