まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【エクセルのオートフィル】月・曜日・日付・干支を連続で自動入力する方法

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

エクセルの「オートフィル」機能は、日付や曜日、数値などの規則的なデータを連続で自動入力することができます。

オートフィル機能が使える規則的なデータとは、次のようなデータのことをいいます。

  • 月・曜日・日付・干支などの規則的なデータ
  • 数字が含まれた文字列
  • 数字
ちあき

いちいち手入力する手間が省け、とても便利な機能です。

そこで本記事では、エクセルのオートフィル機能を使って、月・曜日・日付・干支を連続で自動入力する方法を紹介します。

目次

エクセルで「月・曜日・日付・干支」を連続で自動入力する方法

エクセルでは、「月・曜日・日付・支など」を規則的なデータといいます。

「規則的な」の意味するところについては以下の表を参考にして下さい。

「月」の規則「1月」の次は「2月」。その次は「3月」「4月」「5月」と規則的に決まっている。
「日付」の規則「1日」の次は「2日」。その次は「3日」「4日」「5日」と規則的に決まっている。
「曜日」の規則「月曜日」の次は「火曜日」。その次は「水曜日」「木曜日」「金曜日」と規則的に決まっている。
「干支」の規則「子」の次は「丑」。その次は「寅」「卯」「辰」と規則的に決まっている。
ちあき

このように、次に何が来るのかが規則的に決まっているデータのことを「規則的なデータ」といいます。

エクセルで「月・曜日・日付・干支」を連続で自動入力する手順

月・曜日・日付・干支などの規則的なデータを、連続で自動入力する手順を紹介します。

ここでは例として、月(1月~12月)の連続データを入力してみます。

 

セルに「1月」と入力し、セルの右下にマウスを合わせ、フィルハンドル()を、下にドラックします。

②1月~12月の連続データが入力されます。

月・曜日・日付・干支などの規則的なデータの入力方法
ちあき

その他の規則的なデータの入力も、やり方は同じです。

その他の規則的なデータの入力

行(横)に入力するときは?

行(横)に入力するときは、フィルハンドルを右にドラッグしましょう。

数字が含まれた文字列も連続で自動入力ができる

「数字が含まれた文字列」とは、以下のようなものをいいます。

  • 第1位、第2位、第3位・・・・
  • その1、その2、その3・・・・
  • 営業1課、営業2課、営業3課・・・・
  • 1F、2F、3F、4F・・・・・

このように、「数字+文字」を組み合わせたものが「数字が含まれた文字列」となります。

数字が含まれた文字列を連続で自動入力する手順

例として、順位(1位~10位)の連続データを入力してみます。

 

  1. セルに「1位」と入力し、セルの右下にマウスを合わせ、フィルハンドル()を、下にドラックします。
  2. 1位~10位の連続データが入力されます。
数字が含まれた文字列の入力方法

漢数字ではオートフィル機能が使えない!

数字は、「一」「二」などの漢数字ではオートフィル機能を使うことができません。
必ず「1」「2」などの数字を入力するようにしましょう!

要注意!数字には規則性がない

  • とても間違えやすいのですが、数字については、実は規則があるようでありません。

理由は、「1」の次が「2」という決まりがないからです。

「1」の次に何がくるかなんて実は決まってないですよね。

ですが、数字も連続数字として自動で入力することができます。

ちあき

やり方は以下のページを参考にしてください。

まとめ

エクセルのオートフィル機能を使って、月・曜日・日付・干支を連続で自動入力する方法を紹介してきました。

ポイント
  • 次に何が来るのかが規則的に決まっているデータのことを「規則的なデータ」という
  • エクセルでは、オートフィル機能を使って規則的なデータを連続で自動入力することができる

エクセルの基本ともいえるオートフィル機能。

上手に使って効率アップにつなげてくださいね。

手元に1冊おすすめ本

こちらの本は「Kindle Unlimited 」会員なら無料で読むことができます。
30日間の無料体験中でも同じように利用することができるので、無料で読んでみたい方は無料体験に登録をするといいですよ。

▶Kindle Unlimitedで無料で読んでみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次