まずは無料体験がおすすめ!私も絶賛愛用中。Audible>>CHECK!

【Word】文字の隣の上や下に小さい文字を表示する方法

ワードで文字の隣の上や下に小さい文字を表示する方法
  • URLをコピーしました!

本記事にはプロモーションが含まれています。

ワードの「上付き」「下付き」を活用すると、簡単に文字の隣の上や下に小さい文字を表示することができます。

  • 小さな文字を略語などとして追加したい
  • 科学的な記号を追加したい
  • 数式を作成したい

「上付き」「下付き」を利用すると、このようなときに便利です。

そこで本記事では、ワードの「上付き」「下付き」機能を利用して、文字の隣の上や下に小さい文字を表示する方法を紹介します。

目次

ワードで文字の隣の「上」に小さい文字を表示する方法

ワードの「上付き」を利用して、文字の隣の「上」に小さい文字を表示します。

 

①文字の隣の「上」に表示させたい文字を選択します。

②「ホーム」タブの「上付き」をクリックします。

③選択した文字が、小さく上に表示されます。

ワードで文字の隣の「下」に小さい文字を表示する方法

ワードの「下付き」を利用して、文字の隣の「下」に小さい文字を表示します。

 

①文字の隣の「下」に表示させたい文字を選択します。

②「ホーム」タブの「下付き」をクリックします。

③選択した文字が、小さく上に表示されます。

おわりに

ワードの「上付き」「下付き」機能を利用して、文字の隣の上や下に小さい文字を表示する方法を解説してきました。

注意点として、「上付き」や「下付き」は通常のテキストよりも見づらい場合があります。

もしも「見づらいかも」と思ったときは、文字自体を大きくしたり、色を変更して使用すると見やすくなります。

書式変更に使える簡単で便利な機能なので、ぜひご活用ください。

手元に1冊おすすめ本

こちらの本は「Kindle Unlimited 」会員なら無料で読むことができます。
30日間の無料体験中でも同じように利用することができるので、無料で読んでみたい方は無料体験に登録をするといいですよ。

▶Kindle Unlimitedで無料で読んでみる

ワードで文字の隣の上や下に小さい文字を表示する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次