MENU
関連メディア

『暮らしに役立つ役所の手続き』など生活に役立つ情報を女子二人の会話で発信中♪

▶【オンラインで資格取得】おすすめ通信&オンライン講座|無料で学べる講座も紹介しますcheck

【先頭に0をつけたい!】Excelで01や001と表示する3つの方法

エクセルで「01」や「001」と入力すると「1」と表示されてしまいますよね。

エクセルで「01」や「001」と入力すると「1」と表示されてしまいます

ですが、「0」を表示させたいときや、「001」など桁数を揃えて連番で表示させたいときもあります。

そこで今回は、01や001と入力する3つの方法をお伝えしていきます。

目次

先頭に「’」を入力すると文字列として「0」が表示される

簡単な方法として、先頭に「’」(シングルクォーテーション)を入力してから数値を入力するという方法があります。

先頭に「’」を入力すると文字列として「0」が表示される
  1. 【Shift】+【7】を押しセルに「’」を表示してから「01」と入力する。
  2. 「01」と表示される

文字列として入力されたことになるので、計算の対象としたい場合にはおすすめできませんが、単純に先頭に「0」だけ表示させたい場合には簡単なのでおすすめです。

ちあき

オートフィルも使えます!

セルの左上の緑色のマークはなに?

数値を文字列として表示すると、セルの左上の緑色のマークが表示されます。

セルの左上の緑色のマークはなに?

これは「エラーチェックオプション」といいます。

この数字、本当に文字にしちゃっていいの?

という感じで、エクセルが注意をしている表示です。

そのままでも問題ないのですが、気になる場合はセルの左に表示されている[!]のアイコンから表示を消すことができます。

気になる場合はセルの左に表示されている[!]のアイコンから表示を消すことができる
  1. [!]のアイコンをクリック
  2. 「エラーを無視する」をクリックする

セルの表示形式を「文字列」にする

セルの表示形式を「文字列」に変更すると、文字列として表示されるので先頭に「0」を表示することができます。

セルの表示形式を「文字列」に変更すると、文字列として表示されるので先頭に「0」を表示することができます

ただし、 「’」(シングルクォーテーション) と同様に文字列として入力されたことになるので、計算の対象としたい場合にはおすすめできませんが、やはり単純に先頭に「0」だけ表示させたい場合には簡単なのでおすすめです。

ちあき

オートフィルも使えます!

セルの表示形式を「ユーザー定義」に変更し見た目だけ「0」を表示する

「ユーザー定義」の表示形式を変更することで、セルに入力された数値はそのままで、見た目だけ「0」を表示することができます。

計算の対象とする場合は「ユーザー定義」に変更する方法がおすすめです。

  

例として、「1」を「001」と表示されるように設定してみます。

表示を変更したいセルを選択します。

表示を変更したいセルを選択

「右クリック」⇒「セルの書式設定」をクリックし、セルの書式設定ダイアロブボックスを表示します。

「右クリック」⇒「セルの書式設定」をクリックし、セルの書式設定ダイアロブボックスを表示

【Ctrl】+【1】を押してもセルの書式設定ダイアロブボックスを表示 することができます。

【Ctrl】+【1】を押してもセルの書式設定ダイアロブボックスを表示 することができます

「ユーザー定義」をクリック⇒種類のボックスに「000」と入力し、「OK」をクリックします。

「ユーザー定義」をクリック⇒種類のボックスに「000」と入力し、「OK」をクリック

桁数を揃えて見た目だけを変更することができます。
例えば「00001」と5桁に揃えて表示したいときは、種類ボックスに「00000」と5個の数字を入力します。

④表示が「001」に変更になります。

表示が「001」に変更に
ちあき

中身は「1」だけど、見た目は「001」ということです。

まとめ

「01」や「001」と入力する3つの方法をお伝え してきました。

文字列として「0」を表示する方法
・先頭に「’」(シングルクォーテーション)を入力してから数値を入力する
・セルの表示形式を「文字列」にする
計算の対象とする場合は「ユーザー定義」に変更する
見た目だけ「0」を表示するため、計算の対象として使うことができる

「0」を表示するのは意外に簡単ですよね! 状況に合わせて使い分けしてみてくださいね。

目次
閉じる