まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【Excel】印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法

  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

エクセルの場合、画面上では枠線が表示されているので線がなくても問題はありません。

ですが、印刷するときは線がないと見づらいですよね。

そんな時は印刷のときだけ罫線を付ける機能を利用しましょう。

この機能を利用すると表に罫線を付けていない場合でも、印刷するときだけ罫線を付けることができるので便利です。

そこで本記事では、エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法を紹介します。

目次

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法

作業シートを開いた状態で、印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法を紹介します。

 

「ページレイアウト」タブをクリックし、「枠線」にチェックを入れます。

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法 画像1

②印刷の時だけ罫線(枠線)が付きます。

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法 画像2

エクセルで印刷画面から罫線(枠線)を付ける方法

印刷画面に移動し、印刷プレビューで確認をしてからから罫線(枠線)を付けることも可能です。

 

「ファイル」→「印刷」で印刷画面を表示し、「ページ設定」をクリックします。

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法 画像3

「シート」→「枠線にチェック」→「OK」の順にクリックします。

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法 画像4

③印刷の時だけ罫線(枠線)が付きます。

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法 画像5

おわりに

エクセルで印刷の時だけ罫線(枠線)を付ける方法を解説してきました。

普段は特に罫線が必要ない表でも、印刷の時だけ罫線(枠線)をつけることで見やすくなります。

ぜひご活用ください。

手元に1冊おすすめ本

こちらの本は「Kindle Unlimited 」会員なら無料で読むことができます。
30日間の無料体験中でも同じように利用することができるので、無料で読んでみたい方は無料体験に登録をするといいですよ。

▶Kindle Unlimitedで無料で読んでみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次