▶▶トラブル解決や操作でわからないを相談できるおすすめサポートサービスcheck

【Wordの神業】誤字脱字を見つける機能!校閲エディターで文章校正とスペルチェック

ワードのエディターを使えば、文章の誤字脱字をチェックすることができます。

文章がおかしいところや、誤字脱字の部分が表示されるので、その場で直すことができてとても便利!

そこで今回は、ワードで誤字脱字を見つけることができる、校閲エディターで文章校正とスペルチェックをする方法をお伝えします。

目次

エディターで文章校正ができるようにオプション設定をする

まずはエディターで文章校正のチェックができるように、オプション設定をします。

 

オプション設定は以下の手順で行います。

①ワードを開き「ファイル」⇒「その他」⇒「オプション」の順にクリックします。

「ファイル」⇒「その他」⇒「オプション

②オプション画面が開くので、「文章校正」⇒「[エディター]ウインドウで文章校正と表現や表記上の考慮点のチェックを行う」にチェックを入れます。

「文章校正」⇒「[エディター]ウインドウで文章校正と表現や表記上の考慮点のチェックを行う」にチェック

③次に「詳細設定」をクリックし、「書式の履歴を維持する」と「書式の不統一を記録する」にチェックを入れ、最後に「OK」をクリックします。

「詳細設定」をクリックし、「書式の履歴を維持する」と「書式の不統一を記録する」にチェックを入れ、最後に「OK」をクリック
ちあき

事前設定は以上で完了です。

校閲エディターで誤字脱字のチェックをする

オプション設定が完了したら、実際にエディターで文章校正をチェックしてみます。

 

以下の手順で誤字脱字などの文章校正チェックを行います。

①文章校正をチェックしたいファイルを開き「校閲」タブ⇒「エディター」をクリックします。

「校閲」タブ⇒「エディター」をクリック

②画面右側に結果が表示されます。

画面右側に結果が表示

③ここでは「修正点」で「誤りのチェック」を修正してみます。

「修正点」で「誤りのチェック」を修正

下図で分かるように、文章に誤りがあります。
「転職にに役立てたい」⇒「に」が多いので間違っているので、修正候補の一覧にある「転職に役立てたい」をクリックすると自動的に修正をしてくれます。

文章の誤りを自動的に修正

④修正の指摘をされても、ここでの修正したくない場合は「1回無視」または「この問題を確認しない」をクリックしてしまいます。

修正したくない場合は「1回無視」または「この問題を確認しない」をクリック

すべての修正が終わると、「エディターの修正候補の確認が完了しました」と表示されるので「OK」をクリックし終わりにします。

すべての修正が終わると、「エディターの修正候補の確認が完了しました」と表示されるので「OK」をクリック

⑥すべて修正されたことが確認できます。

すべて修正されたことが確認

類似性も確認できる

インターネット中の文章をコピペなどして文章を作成している場合、そっくり同じではまずいですよね?

そんなときは、「類似性」をチェックすることもできます。

 

①類似性の項目の「文章が変更されました。類似性を再確認します。」をクリックします。

「文章が変更されました。類似性を再確認します。」をクリック

②結果が表示されます。

結果が表示

まとめ

ワードで誤字脱字を見つけることができる、校閲エディターで文章校正とスペルチェックをする方法をお伝えしてきました。

エディター手順

まずはオプション設定をする

  1. ワードを開き「ファイル」⇒「その他」⇒「オプション」の順にクリック
  2. 「文章校正」⇒「[エディター]ウインドウで文章校正と表現や表記上の考慮点のチェックを行う」にチェックを入れる
  3. 「詳細設定」をクリックし、「書式の履歴を維持する」と「書式の不統一を記録する」にチェックを入れ、最後に「OK」をクリック

校閲エディターで誤字脱字のチェックをする

  1. 文章校正をチェックしたいファイルを開き「校閲」タブ⇒「エディター」をクリック
  2. 画面右側に結果が表示されるので修正をする
  3. すべての修正が終わると、「エディターの修正候補の確認が完了しました」と表示される

さすが文書作成ソフト!正に神業!!

実は私事ではありますが、ブログを書くのにさぼって校正をしないときも多々あります。
恥ずかしながら、そんなときは大抵どこか間違っていて、そして気付かずにブログを公開しています。

大切な文書を提出するときには、一度このエディターを使用して文章をチェックするとミスを防ぐことができます。

ぜひご活用下さいね!

目次
閉じる