まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【PHONETIC(フォネティック)関数】エクセルでフリガナを自動表示

【PHONETIC(フォネティック)関数】エクセルでフリガナを自動表示
  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

Excelで住所録を作成するとき、人名や地名などにフリガナが表示されていると親切ですよね。

そこで今回は、エクセルでフリガナを自動表示する「PHONETIC関数」の基本的な使い方を紹介します。

目次

PHONETIC関数|フリガナを自動入力

PHONETIC(フォネティック)関数

参照するセルのフリガナを自動入力する関数

PHONETI関数は、選択したセルに入力されている文字列の「フリガナ」を表示することができる関数です。

PHONETIC関数の式は以下になります。

=PHONETIC(セル)

PHONETIC関数の使い方

例として、PHONETIC関数を使ってC列の「フリガナ」に、氏名が入力されているB列のフリガナを自動で表示してみます。

以下の手順で操作を行います。

➀自動でフリガナを入力したいセルC2を選択します。

「数式」タブ⇒「関数の挿入」の順にクリックします。

関数の検索ボックスに「ふりがな」と入力し「検索開始」をクリック、関数名のボックスに表示される「PHONETIC」を選択し「OK」をクリックします。

ちあき

フリガナの関数は1つしかないので、検索ボックスからの表示の方が簡単です。

関数ライブラリ

PHONETIC関数は、関数ライブラリからも入力できます。

「数式」タブ→「その他の関数」→[情報]をポイントし、[PHONETIC]をクリック

参照ボックスにカーソルがあることを確認し、セルB2をクリックし、「OK」をクリックします。

ちあき

「このセルのフリガナを表示してね」という意味ですね。

フィルハンドルをダブルクリックします。

⑥フリガナが自動で入力されます。

PHONETIC関数で自動表示されたフリガナを変更したいときは

PHONETIC関数は、入力が反映されてフリガナ表示をします。

もしも表示されたフリガナを変更したい場合は、入力した方の文字を編集しましょう。

表示の変更は以下の手順で行います。

編集したい文字列のセルを選択します。

「ホーム」タブ→「ふりがなの表示/非表示」→「ふりがなの編集」をクリックします。

③ふりがなの編集をし、最後に【Enter】キーを押します。

④フリガナが変更になります。

おわりに

エクセルでフリガナを自動表示する「PHONETIC関数」の基本的な使い方を解説してきました。

名簿などを作成するときによく利用します。

ぜひご活用ください。

手元に1冊おすすめ本
【PHONETIC(フォネティック)関数】エクセルでフリガナを自動表示

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次